「10日間ぶっ通しで客を踊らす」 ギネス世界新記録!一睡もせずフロアを湧かせたナイジェリア人DJ

ちょうど1年前、長渕剛が観客10万人を前に、9時間半で44曲を熱唱するという前代未聞のライブを開催。「剛、スゲーッ」なんて思っていたら、先月、それを超えるとんでもない強者が現れた。

噂によればその男、なんと229時間ぶっ通しで客を踊らせ、ギネス世界記録を塗り替えたらしい。しかも一瞬たりとも眠らずに、だ。

Medium 5ce2ef8fecd6ed3e9161d5e00179c10b83bde083

 そのDJ、10日間一睡もせず

アフリカの巨大都市、ナイジェリアはラゴス出身のDJ、Obi Ajuonuma(オビ・アジュオヌマ)が叩き出したのは、「10日間(229時間)ぶっ通しでDJプレイ」というギネス世界新記録。6月22日から7月2日の10日間、地元の「サオ・カフェ・ラゴス」にて決行された。

これまでのDJプレイの世界記録は、2014年にポーランド出身のDJ、Norbert Selmaj(ノーバート・セルマジュ)が樹立した200時間。すなわちDJオビ、今回の挑戦で世界記録を29時間も上回ったのだ。

 休憩はとれた。
1時間に、5分だけ

ギネスが設定した、めぼしいルールは以下5つ。

・1時間につき、5分の休憩は可
・プレイ中は、常にフロアで誰かが踊っていること
・1度プレイした曲は4時間プレイ禁止
・曲を10秒以上止めてはいけない
・医師による健康診断とマッサージは必須。睡眠不足を補うビタミン剤の服用も可

ふむ。健康面への最低限の配慮はあれど、DJとして怠けることが許されない厳しいルールのもと行なわれた模様。普段はラゴスを拠点に活動する彼だが、なんとDJ営業でニューヨークに短期滞在中との朗報をキャッチ。「時の人だもの…」と半ば諦めていた取材。が、奇跡的にアポを取り付けることに成功!

取材場所は、ミッドタウンにドンとそびえる一流ビル。最上階にあるオフィス(というか、ただの溜まり場)で、怖そうな兄ちゃん達とチルしているDJオビを発見。「ワッツァップ、ヨー!」のノリに少し戸惑いつつも、当時の話を聞いてみた。

Medium 515479fb4025ee219f26f6438cd94f28065c4924

HEAPS(以下、H):ギネス世界新記録更新、おめでとうございます!その後、しっかり寝てますか?

Obi Ajuonuma(以下、O):サンキュー!あぁ、あれからはぐっすり寝てるよ。

H:今回はDJ営業でニューヨークに。

O:そう、DJしに来た。普段はナイジェリアのクラブやフェスでプレイしてる。せっかく世界記録を塗り替えたんだ、こうやって世界でプレイするのは当然のことさ。

Medium 4a8bac4b2c517697e2c2ecf58437971b9561f92c

H:まず最大の疑問。なんで10日間ぶっ通しでDJしようと?

O:ある日、ラジオで「アフリカ人DJが世界記録に挑戦」ってのをたまたま聞いて。その時「DJでも世界記録に挑戦出来んのか?」って驚いた。結果そのDJの記録は4日間。俺、連続12時間プレイを数日続けたことがあったから4日間なんて余裕だと思った。だから「俺がその記録を超えてやるよ!」って。何で10日間かって? 去年、DJ活動10周年だったからさ。

Medium 6d61af92ef4d621a029a500efd929158bd54d7e9

H:そんな無謀な挑戦、誰も止めなかったんですか?

O:誰〜も。そもそもみんな、俺が本気だと思ってなかったらしい。「そっかそっか、頑張れよ〜」って軽い感じ。で、コツコツ準備を進め出したら「こいつ本気だ」ってびっくりしてた。

Medium c3b462bc1163823bd00afbc61d5612587ddefcd8

H:(笑)。準備、記録に向けて、特別なトレーニングなども?

O:10日間眠らないためのトレーニングなんてないよ(笑)。唯一準備したことといえば、曲をダウンロードしまくったことくらいかな。ヴォーカルハウスとディープハウスを200〜500曲ずつ。

H:挑戦中、休憩は1時間に5分だけ。どんな生活サイクルだったんでしょう?

O:最初に12時間ぶっ通しでプレイして、1時間の休憩をとるスタイルを続けてた。歯磨きして、シャワー浴びて、洋服を着替える。ご飯はオートミールやフルーツ、ジュースで簡単に済ませてた。そんなことしてたら仮眠をとる余裕なんて全然なくって、ガチで一睡もしなかった。ソファに座って目を閉じてたら、仲間に「ほらはじめるぞ!」ってドアを叩かれてDJブースに戻る。

でもこの1時間休憩のせいで、2日目に血圧が急上昇しちまってね。医者には「4時間プレイして20分休憩に変更しろ」って怒られちゃったよ。

Medium 118d5e89b98190d4aeadbdfac74dc2ac847600f0Medium 139377a8ad872be32e57b9ce994f18971970c313

H:食事もまともにとれなかったとは。幻覚とか見えちゃったり?

O:プレイしてたカフェは一階だったんだけど、俺が二階にいて、友達に一階に下りようぜって言い続けてたらしい。あと一瞬、意識だけ叔父の家にいたよ(笑)。

H:大分ワイルドですね。諦めようとは思わなかったんですか?

O:そりゃ何度も思ったさ!俺、夜型だから、特に朝は辛かった。一睡もせずに毎日朝日が昇るのを見てたら、みんなの顔がぼやけて見えだして、自分がどこにいるのかもわからなくなってた。特に3日目を過ぎたとき、まだあと一週間あるって思ったらゾッとしたよ。

Medium 25145ae4d3cefa28dbc4a038f0b74bf625ab0410

でも諦めなかったのは、仕事人間だった親父の「やるなら最後まで諦めるな、絶対にやり通せ」っていう言葉。親父はナイジェリアで有名なテレビ司会者で、彼の影響もあってエンターテーメントの世界に入りたいとDJを目指したからね。

Medium f9a0724bacda529c705d24ca0cdb5afb0418db05

あとは、応援メッセージを書いたふせんを貰ったり、毎日誰かが踊りに来てくれたり、予想を超えるサポートがあったから。達成できたのはみんなのおかげだよ。

Medium c0870e4d02b6f535a7188ea53597fd359c53121f

H:フロアには、たくさんのお客さんが遊びに来ていたようで。

O:DJ仲間や尊敬する大御所アーティストは仕事の合間に顔を出してくれたり、普段クラブに来れないスクールキッズは週末に親と一緒に来てくれたり。なかには朝、シャワーを浴びに帰る以外、ずっと一緒にパーティを盛り上げてくれたお客さんもいて。もう、本当、感謝しかないよ。

Medium 61610f445bbe2eff4697be8a3dbb95271701cbd8

H:あのぅ、素敵なお話の後に申し訳ないんですけど…お手洗いはどうしてたんですか?

O:このタイミングで聞く(笑)?そりゃ大変だったさ。フロアのお客さんには、俺が曲に乗っているように見えてたかもしれないけど、実は必死に我慢してただけ。休憩と同時にトイレに駆け込んでたよ。

Medium cd9c0b2439b774b059b17c152e0170f6bc096e08

H:ペットボトルにやっちゃいました?

O:4回ほどね(照)。

H:フィナーレはドレイクの「One Dance」で飾ったらしいですね。

O:そう。チャートを独占したこのダンスチューン、ラストにぴったりだと思ってね。それにフィーチャリングしてるシンガーのウィズ・キッドは同じナイジェリア出身だし。

H:終わった瞬間の気持ちは?

Medium f03ec2b71aa2c264fccdae7c1333b385daa8d527

O:達成感といったら、もう。
同時に疲労は最高潮。終わった後はすぐに病院送り。

H:え!

O:実は、挑戦が終わった後に知ったんだけど、なんでも異常に不眠状態が続いたあと眠るとそのまま起きないことがあるんだってさ。だからちゃんと目を覚ますか見張っててもらう必要があったんだ。

H:えっ!死と隣り合わせの挑戦だったってことですか!

O:そういうこと(笑)俺だって知ったときは驚いたさ!その後、気を失うように眠りについて、12時間後、ちゃんと目が覚めた。

H:ホッ。世界記録を更新した今、もの凄い注目を浴びてますね。

O:全てが変わったよ。ブッキングとインスタフォロワーの増えっぷりは異常なくらい。世界中の違う言語で、この挑戦が取り上げられてる。それで再認識したよ、「スゲーことやってのけたんだな」って。

Medium 814e560c1eb3c739e602043347b53fdddeea00e7

H:ズバリ次の目標は?

O:お金を稼ぐこと(笑)。記録を更新したからって、ギネスから賞金は貰えない。でもいままで以上に、世界中でプレイするチャンスを貰った。「世界新記録」に頼るんじゃなくて、自分のDJスキルとナイジェリアのサウンドを世界にしっかり見せつけたいね。それでナイジェリアのDJシーンが盛り上がれば、言うことなしさ。

Medium d52403f793df61e653717e49322f47520d4c4cb2

H:ちなみに、前回の記録保持者から連絡とかってありました?

O:それ皆に聞かれるんだけど、ないよ。一緒にプレイできたらいいなとは思うけどね。

H:個人的には「バックトゥバック(2人のDJが左右のCDJを使い、交互に曲をかけること)」で1ヶ月っていう挑戦希望です。

O:オー、メーン!2人で別の世界新記録をつくれってか? うーん、多分やらない(笑)

Medium 5a2e9c44ab0ba5ffc5b1cbdcc4b6de23db674b8e

H:じゃあ、1人で再挑戦しろって言われたら、やります?

O:…すぐにはやらない(笑)229時間を上回らなきゃいけないんだろう? うーん、まぁ数年後、頼まれたらやろうかな。親父が「Anything is possible(何だってできる)」って言ってたしね!

Photo by Hayato Takahashi
Text by Yu Takamichi
世界最年少のDJ!?2歳の天才ピアニスト、天才ドラマー、天才ダンサーあたりは過去に耳にしたことがある。だが2歳の天才DJというのは初耳ではないだろうか? ...
「SEIKO」といえば、言わずと知れた純国産腕時計ブランド。世界で初めて­GPSソーラーウオッチというジャンルを確立した「アストロン」は、同ブランドの「時...
舞台はインドのウッタル・プラデーシュ州にある学校。Krishna Kumarさんは、教室に80人以上の生徒を集め、とあるギネス記録の更新にチャレンジしまし...
何じゃそりゃ!とツッコミを入れたそこのあなた。マンガ大賞2016にもノミネートされ、音楽好きの間で超絶話題になっていた作品『とんかつDJアゲ太郎』を知って...
以下の動画はロンドンで始まった、「Morning Gloryville」というイベントの様子。普通のクラブイベントとはちょっと違っていて、平日の早朝6時半...
やりたいことを始めるのに年齢は関係ない。それを証明してくれる、77歳の女性がいる。Wirginia Samytさん(77歳)は、世界最高齢DJ。ポーランド...
2016年6月29日より日本科学未来館で開催される展示「Bjork Digital ―音楽のVR・18日間の実験」は、ビョークが最新テクノロジーを駆使して...
ルービックキューブをたった5.25秒で解く少年が現れた!世界記録を上回ったとあって、その瞬間を捉えた動画からは周囲の興奮がビシビシと伝わってくる。(※騒が...
一体タイムはどのくらいだったと思いますか?まずはその喜びの瞬間を見てみましょう!「オオオオオ!」と会場中が一気に沸きます!動画はアメリカのメリーランド州ク...
最近はお洒落なクライミングジムも増えてきて、ボルダリングを始めましたなんて女の子も増えてますよね。でも、どうやらそれとは全く毛色の違う新しい競技が誕生しち...
3日間で9万人の動員を記録し話題になったEDMフェス「ULTRA JAPAN」にも出演していた超大物DJ「アーミン・ヴァン・ブーレン」のインタビューが「N...
ファーストフード業界で繰り広げられているお茶目なテクノロジー合戦。ドローンや無人バイクなど未来ネタで攻めるドミノ・ピザや、店内のトレーにキーボード機能をつ...
中国で1,200台のドラムが同時演奏!世界記録を更新!SNSでも話題殺到中の、とてつもない規模のドラムセッション。このド迫力な演奏と、大きすぎる規模に世界...
コートジボワール共和国の部族のダンス「ザオリダンス(Zaouli)」は、50年代に生まれた女性のフェミニンさを象徴したもの。でも、今回紹介するのはそんな伝...
これまでの歴史の中で確証のある最高齢の人物として知られているのは、122年と164日間を生きたフランス人女性、ジャンヌ=ルイーズ・カルマンさんだ。しかし、...
「空を自由に飛んでみたい」と誰しもが一度は思うもの。そんな夢を叶えてくれるのが、カラダ全体を翼のようにして飛行可能にする「ウイングスーツ」。最近、映画やC...
Mike Minnickは、旅に出ようと思った。それも、ただの旅じゃない。電動自転車での走行距離で、世界記録を樹立する旅だ。その距離、実に5,000マイル...
毎年カナダのトロントで開催される有名なマラソン大会「トロント・ウォーターフロント・マラソン」。この大会で、なんと世界記録が更新されました。その主人公はなん...
世界で最も小さく折りたためるベビーカーとして、ギネス(2015年11月現在)に認定されている「Pockit Storller」。ほんの一瞬で、カバンの中に...
「INDUSTRIAL JP」というプロジェクトがある。日本の町工場をレーベル化する計画だ。つまり、工場内に繰り返し鳴り響く機械音を再編集し、映像と掛け合...