どこまでわかる?ありえそうで、ありえない写真たち!

Giuseppe Colarusso氏の作品『IMPROBABILITA’』シリーズは、あれ?これってあり得ないよね…という、ありそうで非現実的なものばかり。矛盾などを表現しているそうです。わかりやすいものから、いくつか見てみましょう。

01.

422d1fc0618c772a8fab9bab0fc8b2e8b8052f7a

02.

4654ed7c771719fdf88980ed6185d4a9493e659d

03.

Db16602605bd1f58b0a4bcbf5f742401c96633da

排水口のないシンク。一つ目用のサングラス。オレンジから突き出た蛇口。

そのほかに、こんなものも。

04.

E2ddb5b7ca5125e6f2ded8970a1e672bf86f946c

05.

Db54157b9e1a657900867e0c0f9b0559edf4453c

06.

B2c95efb8c2c31a13d55f67436870d583a91fff8

07.

D4d590996ab78f4740155a12120aef2d3a1bf410

08.

20d0dcc13ad718bdf80d15161271ffddaac2e7b1

09.

5aaf6d40c88161586c2468cf019e42f0fbec12ed

10.

585b95963ff441d891413515ae696f820185bb27

ポーカーや、鏡に写ったトランプの姿など、作品はこちらから確認できます。

Giuseppe Colarusso氏は、見た人を笑わせたり考えさせることに挑戦しているそうです。作品は、汚染、コンシューマリズム、現代の矛盾など、シリアスな意味も含んでもいるとか。

ダンボールで作った金庫に大掛かりな鍵がかかっている写真を見ると、そんなものがあっても仕方がないでしょう!という気持ちの投げかけを形にしたものが多いのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Giuseppe Colarusso
Googleマップの「ストリートビュー」が歪んでいるようなこれらの写真。じつは、すべて意図的に撮影されたもの。見ればみるほど平衡感覚が失われていく、違和感...
私たちの住んでいる所と、すごく似てはいるけどなんだか違う。もしも、こんなことがリアルにあったら、誰だって、おおっと驚いちゃうと思うんです。そんなの起こるわ...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
スマホサイズで情報伝達できてしまう功罪のひとつが、なんでもスワイプ、スクロールしてサクサク次の情報へと進んでしまうスピード感。必要な情報がないと分かれば、...
言葉でしかなかったダジャレをアートとして再現し、新たな世界観を提示する。そんな斬新な試みで話題を呼んだ「DAJAART」に、待望の新作が登場。世間的にはダ...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
夜に空を見上げれば、いつでもすぐそこにある月。とっても身近な存在ですが、本当はどれくらいの大きさか、すぐに答えられますか?身近だけど意外に知らない、月にま...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
水の上をフワフワと浮かんだり、今にも落ちそうな状態で崖の上に立っていたり、まるで重力から解放されたように動き回る女性たち。この白昼夢みたいな不思議な世界を...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
正直言って、効果は未知数。でも、なんとなく試してみたいカラダに関するハックの数々を「I Love Positive Society」より紹介。私は早速今夜...
画質の荒さから推測するに、決して昨日今日に撮影されたものではないだろう。一見すると、移動式の床屋のようにも思える。が、その実態はトンデモなかった!「さあ、...
写真には「鉄則」ともいうべき、いくつかの構図のルールがあります。簡単にできる、とは言いませんが、少し意識するだけでプロのような写真に近づけるかもしれません...
最近、マドリードの街中に登場した、不思議な“ホットスポット”を紹介しましょう。ここは、あることをするために人々が訪れる場所。では、その“あること”とは?写...
偶然にも程があるでしょ。思わず呆れてしまうような珍事が…。一見何の事ないこの写真に注目!この違和感、伝わりますか?両肩をつまんで怪訝そうな顔で写真に映る彼...