童顔の女性だけがわかる「4つの悩み」って?

容姿や恋愛って、ないものねだり。大人っぽい人は童顔が羨ましかったり、童顔の人は大人っぽい顔に憧れてたり…。

今回の記事の主役は、幼すぎる童顔に悩む女性。「Elite Daily」の女性ライター、Elizabeth Hurdさんの、自身の体験をもとにしたリスト記事を見てみましょう。

5cdf7f2651f987728f54fe3e651c116a4e98c50a

数週間前、私は大学卒業の申請手続きに行きました。

将来に一歩近づくことにワクワクしていたし、事務局に向かいながら、これまでの4年間や自分がどれくらい成長できたのか、と考えていました。

海外にも留学したし、教授とのプロジェクトにも取り組み、ボランティアの旅をして、たくさんの友人もできました。右も左も分からない不安げな「18歳の女の子」として大学生活をスタートし、今では自信と経験を兼ね備えた「22歳の女性」として卒業しようとしているのです。そのとき、私は完全に大人の気分に浸っていました。

でも、それは突然起こったのです。

「卒業の申請?あなた、高校を出たばかりの新入生かと思ったわ」

この女性が悪気なくこう言ってくれたことは分かっています。でもその瞬間、私は少し不安を感じ始めました。

卒業の手続きで来たのに、入学したての女の子だと思った?

自分が実年齢よりも若く見えるということは自覚しています。初対面には「10代かと思った」とよく言われます。

私はいわゆる「童顔」なのです。

もちろん羨ましがられることもあるし、歳をとったときは自分でもその恩恵にあずかるかもしれません。でも、今はその時ではないのです。

01.
何回も同じことを
聞かれて疲れる

B4c9a83dee5613ff2f001d80d7c1f8e8500d6478

私が20代であることを知って誰かが驚く度にお金をもらえるなら、きっと私は今頃ビル・ゲイツよりもお金持ちになっています。

童顔の人なら、きっとこの気持ち分かるでしょ?みんな、あなたのことを10代だと思い込み、そうではないと伝えると、ショックを受けたような表情を浮かべるのです。

さらに「え、ホント?ウソでしょ?」と、彼らが疑いの目を持ちながら見定めようとする表情も見慣れたもの。

そして、最終的に彼らは笑みを浮かべて「いやー、ごめんごめん」と、自分の間違いを謝罪するんです。もちろん彼らは何ひとつ悪くないんですが、新しい人に会うたびに何度も同じことを経験しなきゃいけないという事実は変わりません。

02.
子どもと一緒に
ひとくくり

私は中等教育を専攻していて、経験を身に付けるために、中学生たちの臨時講師もしていまいした。

ただ、教室の中をのぞき込んだ生徒が「臨時講師はどこ?」と私に聞いてきたのは、なかなか新鮮でした。

童顔の20代の人がティーンエイジャーと一緒にいると、ほぼ間違いなくひとくくりで見られてしまいます。

でもあなたは本当は成人しているし、大人として見られることや、それなりに敬意を表してほしいと思っているはず。

03.
「きれい」じゃなくて
「かわいい」って言われる

3e147fd32277fe978e998ef15cca40c8fcdb5c1a

童顔だけど、自分としては鏡を見て「よし、今日はセクシー」って思うことだってあります。でも、外の世界に出た瞬間に耳にするのは「わ~、かわいいね」。これは、それなりに自尊心が傷つきます。

たまには「魅力的で、セクシーだね」と言ってもらいたいときもあるんです。

04.
IDが欠かせない

映画、アルコール、クラブなど、とにかく何をするにも、身分証明書の提示を求められます。

やりたいことがあっても、ほとんどの人に「幼すぎる」と思われてしまうのです。財布からIDを取り出すのは、いつでもどこでも、あなたが最初にとる行動のひとつです。

将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
20代って、若さに溢れてキラキラしてるイメージがあるけど、悩み多き世代でもありますよね。いっぱい冒険もするけど痛い目をみたり、怖いものなしに見えていろいろ...
女子ってほんとうに悩みがつきません。恋愛は当然のことながら、お肌のケアやダイエットなど体の悩みもつきないものです。たとえばロンドン在住のライターMiran...
人間、40年も生きれば子供の頃とは全く違う存在になっているもの。なかには自分でも認めたくない恥ずかしい事実だってあります。ここで紹介するのは「WorldL...
バカな事もたくさんやったり、悲しい経験もしたり、いろんな思い出が詰まっている10代。多感な時期に経験したことは、誰でも忘れがたいものです。「Elite D...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
20代は人生を深く考えすぎずに、思いっきり楽しむべきと教えてくれるのは、「Elite Daily」の人気ライター、Lauren Martinさん。その4つ...
初めに言っておくと、ライターShantanu Prasher氏が書いたこの記事は、少し極端な内容かもしれません。というのも、20代では「真剣な恋愛」などす...
20代のうちは「知らない」「できない」で済まされていたことが、30代になっても改善できていないとしたら非常に残念。まず自分自身の軸がしっかりしていれば、ど...
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
結婚や出産にも“適切なタイミング”というものがあります。とくに女性は結婚に焦る傾向がありますが、果たして、無理をして急ぐ必要はあるのでしょうか?人生のタイ...
20代ほど人生設計に悩み、多くのアドバイスが必要なときはないかもしれません。まだ大人になりきれずに悩み、落ち込むこともありますが、信頼できる友だちがいれば...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
20代半ばのイラストレーター、Caitlin Quijanoさんはクオーターライフクライシスの真っ只中。そんな自分の人生のエッセンスを、ぎゅっと漫画に込め...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
多感で怖いもの知らずな10代で経験する恋愛、もちろん勢いもあってウキウキするでしょう。でも、その場の楽しさだけでは、上手くいかない結果が待っていることも。...
自分の知らない世界を見せてくれそうで、不思議と魅力的に感じてしまう「大人」な男性。…ですが、彼らに恋い焦がれるのと付き合うのは話が別。そこで、今まで年上と...