30代を襲う「悩み」とは?あせらず自分を信じるためのヒント

仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。

ここでは、書籍『30代のあせりをふき飛ばす31の言葉』に書かれている、自分らしく自然体で生きるためのヒントを紹介していきましょう。人の視線を気にしすぎていませんか?本当に「いま」やりたいことをやっていますか?

01.
コンプレックスを
直そうとしていないか?

24コンプレックスfix

誰にでも、コンプレックスがある。でも、長所と同じようにマイナス面も自分にしかない個性だし、工夫しだいではそれを「強み」に変えることもできる。

実は、コンプレックスこそが「普通」の自分から脱却する大きな鍵だ。同じものでも、ある人にはよく見え、ある人にはマイナスに見えることが、世の中にはたくさんある。

コンプレックスを「自分をダメにし、人生をつまらなくするネガティブなもの」として捉えるのか。それとも「自分をひとまわり大きくし、次のステージに進むためのエンジン」として捉えるのか。どちらを選ぶかによって、その後の人生はまったく違ってくる。

02.
「出る杭は打たれる」を
言い訳にしていないか?

26出る杭_fix2

本当にやりたいことがあるなら、口に出して言ってみよう。すると、まわりの人は協力してくれるものだ。ときには「そんなこと不可能だ」と言われることもあるだろう。でも、わかってくれる人はちゃんといて、自分自身に情熱があればあるほど、熱烈に応援してくれる。

「出る杭は打たれる。でも、出すぎた杭は引っこ抜かれて、次のステージに誰かが連れていってくれる」 

信念をともなった全力の挑戦は、宇宙や神様も味方にして、自分では想像もつかないミラクルを起こすのだ。

03.
「自分のルール」を
持っているか?

自分のルールは、自分でつくる。それが30代を生き抜くうえで大切なことだ。それにはまず、世の中の既存のルールに疑いを持たなければならない。

世の中で当たり前とされている「常識」だけれど、多くの人はその明確なロジックを説明できないことが多い。「常識だから」と何も考えずにそのまま受け入れてしまう。

だからこそ、人から何かを止められた時はチャンスだと思うようにしよう。人々が立ち入っていない世界が広がっていて、そこには新たな発見があったり、意外な道が開けていたりするかもしれない。

04.
受け入れる覚悟はあるか?

31失敗してもやりたいこと_fix3

人生には波があるものだ。その波は、自分で意図的に起こせるものではない。潮の満ち引きのように繰り返される、自然現象のようなものだ。

だから「これはいいことだ」「悪いことだ」などと決めつけないほうがいい。すべてを淡々と受け入れてみよう。

最高に見えることの中にも、最低がある。
最低に見えることの中にも、最高がある。

最低も最高も受け入れて、ありったけの力で目の前のことだけに力を使う。

そこからまた、新しい道が開けてくるはずだ。

05.
「ここで人生が決まる」なんて
思い込んでいないか?

A01見開き_fix

目標を立て、そこに向かって努力するのはいいことだ。夢が叶うまで必死でがんばるのもいい。でも夢や目標を、重い荷物にしてはいけない。

人生はハプニングの繰り返しだ。30代になったからと言って「ここで人生が決まる。先々のことをそろそろ決めなくちゃ」などと構えなくてもいいだろう。

人生を大局的に見たら、ここで決めたことなど、きっとたいしたことない。

もっと自然体で。もっと柔軟に。もっとシンプルに。

「いまはこう思ってる。でも変わるかもしれない」くらいのほうが、ずっとうまくいくのではないだろうか。

久志 尚太郎/Kushi Shotaro

1984年生まれ、株式会社TABI LABO代表取締役。中学卒業後、単身渡米。16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。9.11後、アメリカ大陸を放浪して帰国。その後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにネットワークエンジニアとして参画。19歳でDELLに入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国のヒッピーコミュニティをまわる。復職後は25歳でセールスマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOを創業。

コンテンツ提供元:サンマーク出版
転職、結婚、貯金、持ち家……。「人生を決めろ!」と言わんばかりに押し迫ってくる数々の決断。「オレは本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは当然の...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
大学を卒業し、社会に出て多くを学ぶーー。変化の激しい20代では、たくさんのインプットがあるでしょう。ただし、上の世代から言われても、実際には理解できないこ...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
誰だって20代はあっという間です。「あのときこうしていれば」なんてものは無限に湧いてくるもので、いちいち後悔なんかしていたら身が持ちません。だけど、仕事に...
人生は困難の連続です。そんなときこそ、自分のことをちゃんと好きでいられることが大事。今回は「Elite Daily」のライターMel Whitneyさんが...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
20代から30代にかけては、ひとり暮らし、就職、転勤、結婚など、人生における大きな転機がいくつもあるはずです。ここでは、もうすぐ30代がもうすぐやってくる...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
とにかくやりたいことに突き進める20代。しかし、年齢を重ねるごとに解決するべき問題も増えてくるもの。「Elite Daily」のライター、Lauren M...
現代では「内面の美」や「日々の充実感」を求める女性が増えているように感じます。しかし、これらの目に見えないことに価値を見いだすために必要なのは、「自分自身...
「私の人生、うまくいっているはず…。でも何かが違うような気もする」。夢見がちな10代を終えて、現実が見えてくる20代だからこそ、もやもやした気持ちを抱える...
将来への焦りや不安に、足がすくんでしまうことも多い20代。先が見えないからこそ立ち止まりそうになるけれど、挑戦することでしか何も見えてこないものです。大丈...
人生はやり直しはききません。50歳になって後悔しないために、ここでは「Collective Evolution」のライターJoe Martino氏が書いた...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...