30代からでも遅くない!「新しい自分」になるために自問したい5つのこと

転職、結婚、貯金、持ち家……。「人生を決めろ!」と言わんばかりに押し迫ってくる数々の決断。「オレは本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは当然のことです。

そんな不安やあせりから私たちを解放してくる書籍『30代のあせりをふき飛ばす31の言葉』には、いまこそ自分自身に問いかけるべきキーワードが並んでいます。ここでは、新しい自分をつくるための自問をご紹介。

01.
「失敗したくない」と
縮こまっていないか?

A失敗は許されない_fix2

失敗は誰だって怖いものだし、できればしたくない。でも、成功と失敗は表裏一体で「どちらもある」と思うほうが自然なこと。成功の中にも失敗があるし、失敗の中にも成功がある。

また、誰の人生にも「想定外のこと」が起こりうる。ビジネスが絶好調の時に、思わぬ方向から足をすくわれたり、病気や災難もあるかもしれない。でも、それは「目を覚ませ」というサインだと捉えてみよう。新しいステージへのヒントときっかけを与えてくれるかもしれない。

02.
人に負けないことは何か?

誰にだって、できることもあれば、できないこともある。全部の能力をまんべんなく伸ばそうとすると、なかなか壁を突き抜けられないし、時間がかかる。

でも、「これだけは負けない」と思える能力をひとつだけ定め、そこを極める努力をしていくと、多くの壁は突き抜けられる。そして面白いことに、その一点が牽引力になって、他のスキルも伸びていくという不思議な現象が起こる。

例えばそれは「英語」でも「早起き」でもいい。足りないところを補おうとするよりも、一点に定めて突き抜けてみよう。

03.
同じステージの人たちと
つるんでいないか?

03KSF_fix2

何か新しいことを始めるとき、多くの人は自分と同じステージの人たちと集まりたがる。情報交換ができるし、励まし合えるからだろう。

でも、自分よりはるか上の(できればその道のトップ)に会って、話を聞き、議論し、行動を観察してみるのはどうだろうか。何が成功の鍵「KSF(キー・サクセス・ファクター)」になっているのかを見極めるためだ。このKSFを見抜くことで、自分のレベルを上げることができる。

仕事のやり方、ものの言い方、人との接し方、考え方。極めたいことがあるのなら、徹底的に成功者のKSFを学んで、真似して、身につけてみよう。

04.
わかった気になっていないか?

30代になると、この「わかった気」のワナにはまってしまう人と、いつまでも「自分は何も知らない」と素直に思える人が、はっきりと分かれる。

つい「わかった気」になってしまいがちだが、これこそが危ない。

「恐れ」や「憧れ」の正体は、自分で実際に体験してみないとわからないものだ。自分からそこに飛び込んでみよう。実際にやってみてから「すごく楽しい!」のか「自分には合っていない」のか、自分の気持ちに素直になってみればいい。

その繰り返しが、自分の可能性を広げていくのだと思う。

05.
本当に精一杯やりきったのか?

07限界を超える_fix

「精一杯やったけどダメだった」という時には、もう一度自分に問いかけてみよう。本当に、本当に精一杯やりきったのか?がんばれる限界のライン、またはその手前でやめてしまってはいないか。

目標に向かって努力をするときも、それを「やりきる」かどうかが成否を決める。

「十分がんばった、もうこれ以上できない」と思ってからが本当のがんばりどころ。

あきらめる前に、あと1本、電話をかけよう。あと1本、企画書を書こう。そこから先のアウトプットにこそ、価値がある。限界の先に、新しい自分の可能性が待っているのだ。

久志 尚太郎/Kushi Shotaro

1984年生まれ、株式会社TABI LABO代表取締役。中学卒業後、単身渡米。16歳の時に飛び級で高校を卒業後、起業。9.11後、アメリカ大陸を放浪して帰国。その後は外資系金融企業や米軍基地のITプロジェクトにネットワークエンジニアとして参画。19歳でDELLに入社後、20歳で法人営業部のトップセールスマンに。21歳から23歳までの2年間は同社を退職し、世界25ヶ国のヒッピーコミュニティをまわる。復職後は25歳でセールスマネージャーに就任。同社退職後、宮崎県でソーシャルビジネスに従事。2013年より東京に拠点を移し、2014年2月22日にTABI LABOを創業。

コンテンツ提供元:サンマーク出版
子どものころ、30歳にどんなイメージをもっていましたか?立派な大人?もうおじさん、おばさん?実際になってみると案外それまでと変わらないものですが、確実に2...
仕事、会社、結婚、住まい…。自分の人生は、本当にこのままでいいのだろうか?30代になると、そんな不安が一気に押し寄せてくるもの。ここでは、書籍『30代のあ...
社会に出て、いろいろなことができるようになる「20代」。でも、手にいれた可能性の大きさに振り回されがちな年代でもあります。「Elite Daily」の女性...
20代のうちは誕生日があんなに楽しみだったのに、30歳を超えると「筋肉痛が二日遅れで来た」だの「お肌の曲がり角」だの、何かとマイナスなイメージ。だけど、2...
年を重ねるにつれ、変わっていく両親との関係性。若い頃は無鉄砲なことばかりで心配をかけていても、ある日、親の存在のありがたさに気づかされるもの。「Elite...
20代を振り返って反省したり、将来のことが心配にもなってくる30代。「本当にこのままでいいのか?」と不安が襲ってくるのは、アナタだけではありません。そんな...
自分の知らない世界を見せてくれそうで、不思議と魅力的に感じてしまう「大人」な男性。…ですが、彼らに恋い焦がれるのと付き合うのは話が別。そこで、今まで年上と...
誰だって20代はあっという間です。「あのときこうしていれば」なんてものは無限に湧いてくるもので、いちいち後悔なんかしていたら身が持ちません。だけど、仕事に...
30代は、20代で得た知識をフル活用していける最高の年頃です。「Elite Daily」に寄稿する女性ライターLauren Martinさんがまとめた「3...
NYのライフスタイルを中心に情報を発信する「Elite Daily」のライターZara Barrie氏は、30歳を目前にしてさまざまな悪習慣とサヨナラする...
とにかくやりたいことに突き進める20代。しかし、年齢を重ねるごとに解決するべき問題も増えてくるもの。「Elite Daily」のライター、Lauren M...
「結婚すれば安定が手に入る」と考える人も多いかもしれませんが、果たして「安定」とはそこまで望ましいものなのでしょうか。まだいろんなことに挑戦できる、ある意...
20代から30代にかけては、ひとり暮らし、就職、転勤、結婚など、人生における大きな転機がいくつもあるはずです。ここでは、もうすぐ30代がもうすぐやってくる...
長く生きていると、昔の色んな失敗を思い出してはチクッとすることもいっぱいあります。今回紹介するのは、「Elite Daily」に掲載されていた30代女性ブ...
人生はやり直しはききません。50歳になって後悔しないために、ここでは「Collective Evolution」のライターJoe Martino氏が書いた...
10代の頃に思い描いた通りの順風満帆な人生を送れている人は、それほど多くはないでしょう。だからこそ、0がつく誕生日を人生の節目としたり、ターニングポイント...
『CASSHERN』『GOEMON』の紀里谷和明監督が完成させた5年ぶりの新作映画『ラスト・ナイツ』が、11月14日(土)より全国公開される。紀里谷氏が処...
社会に飛び出して、自信をつけた人もいるでしょう。逆に、周りから差をつけられて焦っている人もいるでしょう。30代に向けてのステップアップでもある20代…。「...
もうすぐ30歳になる私は、20代が終わることに少し不安がある。人生が大きく変わるような出来事ではないとわかっているのだけど、年齢が上がることに少しネガティ...
20歳、30歳、40歳…人生には節目となる年齢があります。ヨガインストラクターAlex Amorosi氏(35)は、30歳を目前に不安を抱える友人にその魅...