なぜか心が還る場所。第二のふるさとに「沖縄」を選んだ人たち

空港を出たときの温かい風を受けて休日モードは一気にON!両手を広げて胸いっぱいに空気を吸い込んだのはいつぶりだろう…なんて考えているうちに、地元に帰ってきたときのような安心感に包み込まれる。

もう何度行ったかわからないけれど、住んでいる人から見れば、旅行者がまだまだ気づいていなかった魅力があるに違いない。そこで、3人の移住者に話を聞いた。

暮らす場所を選びなおすのは大変なことだ。仕事や友だち、お金のことだって、心配事を数え始めればキリがない。島人と観光客、そのどちらの視点からも沖縄をみることができる彼らは、いまどんな場所だと感じているのだろう?

Medium bbee4933fa414b6bce9eb16f7831bce8369b0719Medium cfc078ba78ee567431ee0e6d9bbc00e6ea3872cb

上原さんは、長野県で生まれ、東京都で育ち、15年以上人事(採用・育成)に関わる仕事に携わっていた。2012年に那覇市へ移住。島時間を届けるために、キャンドルをつくったり、体験教室でつくりかたを教えている。

「“マブイ”という言葉を知っているでしょうか。沖縄に来て、タクシーのドライバーさんに過去のバタバタを話していたら、『マブイ(魂)を拾いに行かなきゃね。安定させなきゃね』って言われたんです。

東京でそんなことを急に言われたら驚くじゃないですか。でも、ここでは違って見えるんです。繋がりを大切にしている精神が、文化として根付いているからかもしれません」

Medium d1e69d4e808fca30d5071baeeae95552251dbf6d

「遊園地のような場所はないけれど、みんなが参加して胸が躍るような時間を過ごせるところが素晴らしいなって思うんです。三味線を弾いたり、歌ったり、踊ったり、遊びを生み出して楽しもうという文化があります。

カチャーシーを踊っているおばあは、『音が流れると自然と体が動き出すって反応が遺伝子の中に入っちゃってるんだろうね』なんて言ってました。そうやって、人と人が繋がっていける仕組みが自然にできているんです」。

Medium fb08e88b6a6eaf7cae23c7848b48efb1b506fb99Medium 02c677688beaa05dfcdd8ed91549c2262d8310e1

「20代から東京でガツガツ働いていて、電車や職場で倒れてしまうような慌ただしい生活を送っていました。

企業コンサルタントとして職場環境づくりに心血を注いできましたが、震災を機に状況が一変しました。それまで忙しくご依頼を頂いていた仕事が、一ヶ月分突然まっさらに。連絡しても保留の連続。ああ、自分のやってきたことは必要とされていないのだと、衝撃を受けました。

地震のときは、交通網が閉ざされ、自宅まで十時間歩いたのを覚えています。子どもを保育園に迎えにいけたのも夜中の一時。それから、もっと地に足をつけて助け合う関係をつくって、必要とされる仕事をしたいと思うようになりました。いまの自分には何ができるんだろう?と。

いろいろと模索した結果、自然を大切にした暮らしや、人と人が共鳴し合ったり、自分の大切な原点に戻れる時間を感じてもらえるように、キャンドルづくりの体験工房を立ち上げることにしました」。

Medium 32af3d20ef95c412dfdb92059cbd0c9b2e2bfac1Medium ffe2df6657e6976e162d613b1ccb2ebc38a355b6

「東京は、改札をくぐって、電車に乗って、降りて、となにかとプロセスが多いでしょう。ここなら、15分圏内に必要なものは揃っているからそんなこともありません。自然は目に入るし、時間の流れもゆるやか。

だから、二週間くらい滞在できるといいんですよね。ある人は、一箇所のお店にじーっと座ってゆっくりしていたら、この土地の魅力がわかってきたと言っていました。そこにいる人たちと話したり、あるいは何もしなくてもいいんです。

変わったのは、時間の使い方です。どんなことを、誰と一緒に、どう過ごそうかって、いつも考えています。朝は、ゆっくりと子どもと接したり、海をボーッと見ながら過ごしたり。東京のカフェでゆっくりしていても、流れる時間はまったく違うものだと思いました」。 

Medium 4c9add268a3244f096fb70bf9edb9959c19e47f9Medium b582ecfa5f2b98c3fa60f303d8dd804cb3e06903

谷さんは、千葉県柏市で生まれ育ち、千葉県内で多国籍雑貨屋を一時は4店舗経営しながら、イベントオーガナイズなどに携わっていた。2011年から姉妹店を那覇市にオープン。2012年に移住した。

「観光ではじめて沖縄にきたのは16年くらい前。驚きました。物価は安く、アメリカを感じるところがあり、琉球王国の歴史もある。自分が知っていた日本とぜんぜん違うなと、どんどん興味がわいてきました。

千葉県でやっていた雑貨屋の姉妹店を那覇市の浮島通りにつくって、一年半くらい行ったり来たりしているうちに、こちらにいる割合が増えてきました。震災の混乱を経験していたこともあり、すこし大げさですが、一旦空っぽになり、新しい自分の場所をつくろうとしていました。

最初は知り合いが居なかったので、ホテルやゲストハウスに泊まりながら物件探し。ひとりで内装をつくってお店をオープンして、南風原(はえばる)に住み始めました。

部屋を借りられないとか、貸してくれないとか、いろいろな壁があると聞いていましたが、そんなことはありませんでした。みなさん人がいいんです。“やったらいいさー”って。新しいことを始めるには、いい環境だったと思います。

移住してからは、変わったというよりも戻ったという感覚。昔と比べると、いまは子どもがいるし、状況は違っているけれど、お店を始めた頃か、もう少し前に自分が感じていた気持ちを思い出しました」。

Medium ffcd0601586603af0a13f3334c43fb893cc80b86Medium 6b9c3523593a9adfadb2d6c720ca5945b6c9cb20

「来た当初は、住む期間を2年だけと決めていたんです。パートナーが親元を離れることに抵抗を感じていたこともありました。が、それからずっと期間を延長して、いまに至っています。

北中城(きたなかぐすく)に引っ越してきてから、海が見える丘にある外人住宅を改装して軽食のお店を経営しています。自宅と兼用で、庭もあり、海はすぐそこ。ほかにも、民泊や観光ガイドと、いろいろな仕事をしています。

沖縄はフルーツがとてもおいしいでしょう。パパイヤ、マンゴー、パイナップル、グアバ、パッションフルーツなどなど。あれこれ考えているうちに、自然とスムージーを雑貨屋の裏で売り始めるようになりました。

うちのは“スムーチー”といって、もうちょっとアイスに近いもの。ムーチー(お餅)のようなもので、友人のたこ焼き屋と一緒に店を出したり、そのうちパンケーキをつくりはじめたりして、いつの間にか飲食店に転向していました」。

Medium 929f8294cdb3bf65647400c600b8d718d4413a8f

「移住する前は、千葉県柏市を中心に雑貨屋を経営していました。一時期は4店舗あり、そのほかにイベントのオーガナイズや野外フェスの運営にも携わっていました。たくさんの人を地元に呼びたくて、どうだ!という気持ちが強かった。

こちらでもイベントを手伝っていますが、いまはどちらかというとノウハウを生かして島の人たちと助け合うことのほうが大事。一人ひとりとの関係性が深くなってきているし、もっと地域と繋がれたらいいなと思っています」。

Medium d378510a4cc45f7d7771085b578a3f3ba28dbbdaMedium 394f3bb7755ca08d3daac22b2e285e56323b7f5f

「沖縄にずっと居続けるかどうかは正直わかりません。ただ、もし地元に戻ることになったとしても、来れる理由は残しておきたいと思っています。なんでなのかなあ。いろいろと考えましたが、単純に好きになってしまったんです。

たとえば、子どもが神さまとまでは言わないけれど、自由でいさせるのが良いよねという寛容な考え方があります。みんなで面倒を見て育てている感じがある。昭和っぽいといえばそうなのだけれど、そういうところを見て、いいなーって思うんです。

それに、どういうわけかみんな自分で何かをつくりだすようになっていく。これまでに考えたことがなかったような、スムーチーやパンケーキをつくったり、お土産ブランドを立ち上げたり、庭で島バナナを育てたり。

同じようにして、アクセサリーをつくりはじめた人もいる。そういう人は多いんです。アイデアが浮かんだり、自分で何かを生み出したくなる何かがあるのだろうなと思います」。

Medium 1796d65df5f3a7172b4a2a8b087250ef9dc1443dMedium 6d534b45f8371812d464f1a9347646808bcdcd5f

那覇さんは、東京都で生まれ育ち、会社勤めをしながらなみのりをする日々を送っていた。2011年に結婚をしたことを機にうるま市へ移住。インストラクターとしてサーフィンを教えている。

「沖縄って、入り口が小さくて入りづらい赤ちょうちんの居酒屋が、40年以上続いている名店だったなんてことがよくあります。地元の人に聞けば教えてくれるんですが、観光で来ている人は見かけません。そういうところが海にも同じくあるんです。

車で走っていても、波のあるポイントって絶対に見えないんですけど、高台に登ると泣きそうになるくらい感動する眺めに出あえることがあります地図に乗ってないところもたくさんあって、ビーチとは見栄えがぜんぜん違うから、サーフィンに興味がなくても驚くんです」。

Medium 28980814c06ba79f21ef65d6818716b8022a655c

「地元サーファーの邪魔をしないように、移住してきた人同士で新たな場所を探していたこともあり、島の人も知らないような、素晴らしいポイントが見つかることがあります。

なかでも、高台から見下ろす海は最高。わたし自身、丘の上から日の出を見るのが日課です。夕陽が見える西側がいいという人も多いのですが、好みは分かれます。行きやすいところなら、宮城島がきれいです」。

Medium 81caac5bc7507d6711dfcb0fbe751bd224e3deceMedium 59e0f269bc9905a0cd9a8cf9e2fec4cb8ca53056

「島出身のサーファーだった彼と知り合い、うるま市へ移住、結婚することに。とにかく挑戦してみようという思いでいっぱいでした。

沖縄はどんなところ?というのをいち早く知りたかったので、まず地方自治体と関わりがある、県民の多い会社に入社。経営の勉強を兼ねて3年ほど勤務しました。みんな自由に生きていて、ポジティブのもっと上という感じ。海外っぽいなあっていう大胆な考え方もよく耳にします。

退社してすぐに、今のパートナーと県外向けのサーフィンスクールを開店。これは東京にいた時からの夢でした。サーフィンで生活できる世の中をつくりたくて、いまは沖縄県内で唯一の女性インストラクターとして働いています。サーフィンの需要はアメリカ・ハワイのように大きくはないので、プロインストラクターとしてやっていけるよう、全力で取り組んでいます」。

Medium beea072f3bf19d1950eedbecd3097c4dc134f2a2

「地元を離れてみて最初は寂しい気持ちもありましたが、価値観を共有しながらふたりが目指した場所で、家族みんなの幸せを育んでいければいいなと思っています。来る前は、東京で生活し続けると思っていたのですが、人生わからないものです」。

Medium 0f31845099ecf558ee03b9f140ae99a6bb22be91Medium ec57471efc980ec930cdc895a3233bf380bb86ab

「東京と沖縄って、広さは同じくらいだけど、人の数が十倍違います。島では、同じ町の人のことはもちろん、隣町の人だって知っているし、沖縄全体で繋がっていることも珍しくありません。

昔と今で、自分のことを振り返ってみると、友だちの存在がかなり近くなった気がしています。家族のような感じ。みんなで頑張ろうよって協力することが多いから、新しいことに挑戦する気持ちや行動力が、東京にいた時よりも遥かに増していると感じています。

東京都江東区で生まれ育って、平日は都会で、休日は大自然のなかで、という生活を送っていました。一歳の頃から海や雪山に連れて行ってもらい、体を動かすのが大好きでした。週末に自然を求めるのは、非日常的な空間を求めているだけなのかなと思っていました。でも、わたしはこういう生活を求めていたのだと思います。

もともと体が弱くて、東京ではみんなに心配されていて、月に一度は病院に行っていたのに、こっちに来てからはパッタリ。不思議ですよね。人・自然・モノ・食・そのすべてを取り巻く環境のおかげだと思っています」。

真正面から「心」と向き合う場所

「なんくるないさ」は、もともと「まくとぅそーけーなんくるないさ」と繋げて使われていた言葉だそうだ。どうにかなるという楽観的な意味だけではなく、誠実に生きていればいつの日か良い日がやってくる、ということを示していると言われている。

沖縄にはのんびりしているイメージがある。しかし、移り住んできた3人の答えは情熱的と言ったほうがしっくりくる。それは、自然や人、自分自身と向き合える文化や環境があるからかもしれない。

本来の自分を見つけ、ありのままでいることの大切さを知り、新しい自分と出会う。そのために、もう一度沖縄へ足を運んでみたくなった。

Medium fac0cc0ca518d87a916c80e663813bea1c5745b8
まだ、アメリカの統治下にあった1970年代初頭の沖縄。その時代に建てられた施設をリノベーションして、新たに「モーテル」として生まれ変わらせたデザインホテル...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
日本列島が猛烈な寒波に見舞われた1月24日、寒さにめっぽう弱いはずの沖縄県民(の一部)は、なぜか喜び勇んで寒風吹きすさぶ浜に繰り出したそうです。彼らが目指...
長寿県で知られる沖縄(現在は長野県が第1位)。独特の食習慣や暮らしぶりは「世界的にも特質すべき点が多々ある」と、「Collective-Evolution...
沖縄の人口の1割は、何が起きても救助されない沖縄の人口の約1割は、たとえ重体で命の危険に晒されていたとしても救助されない。医師がいないため、助けに行くこと...
冷たい風にさらされて冷え切った体をいやすのに欠かせないのが、ぬくもりと滋養。その2つを同時に満たしてくれるものといえば…日本人のソウルフード「豚汁」でしょ...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
生きていくうえで「脳が大切」というのは、すぐ理解できます。考えを司っていて、私たちのカラダの全身に影響をしているからです。そして、ここで紹介するのは、第二...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
学生時代からこれまで52カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
北海道から沖縄まで47都道府県を写真で繋ぐ日本地図。全国津々浦々にある風景や情緒を海外の人に感じてもらい、よく知ってもらおうーー。経産省によって公開された...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
ユニセフが2016年9月に発表した「移民・難民危機レポート」によると、世界では約5,000万人もの子どもたちが、ふるさとを奪われているそうです。しかし難民...
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...