国内唯一の「人工サーフィン施設」が神戸に!将来は東京や沖縄にも!?

「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。

そもそも、サーフィンは波のある海へ行かなければ体験できません。海へ行ったとしても、「どのあたり」に「いつ」波が来るのかは、未経験者には予測不可能。どんな用具が必要なのか、雰囲気に馴染めるのかといった不安もあるでしょう。

でも、安心してください。それらの課題を一気に解決し得るプロジェクトが、神戸市で進行中なのです!

KOBE-REYES-全体図景観1_R

救世主の正体は、「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」と名付けられた国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能。無料講習だって受けられる予定です。

事業を企画したのは、神戸市に本社を構える株式会社レスポンスエンジニア。同社が独自に開発した造波装置と人工リーフ(地形)を用いて、世界のどこにもない、限りなく本物に近い波を目指すとのこと。計画では、一日の営業時間を三分割し、それぞれで波の高さを変更。利用者は自身のレベルに合った「波」の選択が可能となります。

場所は、Kobe天空リゾート みのたにグリーンスポーツホテルの敷地内を予定。オープンは2016年4月の見込みで、将来的には「TOKYO-REYES-」「OKINAWA-REYES-」の展開も視野に入れているのだとか。

ちなみに、同施設のテーマは「波のない街、神戸から」。そのムーブメントがどこまで広がりを見せるのか、要注目です!

Licensed material used with permission by 株式会社レスポンスエンジニア

「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
1月17日、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災から丸21年が経ちます。復興のシンボルとして始まった『神戸ルミナリエ』。昨年は想定外の突風にあおら...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
神戸ブランドの〈JIB〉。ヨットのセイルクロスを使った丈夫な生地と豊富なラインナップ、加えて文字入れサービスがあるのもうれしいポイント。
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
波に乗るタイミングはサーフィンの時と異なるし、浮力もないのでコツがいるボディサーフィン。それでもみんなに楽しんでもらいたいという願いで、開発された専用ミニ...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
電車よりも安い運賃で、音速で移動できると言われているチューブ型列車システム「Hyperloop」の新しい動画が公開されました。知っている人も多いかもしれま...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
ここで紹介する「hanare」は、これまでにない斬新なコンセプトが話題の宿泊施設。単に一つの建物に完結したものではなく、東京・谷中のまち全体を大きなホテル...
本田 直之/Naoyuki Hondaレバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長兼CEO|サンダーバード国際経営大学院経営学修士(MBA)|明治大学...