サーファーたちに愛されてきた「もう一つの波の乗り方」の進化系

サーフィンをしていていちばん楽しいのは、もちろん波に乗っているとき。同じようにボードを使うスケボーやスノボとは、また違った自然との一体感を得ることができるから。

こんなことをビーチで座りながら友だちと語り合っていたら、彼女は僕にこう言いました。

「サーフィンじゃ、本当の意味で自然を感じられない」

彼女に言わせると、サーファーたちの間で昔っから愛されてきたスタイルがあるらしいのです。

自分が”波”になる
ボディサーフィン

Ed98bcce0beea4018ac6b47f83d71b5918db50b8

そこで教えてくれたのは、ボードも何も使わないで自分の身体を波に乗せるボディサーフィン。やってみると、波に乗るタイミングはサーフボードを使っているときと異なるし、浮力もないので沈みやすく、意外と難しい。

だから、浮力を得るために、ビーチにゴミとして落ちている食用トレー、ペットボトル、ビーサン、あるいは流木などを手に持つことがあるのも事実。上手くいけば、波になったような感覚を得ることができます。

海洋ゴミに発想を得た
専用サーフボード

そんなボディサーフィンの虜になる人は多いらしく、Steveもその1人。見た目以上にハードルは高いけど、「誰にでも楽しんでもらえるように」という願いが生まれ始めたそうです。そこでSteveによって開発されたのが「Slyde Grom」。

元はと言えば、波の中で持っていることが難しかったゴミが始まり。そのため、ハンドリングのしやすいデザインに仕上げたそう。

Ffa3b39395478b10f00646f82b0f3ee898c47a5cAff06426547bb14ab471c4b5c45df3d474700bdb

使い方はとてもシンプルで、上記の画像のようにストラップの部分に手をはめるだけ。あとは、自分の乗りたい波が来たらテイクオフ!

86eb205c01be364c73fc70ff6013412c6036955c

これのおかげで、ボディサーフィンをやる上でネックだった、浮力の問題を解決してくれるそう。つまり、あの自然と一体化する感覚を気軽に得ることができるように。

A04d4ef14c575896b738a1f97038097c3b740afbD7e317a975a5178e88dfa8ec9ad2e61775d437f5B4404113bbdb4664bde376da7d770fa9576038c38803078a4c736b397bfccab4f5770df9195ac2c2

ご覧のように、大きい波から小さい波まで。年齢も関係なく簡単に楽しめることから、この「Slyde Grom」は『Shark Tank』というアメリカのテレビ番組で、資金調達に成功しました。現在では、日本でも販売しているそう。

ちなみに、素材は柔らかく、重さは269g。想像するに安全なので、どんな海水浴場でも使えるのではないでしょうか?

Licensed material used with permission by Slyde Handboards(HP), (Facebook)
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
あたり前の話ですが、今までのボディボードって、波がないと乗ることはできないシロモノでした。ですが、「KYMERA」なら、波がなくても愉しめてしまうんです。...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
動画を見ると想像以上にパワフルです。でも、ドローンって主には空撮用に使われていますよね。ウェイクボードをするかのように使っていますけど、大丈夫なのこれ?使...
アメリカ・マサチューセッツ州北部に位置する、ナンタケット島で、"凍った波"が撮影された。Looks like rolling slurpees! Froz...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...