波がなくても楽しめる「電動サーフボード」【コレは欲しい】

サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今までは。
…でもこれからは大丈夫、波に左右されることなく、サーフィンを楽しめちゃうツールが登場しました。もっと言うと、このボードさえあれば、もはや海に行くことも必要ないかも!?

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.55

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.21

ハイスピードで水上を滑走するコイツの名前は「Onean」。ボード自体にバッテリー、モーター、スクリューを搭載した、たとえるなら、自走式電動サーフボードといったところ。「ボードそのものに推進力を与えるという大胆発想」。だから、波がなくたって自在に水の上を進むことができるという訳。

水上スキーやジェットスキーをはじめ、従来のウォータースポーツと比較しても、圧倒的なお手軽感が「Onean」の特徴。手元のコントローラーで、速度や舵を自在に変更。軽くて速くて、スリリング。エクストリームに欠かせない要素をバッチリ満たしています。環境に優しい設計もウリだそう。

スクリーンショット 2015-08-31 12.00.08

スクリーンショット 2015-08-31 11.59.52

スクリーンショット 2015-08-31 12.40.12

目的に合わせて選べるボードは2種類。スピード感を意識した「Carver(写真左)」は、フラットな水面をスピーディーに駆け抜けたり、テクニカルにメイクを決めたい上級者向け。公式ページでは、MAXスピードをあえて“テスト中”と伏せているようですが、動画を観る限りでは、かなりの疾走感が…。ちなみに、同メーカーが販売したプロトタイプの電動ボードは、時速70kmだったことを考えると、このCarverもかなりのエクストリーム感が期待できそう。
反対に、十分な浮力と安定感が特徴の「Manta(写真右)」。こちらは最高時速7kmと、低速で長い距離をゆったりクルージングすることを目的として設計されています。大自然を肌で感じながらのんびりしたい人向け。

スクリーンショット 2015-08-31 11.19.50

ところで、この「Onean」は、スペインのエンジニアリング会社から、ウォータースポーツのための電気推進システム開発を託されて、スピンオフしたチームによって製造されたもの。だから、電動バッテリーも推進ユニットも、電子機器と同じプロセスで緻密に設計されるこだわりよう。

じつはスペイン・バスク地方は、ヨーロッパ屈指のサーフポイントとしても知られ、サーフトリップ先としても有名。
もちろん、ビッグウェーブを楽しむのがサーフィンの身上。だけど、海まで遠い地域で暮らすヨーロッパの人々にとっては、これも、サーフィンの楽しみ方のひとつなのかも。発想力に脱帽ですね。2015年末には販売を予定、価格はちょっとお高めの3,450ユーロ(約47万円)!

Licensed material used with permission by Onean

見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
パドリングしながら、波を待つ男女ーー。実はこの2人、“超人的な身体能力”の持ち主なんです。サーフボード上で、次々に繰り出される「スゴ技」に、ただただ見とれ...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
小さな納屋でトマトの空き缶を使ってキャブレターを作ったハーレーダビッドソンの創業しかり、スティーブ・ジョブズの自宅ガレージで検品をおこなっていたと言われる...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
人類史上初、モトクロスバイクによる波乗り。とにかく、息を飲む大迫力のパノラマ映像。3分後、アナタも歴史の目撃者のひとりだ。命知らずのモトクロスライダー、ロ...
庭用のなかでも、巨大なビニールプールがあるというのは知っていました。けれど、本格的に船で引っ張り水場に設置して、そこに小さなウォーターパークを作ってしまお...
スポーツの世界で競技の要素に音楽を取り入れているものはいくつかある。たとえばフィギュアスケート、シンクロナイズドスイミング、スノーボードやモーグルなどの競...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
「Wurf Board」の上でサーフィンするだけで1時間のカロリー消費率が32%(平均168キロカロリーほど)もアップ!と言われてもなんのこっちゃかもしれ...