大会中サメに襲われ、パンチして撃退したサーファー。1年後の大会で優勝!

2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が大会中サメに襲われたのだ!

運良く、奇跡的に無傷で救出された彼。その際の一部始終が動画に記録されている。

サメに襲われた瞬間!

サメのヒレが見えた時の映像には肝を冷やす。本人の話では、突如突進してきたサメがレッグロープに引っかかったことで一瞬早く気がついたそうだ。

尾ヒレで顔をなぶられることもあったが、叫びながらサメを蹴り続け、見事撃退に成功。その後、大会のウォーターセーフティーチームがボートで即時救出、事なきを得た。ほっと一安心だ。

インタビュアーが救出直後に質問をしているのだけれど、ファニング選手ときたらパンチとキックでサメを撃退していたというからビックリ。

Dc5ce52af7491fa33c652b0feeaea695b66e1c31

インタビュアー「何発かパンチしたのか?」

ファニング選手「ハハハ(笑)ああ、背中にお見舞いしてやったよ」

救出の後、大会は中止された。ファイナリストの2人には、大会のルールに則ってそれぞれ2位の賞金が授与されることになった。大会側はこうコメント。

「皆無事でよかった。我々は2人の出場者と話し合い、大会の中止を決断した。南アフリカのサポートやウォーターセーフティーチームの迅速な対応に感謝する」。

1年後の大会で見事優勝!

0a9cffa521adb6f639a1043c49922c5ebc8ad278

さて、なんとも勇ましいエピソードで話題になったファニング選手。昨年のことなんてへっちゃらと言わんばかりに、2016年も同じ場所で開催された「J-Bay Open」に参加。しかも、見事優勝!

The ABC」によると、大会側は前年のようなことが起こらないように対策を強化。ボート、ソナー、ジェットスキーに加え、ドローンの数を増やして警戒にあたったというが、それにしたって出場するには勇気が必要だろう。

本人の発言は信じられないほどたくましい。大会前にはこんなコメントを残している。

「そのことが頭によぎれば、そりゃあ最初はトリッキーなサーフィンにもなるだろうね。けど、他の場所でもサメは見てるし、今までも考えすぎたことはない。見かけたら陸に上がるだけだ」。

そんなに割り切れるの!?とも思ってしまうが、試合後はこう話していたから驚く。

「精神的にフラッシュバックすることはなかった。もっとこうーー、何か起きたらその時に考えようって感じだったね」。

気が気でなかったのはどちらかというと奥さんの方。サメの襲撃を振り返りこう語った。

「私はホントに心配で仕方ありませんでした。テレビに写っている彼の姿をそのまま画面から引っ張り出したかった。信じられませんでした」。

2016年の大会は事故もなく無事に終了した。彼の発言には勇猛果敢という言葉がしっくりくる。ライディングも凄い迫力だ。決勝の様子を動画でぜひ見てみて!

Reference:The ABC
Licensed material used with permission by WORLD SURF REAGUE
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
Mike Coostsは18歳の時、サーフィン中サメに襲われ片足を失うアクシデントに遭いながら、今も波に乗り続ける義足のサーファー。同時にサメを保護する活...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
写真はニュージーランド北島にある町パーマストン・ノースで撮影されたもの。よ〜く見て欲しい。駐車場の奥建物の屋根の向こうに出現したBIG WAVE。いったい...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
マリンスポーツ愛好家にとって、命に関わるサメの襲撃は避けたいもの。「Sharkbanz」は身につけるだけでサメの襲撃から身を守れるバンドなんです。そもそも...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
誰しも、ひとりになりたい時がある。じっくり考えごとをしたいとき、仕事に集中したいとき、読書に没頭したいとき──。自分の部屋に閉じこもるのも手だが、ここで知...
先日、王者ニュージーランドの連覇により閉幕した2015ラグビーW杯イングランド大会。3勝を挙げながら惜しくも一次リーグ敗退に終わった日本ですが、その戦いぶ...
海外旅行に行くために航空券を検索→「安い!」と思ったら燃油サーチャージが含まれていないらしい→結局高いこのサイクル、旅行好きなら一度は経験したことあります...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...