世界中のサーファーが涙。持ち運べる「バスタブ」がついに登場!

真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波乗りの魅力に取り憑かれた人たちに朗報です。凍えた体を芯から温めるアイテムがありました。持ち運び自在の簡易風呂!

海から上がって、
その場でドボン!

スクリーンショット 2016-01-04 13.16.15

要するに、浜辺に簡易的にお風呂をつくって暖を取ろうというものなんですが、お湯を焚いてそのままドボン。こんな誰もが思いつきそうだけど、現実できなかった感涙アイテムが、持ち運びできるなんて…「イエス!」思わず拳を握ってしまうのでは。

collapsiblehottab160104-04

すでにアメリカで発売されている、こちらのポータブル・バスタブ。金額から紹介すると、折りたたみ式のバスタブと給湯コイルがセットになって700ドル(約83,300円)。どうです? これ、完全に手が届く範囲ですよね。

ビニールプールを
熱サイフォンで温める

スクリーンショット 2016-01-04 15.10.37

スクリーンショット 2016-01-04 13.14.53

原理はいたってカンタン。汲み上げた水がこの銀のゴムホースのような専用コイルの中を通ることで熱せられ、バスタブ全体が温まっていく仕組み。このコイルの正体は、厚さ1.25ミリのステンレス鋼。これをプロパンガスの熱、もしくは直接薪で温めていくことで、熱サイフォン式に浴槽内の温かい水と冷たい水が循環させ、全体を温めていきます。

メーカーの説明によると、水温が40度〜50度に達するのに約3時間半かかるようです。これを逆算して海に入れば、上がった瞬間に温かお風呂にドボン!

スクリーンショット 2016-01-04 13.14.30

キットの総重量はおよそ20キロ、バスタブ部の容量は約850リットル。多少窮屈ですけど、大人5人が腰を付けて肩までお湯に浸かることが可能だそう。
では、どうやって専用バスタブに水を張っていくかというと…そこは、まさかの手動(笑)というか、専用の付属ツールがありません。代わりに彼らがおすすめしているのが、ハウスの灌漑や池の給水などで使用する高圧の軽量ポンプ。日本の大手メーカーのものでも5万円〜7万円。一応、この価格も加味しておかないと、宝の持ち腐れなんてことにもなりかねませんね。

場所を選ばず
温か〜いお風呂を満喫

スクリーンショット 2016-01-04 13.22.43

スクリーンショット 2016-01-04 13.14.05

もちろん、ポータブル・ホットタブはサーファーだけの楽しみではありません。たとえばツーリングの最中、絶景を独り占めして簡易露天風呂を満喫。他にも、活躍必至はキャンプ場でしょう。キャンプ中って、お風呂の問題が結構ネックになったりしますよね。このホットタブなら、大自然の中で温か〜いひとときが楽しめること間違いなし!ただし、公共の場では水着の着用忘れずに。

スクリーンショット 2016-01-04 13.13.53

もちろん夏場は、庭やバルコニーでビニールプールとしても◎。ポートランドのアウトドアメーカー「THE ORIGINAL NOMAD」 が制作したこの製品の詳細はこちらから。

Licensed material used with permission by THE ORIGINAL NOMAD

ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
そんなバカな!と思うかもしれません。が、本当なんです。この製品は、これまでの風呂の概念を覆すポータブルバスタブ「XTEND」。ドイツ人デザイナー、Cari...
大自然の中で、ハンモックに揺られると気分も癒されますよね。そもそもハンモックとは、寝ている間に動物や害虫に襲われる危険性から身を守るためにネイティブ・アメ...
写真はニュージーランド北島にある町パーマストン・ノースで撮影されたもの。よ〜く見て欲しい。駐車場の奥建物の屋根の向こうに出現したBIG WAVE。いったい...
人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染...
どこにでも持ち運べるし、4人まで入浴可能。お風呂を持ち運ぶって、できそうでできませんでした。持って行ったってお湯が沸かせないものですから。でも、これなら問...
普通に考えれば、冬に泊まる宿は暖かいほうがイイに決まってます。それでもあえて、極寒体験を売りにしているホテルがこちら。北欧などではよく見かけるアイスホテル...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
毎年、ひとつずつ年齢を重ねていくうちに胸のときめきが減ってきたのが、「〇〇食べ放題」という宣伝文句。常人レベルのキャパシティでしかない自分の胃袋には、そも...
伊勢の源流にたたずむ三重県・大台町。野鳥やシカが住む里山、カジカガエルの鳴き声が響く川、ほかでは見られない風景がここにはあります。 しかし今、近代化の流れ...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
「星野リゾート 青森屋」は、青森県三沢市の広大な自然の中に位置する宿。素材の味を最大限に引き出した心温まる“おもてなし料理”のほか、四季折々の風情が楽しめ...
赤ちゃんをお風呂に入れるのは、ママやパパにとっても意外と大変なお仕事。大人用のバスタブじゃ大きすぎるし、かといって専用のベビーバスはプラスチックが硬くて痛...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...
日本人の心のふるさと、お風呂。銭湯や大きなバスタブ、露天風呂などは日本人にとっても馴染み深いものですが、水が貴重で水道代が高い国では、じつはあまりお目にか...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
海を愛する二人のヨットマン。いくら拾い集めてもキリがないビニール袋やベットボトルといった浮遊ゴミを片付ける目的で、海にゴミ箱を設置しました。場所はヨットが...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...