海洋汚染をなげくサーファーが作った「飲めるプラスチック」とは?

人類が発明した便利な素材「プラスチック」。低コストながら加工性も高いので、生活のあらゆる場所で使われていますが、基本的に自然のなかでは分解されず、環境汚染の大きな原因にもなります。

とくに問題に上がるのが、海洋汚染。動物が飲み込んで窒息死してしまったり、有害物質を吸着して体内で濃縮されてしまったりと、事態は深刻です。

そこで立ち上がったのが、インドネシア在住のサーファー、Kevin Kumalaさん。100%天然素材で超安全な“水に溶けちゃう”プラスチックを開発したのです。

タピオカの原料
「キャッサバ」でできたバッグ

E6556ef825287d80fb823d68453da6b7b285b3b4

「I AM NOT PLASTIC」の文字が目を引くこのバッグは、タピオカの原料にもなっている「キャッサバ芋」のデンプンに、植物油と天然樹脂を組み合わせて作られたもの。

そのため、分解はとっても簡単。海に流出してしまっても数ヶ月で分解され、お湯に入れた場合は数分で溶けてしまうそうです。

飲んでも大丈夫なレベル

0406c03b48c7fd874ce376e219d909eca81ede42D6526996ac85978aaa8a5f4297a86fba81e422fe

もちろん、毒性もありません。Kumalaさんはプロモーション動画のなかで、お湯に溶かしたバッグを飲んで、その安全性を証明しています。

さらにバッグの部分だけではなく、印刷に使っているインクもアルコールを主体とした安全なものを使用するという徹底ぶり。

「いつか、すべてを
生分解性のものにしたい」

02841550c784fa9e2bc636a6f971a6f94324fa26

じつは、バッグだけではなくストローなどにも展開されています。代表のKumalaさんは、次のように語ってくれました。

「もちろんこのプロダクトを、インドネシアから世界へと広げていきたいと思っています。しかしすぐに達成することは難しいでしょう。

なぜなら、通常のプラスチックバッグは1970年代から現在に至るまで市場を広げていて、それに比べると生分解性プラスチックはまだ市場が成熟していないからです。さらに『生分解性』とは言っても、実際には特殊な条件でないと分解されなかったり、一部しか分解されなかったりすることが多いのも大きな課題です。

それでも、いつかはすべてのプラスチックバッグが自然のなかで分解されるものに置き換わって欲しいと心から願っています。重要なのは、一部の国や地域で行われているような『法による、分解されないプラスチックバッグの禁止』だと思います。

まだまだ長い旅路は始まったばかり、というのが正直な今の私の感想です。未来の世代に、もっと綺麗で自然に溢れた地球を残したい。その思いが、私の原動力になっているのです」

Licensed material used with permission by Kevin Avani
プラスチックの代替素材として、日本でも馴染みのある「寒天」が注目されています。なかでも日本人のデザイナーグループ「AMAM(アマム)」は、国際コンペティシ...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
写真はニュージーランド北島にある町パーマストン・ノースで撮影されたもの。よ〜く見て欲しい。駐車場の奥建物の屋根の向こうに出現したBIG WAVE。いったい...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...
環境保全対策の一環で、7月1日にスーパーで配られている使い捨てレジ袋の配布を禁止した同国。矢継ぎ早に使い捨てプラスチック製食器やカトラリー、カップの販売を...
6月29日、ニューヨークでアディダスのコンセプトスニーカーが発表されました。レセプション会場にアディダスが選んだのは、国連本部ビル。じつは、同日開催されて...
「More than a Club」これは、FCバルセロナが掲げる由緒あるスローガン。「クラブ以上の存在」であることを意味するこの標語は、決してピッチ内だ...
海には、世界全体で毎年800万トンものゴミが捨てられているそうだ。しかし、このプロジェクトなら大量の海洋ゴミを最小限のエネルギーで回収し、再利用することが...
世界大会をじつに11回も制した、サーファー界の生きる伝説ケリー・スレーター。彼が立ち上げたファッションブランド「Outerknown」、オシャレなことは言...
中国の環境汚染は、ここまで来ている近年急速に経済的な発展を遂げ、特に都市部の人口も爆発的に増加している中国。しかしその代償に、環境汚染が進んでいることもよ...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
「フロリダ州の財産はキレイな海のはずなんだ」。2013年、デルレイビーチに創業したブルワリーSaltwater BreweryのChris Goveさんは...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
世界中に溢れるゴミをなんとか有効活用できる方法はないものだろうか?なかでもプラスチックは自然にも還らず、海を漂い、プランクトンが食べることによって食物連鎖...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
スタンフォード大学と北京大学の研究者により、「ミルワーム」にプラスチックを生分解する能力があることが確認されました。釣りのエサなどで使われることもあります...