飛行機を待つ間にサーフィン?ミュンヘン空港に巨大人工ウェーブが出現!

夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。
じつはここ、ドイツ3番目の大都市ミュンヘンの国際空港!ターミナルの目の前に特設プールをわざわざ用意して、人工ウェーブに乗りまくる「Surf&Style」というイベントが、いまヨーロッパのサーファーたちの間でちょっとした話題を呼んでいます。

スクリーンショット 2015-07-16 23.25.55

ドイツ南部に位置するミュンヘンは海からも遠いため、なかなかサーフィンが盛んとは思えない土地柄ですが、意外にも街中をサーフボードを抱えるウェットスース姿の人を見かけて、観光客は驚くことがあります。
いったい、彼らはどこで波に乗るかといえば…それは川!

街の中心を流れるEisbach川の急流を利用した「River Surf」が大人気。ミュンヘンの人たちにしたら、リバー・サーフィンが基本だそう。

スクリーンショット 2015-07-16 23.11.10

スクリーンショット 2015-07-16 22.41.21

スクリーンショット 2015-07-16 22.41.32

スクリーンショット 2015-07-16 22.40.55

ミュンヘン国際空港公式サイトの情報によると、波間がライトアップされる夜のセッションでは、DJによる音楽に合わせてライディングが楽しめるそう。また、期間中もっとも盛り上がりを見せる「欧州選手権」では、華麗なプロボーダーたちに交じって、Eisbach川で鍛え上げた地元ミュンヘン代表のリバーボーダーたちが、メイクに挑戦するエキシビジョンも用意されているようです。

海がなくともこの盛り上がり。 この夏、ミュンヘンを訪れる人は、サーフボードが必要かも?

Licensed material used with permission by Munich Airport

年末年始、飛行機に乗り遅れそうになって焦ったりしませんでしたか?たとえば、まだチェックインの最中なのに「フライトまであと5分」という最終の搭乗アナウンスが...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
搭乗予定だった便が遅延していることをネットで知り、数時間遅れて空港へ行った3人の女性。到着してみると、他の乗客はみんな一足先に別の飛行機に乗ってしまったと...
「KOBE-REYES-(コウベレイーズ)」は、国内唯一の人工サーフィン施設。未経験者をメインターゲットとしているため、用具のレンタルも可能で無料講習も開...
50万以上の植物に囲まれている空港がある。 2015年3月、イギリスのリサーチ会社スカイトラックス社は、シンガポール・チャンギ国際空港を世界で1番の空港と...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
大阪の空の玄関口、伊丹空港―。その滑走路から飛び立とうとする飛行機の写真が、ロマンチックすぎる!と大きな話題に。Twitterでは、絵やCGだと思ったとい...
アメリカのイベントマーケティング・マネジメント会社であるBook That Eventが主催する、犬のためのサーフィン大会が今年も開催されました。場所は、...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
「日本の公共交通機関は、世界一時間に正確」これは一般的によく言われていることですよね。特に鉄道。1分のズレをも決して良しとしないその姿勢は、多くの訪日外国...
2015年12月10日、バレエダンサーのニック・トペテがこの動画をFacebookにアップしたところ、瞬く間に再生回数が650万回を突破!飛行機遅延のあい...
空港での時間のつぶし方を人にたずねると、その選択肢は意外と少ない。カフェやバーで飲んだり食事をするか、免税店を見て回る、もしくは早々に搭乗口へ向かい、タブ...
旅行は楽しみですが、空港での待ち時間って長くてストレスがたまりますよね。とくに年末年始は混み合っていて、それだけでも疲れてしまいます。でも、米・サンフラン...
子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラの...
Wi-Fi、飛んでる?いつしか、そんな言葉が海外旅行へ行ったときの決まり文句になりました。とくに、現地に到着してすぐ、空港でインターネットを使いたい人も多...
米メディア「TakePart」で、ジャーナリストPadma Nagappan氏が、サンディエゴ国際空港の節水対策に注目した記事をご紹介。記録的な干ばつ被害...
格安航空会社(LCC)の存在も後押ししてか、ひと昔前に比べると日本はギュッと小さくなりました。それに伴い、ここ数年で日本人の新しい暮らし方のひとつとして定...
舞台は2016年1月某日の「夜の空港」。離発着が減り、人の往来も少なくなっているトランクレーンで、リアル「人生ゲーム」が仕掛けられました!荷物の下にはサプ...