こんな有村架純見たことない…ワイルドすぎる環境に体当たりしたショートドキュメンタリーが話題

手つかずの大自然が広がる緑深い森の中に、有村架純さんの姿はありました。ここは沖縄県、やんばる地方。彼女が過酷な亜熱帯雨林に足を踏み入れた目的は、世界最高峰のドキュメンタリー番組「ナショナルジオグラフィック」の撮影。

今までの撮影とは、全然違います。

ヤンバルクイナやノグチゲラなど、希少な野生生物が暮らすこのエリアは動植物にとって住みよい環境です。しかし、人間が長時間滞在するには非常に過酷。湿度90%、うだるほどの暑さ、そして肌を刺すような日差しが山々に注がれるのです。

彼女が大自然に挑戦した理由とは?

SK-IIの新しい挑戦。
ナショナルジオグラフィックと手がけた
ショートドキュメンタリー

9242422a1ac9143f053b7600181926d1c2ec7d47

この映像は「Face The Wild(大自然への挑戦)」と「Face The Camera(カメラへの挑戦)」の2部構成。前半はナショナルジオグラフィックの探検家の案内で蒸し暑い亜熱帯雨林をトレッキング、後半はトレッキングの後に行われた絶景ポイントでのSK-IIのビューティ撮影を記録しています。

長時間外にいると、どうしても日差しのせいで顔が乾燥してきてきたと思うことがあるのですが、今回はあまり感じませんでした。撮影を終えた今もいい感じです。

冒頭で紹介したように、有村さんにとって大自然での挑戦は非常に過酷なものだったそう。しかし、彼女の肌は過酷な環境にさらした後でも潤いを保っているように見えます。

D9b6d350ef8ac9d6462bb85ac791ed0f8f02a43c

今回の挑戦は、SK-IIでお手入れをした肌は厳しい環境でも揺るがず、美しさを保つことができるのかを試したもの。過酷な挑戦を振り返り、有村さんは「私の肌は驚くほど元気です。」と普段からSK-IIできちんとスキンケアしてきた肌への自信を見せました。

4名のセレブが大自然に挑む
世界で注目を集める映像シリーズ

C4c84fc7ac360e4bc79cd3b3e5cefd68d3627b40

実はこれ、日本だけで展開されているものではありません。『SK-II』とナショナルジオグラフィックによる新映像シリーズ「大自然への挑戦―SK-II:Face the Wild | Face the Camera Extreme Expeditions」として、世界的に注目を集めている映像シリーズなのです。

出演するのは世界のSK-IIアンバサダー。有村さんをはじめとする4名のセレブリティが地球上の過酷かつ極限の環境へと赴き、壮大な自然のなかで「肌へのチャレンジ」を試みています。

キアラ・フェラーニ×アメリカの砂漠

Ba33b7d8c2f664c2106e8369c5b0cba1d1e43909

ファッションアイコンとして世界中で注目を集めるキアラ・フェラーニさん。ネイティブ・アメリカンの人々が1,000年以上前に去って以来、この地で人が暮らしたことはない、水もなければまるで月のようなアメリカ西部の砂漠地帯を巡りました。

イ・シヨン×インドネシアの活火山

Aff01782d8c8a58f9e899b34514d30d2d7da1bc8

女優でありボクシング韓国代表でもあるイ・シヨンさんはジャワ島にある「イジェン火山」へ。そこは、硫黄ガスが充満し、埃とガスで息をするのも辛く、目もあけられないほど危険な活火山。ガスマスクの着用が必須のトレッキングでした。

ニニ×中国北部の雪山

A65943bd355d73556d991176cb7749b246b01879

マイナス30度の極寒地帯に赴いたのは、中国の人気女優ニニさん。低体温と凍傷の危険と隣合わせ、極限の大自然にてトレッキング&ビューティ撮影に挑戦しました。

過酷な環境でも、
揺るがない肌へと導く

これは、単なる話題作りのために実施されたプロジェクトではありません。『SK-II』の絶対的な美肌への自信があったからこそ、なし得たことと言えるのではないでしょうか。

4名が使い続けているのはSK-IIのNo.1人気化粧水「フェイシャル トリートメント エッセンス」。肌本来の働きを整えるピテラ™を90%以上配合し、その人それぞれの肌悩みにアプローチ。厳しい環境でも揺るがない、透明感のあるクリアな肌へ導いてくれるでしょう。SK-IIは今までもこれからも、「きれいになりたい」と願う全ての女性をサポートします。

67f7ab68aa49943152b4230efa5bc12269e1ec5b
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
もしも、スマホを盗まれてしまったら?画像や個人情報を見られてしまうなど、様々なリスクが予想されます。オランダに住む映画学校の学生、Anthonyさんも過去...
ワインのように熟成させることは珍しい鮮度命の日本酒生酒。酒造が設定している解禁日にでも見学しない限り、なかなか「しぼりたて」を当日中に飲むことはできない。...
映画鑑賞する際、監督や出演者をチェックする人は多いが、配給会社で映画を決める人は少ないのでは? けれども、多少なりとも社会問題に関心があり、世界で起きてい...
ナショナルジオグラフィックが共同主催する「ドローンスタグラム」は、2014年にスタートした国際コンテスト。第4回目を迎えた本年度も、様々な趣向を凝らした空...
そこは、ドローンを使って撮影した作品だけが集まるアカウント。地上にいては、まず見ることができない色やかたちに気づかせてくれる鳥の視点は、いまや撮影手法のひ...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...
2015年6月、アメリカ全州で同性婚が認められたことは大きな話題になりましたが、そこに至るまでは長く険しい道のりがありました。1月30日に公開された『ジェ...
遠くから迫るジェット音がやがて大きな爆発音に変わると、ストレッチャーを持った男たちが崩れかけた建物の中へと飛び込んでいく。その後を懸命に追っていくカメラは...
NYのメトロポリタン美術館(通称メット)では、毎年5月第1週目になるとアート・ファンとファッショニスタが注目する美の祭典『メットガラ』が開催される。このオ...
ドキュメンタリーTVの「ナショナル ジオグラフィック」が“ドキュメンタリーを体験する”をコンセプトに主催する「ナショジオ ツアー」の第1弾「ネイチャーフォ...
今年もナショナルジオグラフィック(通称:ナショジオ)が主宰するフォトコンテストのファイナリストが発表されました。コンテストは「風景」「環境問題」「アクショ...
答えは、都会のカラスの巣。新進気鋭のネイチャーフォトグラファーである柏倉陽介氏が撮影したものだ。「柏倉さんを代表する作品ってどんなものなんですか? いろん...
太平洋に面した温暖な紀州和歌山県。そこで育てられた柑橘類の果皮から作られた、日本では珍しい合成香料不使用のアロマオイルがあります。製造したのは酒造メーカー...
登山家よりも、重い機材を運びながら仕事をするカメラマンのほうが過酷なのではないか…そんな話を1度や2度は聞いたことがあるはず。プロの使う機材は、一眼レフで...
映画『ミスター・ダイナマイト:ファンクの帝王ジェームス・ブラウン』が6月18日より順次公開される。これは、2015年に日本で公開された伝記映画に次ぐ、ミッ...
先端部分に注目。ここにテクノロジーが集約されているのです。中には植物の種がびっしり。地面にトレッキングポールを突き刺すごとに、種が埋め込まれる仕掛け。
ヨガをしたこともなければ、それがなんたるかも実際はよく分からない。自分のような人間がヨガ映画を観るなんてこと、普通であればまったく想像できません。でもこの...
その外観を見ているだけで、ワクワクするような冒険が始まる気がします。この山と出会えたら、『インディー・ジョーンズ』の映画を観た時のように、目を輝かせてしま...
水質汚染、温暖化によるサンゴの白化、海洋ごみと、海をとりまく環境問題は、どれもとっても深刻な状況です。そのひとつ、毎年800万トン近くが海へと流れ出ている...