音楽、本、アート。それぞれを愛する人のために「極上のスイートルーム」をつくりました。

「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものですが、そのための大事な要素が「宿泊施設」であることは間違いありません。どれだけ外で地元民っぽい過ごしかたをしたとしても、帰ってきたところが「THE HOTEL」という部屋だと、台無しになってしまいますからね。

言うまでもなく、Airbnbが大きな力になるのは分かっています。が、ここでは、ホテルに泊まりながらもそれを実現してしまう、特殊なパターンを紹介したいんです。まあ、すべての人に当てはまるわけではなく、一部の人にどハマりする種のものなんですが。

昨夏のフルリノベーションを経て…

30f28534981ec72998f0b71a59d0160e64f3f7d7

舞台はアムステルダム。「Pulitzer Amsterdam」は、昨年8月に全面改装が完了したホテルで、運河沿いの立地がこの街との距離を一層縮めてくれる気がします。

客室や中庭、バー、レストラン、ミーティングスペースなど、さまざまな空間がリノベーションされたのですが、特筆すべきは内装に趣向を凝らしたスイートルーム。そこにホテルの一室という印象はなく、あくまでも「音楽」「本」「アート」を趣味とする人たちのこだわりのマイルームに見えるのです。

MUSIC COLLECTOR'S SUITE

Dd2d07df9257aba8db6260b0a9c1b65aa11cd0fd3bb9e975fef6835f9f110d7fed8e7a18a1481e213aaacf42472ac21ded28b143a665224ddd40e097757c4ebe1f3893f95513f4842d5df95488c39a6d

BOOK COLLECTOR'S SUITE

Fed6895fb6781a06fdd970ab5e29af667776b535464dcc893c08ceb9bafd274848212e83b9d53d5bEa7e2000b62b1464ae847faf7731ef5e8fbcc7f83a15aba236bfaa86c4d12f8cbdaed1702d5f7db9

ART COLLECTOR'S SUITE

0ce5379194f87c4a240fe1ec66be83905a9a3b95B9aa93d707d8d84925607fdfc9e332f7e03c3093337f3de19fe6a4d6e57cd241850fab0a7f9c6dcc59486f1de47c3ae2e0f04cb28c66bc2d8c18b9e3

MUSIC COLLECTOR'S SUITEは、なんといっても壁にかけられたトランペットが目を惹きます。洋書が見事にディスプレイされたBOOK COLLECTOR'S SUITEには、“本のトンネル”も。ART COLLECTOR'S SUITEは、さながらプライベートギャラリーのようですね。

ねっ、一部の人はどハマりするでしょ?

Licensed material used with permission by Pulitzer Amsterdam
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
初めてヨーロッパを訪れる人には、アムステルダムを勧めたいという人は多いようです。近代的で美しく、どの国から来た人であっても大きなカルチャーショックを受ける...
ここ数年、エコマインドなヨーロピアンに人気の生活スタイルが、古い貨物船を改装して居住空間へと変えた「ハウスボート」で暮らすこと。これを気軽に疑似体験できる...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
もうカプセルホテルは日本だけのものじゃない。進化したカプセルホテルがアムステルダムに。若い世代には嬉しい、アプリなどを使ったサービスも。CityHubに泊...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
マクドナルドで注文すると、トレイの上に紙のシートが敷かれていますよね。食べ終わったらいつもは捨てちゃうあのシートですが、オランダのとある店舗でとてもユニー...
「超実験的!」主催元のチームラボがそう言ってしまうほど、前代未聞のイベントがあります。ここまで潔く表明されると、逆に気になって仕方がありません。音楽フェス...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
音楽は見て再生!そんなアイデアを元につくられたシステム「REIFY」が斬新です。以下の動画で紹介されているように、その再生方法は、目の前にある造形物をスマ...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあったこれまでの旅の記憶をひっぱり出して、様々な...
雨水がビールに!?冗談みたいな話に真剣に取り組んでいるのは、オランダのアムステルダムにあるビール醸造会社。そもそも、話の前提は、気候の変化によってオランダ...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
見ず知らずの100人で、1冊の本を作る。一体どうやって?と思うかもしれません。その答えは、道行く人ひとりひとりに1ページずつ書いてもらう、という意外な力技...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...