本と音楽が大好きなあなたに、とっておきの一夜。

音楽が好きで、それに劣らず読書も大好物だったもので音楽ライターなんていうナリワイをやっているわけですが、そんな自分にとって「Contexts」はこの上なく魅力的なイベント。

何しろ“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。このコンセプトだけで、なんだか好奇心がムズムズしてきませんか?

第一回は大盛況!

去る7月23日に行われた記念すべき第1回目には、PredawnベランダAlfred Beach Sandalという魅力的な3組が出演。

「"文脈を大事にする"というテーマのイベントなので、過去の音楽をルーツに持ちながら、それを消化して新しい表現としてオリジナルの素敵な音楽を鳴らしている方をお呼びしました」(主催者談)

大勢のお客さんが詰めかけ、実際に各アーティストおすすめの本を買っていかれる方も多かったそうです。

D55e92850dd2949440dc6527b217622901caa022

Predawn

Ea593cbb56ac0c82ad710488969c4ca238fdd4f2

ベランダ

7f00ca2d4a4cd906d59e6bbdd663b0b24eeb7881

Alfred Beach Sandal

創作の秘密が垣間見える選書

Dc24bbd1e1ef56a94a4a72fbb5904ccf82356642

一例として、Predawnさんの選書とコメントをご紹介。個人的な好みに近くて、なんだかとてもうれしいと同時に、彼女のどこか切なく奥深い音楽の“秘密”を垣間見たような思いです。

01.

カズオ・イシグロ 「私を離さないで」

映画化もさているみたいですが、繊細な心理描写をかみしめて頂きたい一冊です。私もそろそろ二周目を読もうと思っているところです…

 02.

ポール・オースター 「ムーンパレス」

2回目に読んだ感想は「主人公、ダメなヤツだなー」というのも少しあったのですが、やっぱり若くて向こう見ずで、とても魅力的な本でした。P.オースターを初めて知る人におすすめです!

03.

大森荘蔵「流れとよどみ -哲学断章- 」

少しとっつきにくいフォントですが、すっと心に(頭に?)しみこんでくる哲学書です。日常がちょっと変化して見えてくるかも知れません…!退屈しているあなたにおすすめします。

Keishi Tanakaらを迎え
9月23日に第2回が開催

836a283f885c7f95830c7436d88ed9e8af86df22

好評ゆえ、早くも第2回目が9月23日(土)に開催されることが決定。

出演は、Keishi TanakaDENIMSYOUR ROMANCEと、今回も魅力的なラインナップ。古き良きもの、現代的なものが共存する神楽坂で、"Contexts"(=文脈)をたどる楽しさを感じてみませんか?

チケットやイベント詳細についてはこちらを、最新情報は公式ツイッターでご確認ください。

「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。...
1日1店舗。これは、日本で閉店している書店の数です。本屋さんがない街、というのも珍しいものではなくなってきました。そこで登場したのが、この移動式の本屋さん...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
5月20日(金)に東京・神楽坂にオープンしたばかりの「WithGreen」は、その日の気分や体調に合わせて野菜や肉、玄米、トッピングやドレッシングなど全て...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
ジャズの生演奏はライブハウスよりも、小さなバーなどで行われることが多いですが、そのルーツは、ジャズの歴史にあるのです。今回はちょっと変わった成り立ちをもつ...
フェスやライブ会場にいるとき、何かに取り憑かれたような高揚感に浸れるのには理由があった。心地いい音楽によって、単に自分がハイになるだけでなく、周囲の人々か...
コンポーザーやアレンジャーとして活動していますが、最近はサウンドファシリテーターという仕事が増えてきました。どんな仕事? って感じですよね。具体的には通常...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
ジャック・ジョンソン、ノラ・ジョーンズ、MOBY、大物アーティストたちが自宅のベッドルームで、あるいはレコーディングスタジオに布団を持ち込んでプレイする。...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオは、サウンドを可視化した斬新な映像作品だ。特定の周波数が生み出す音の...
「ディジュリドゥ」という楽器がある。オーストラリアの先住民族アボリジニが、数万年前から儀式などの伴奏に用いてきた世界最古とされる管楽器だ。そして、日本を代...
そう聞くと、「ニコニコ動画」や「ツイキャス」と何が違うの?と考える人もいるはず。でも、「Fanify」には2つの大きな差別化ポイントが。このアプリを使えば...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...