本が好きなあなたに。こんな「ブックマーク」はいかが?

「CoolBookmarks」は、本を愛するクリエイター「Lena and Dmitriy」がつくったブックマーク。読書好きの人にピッタリかもしれません。

C5be8a3dda2a5d6c38257c91f77bae227d08e70392977ee045f4772407b9ef6033b0a8b041cfbeae2bd04975fae61ff31c0d352fc029567501155d0cE4d11b7620f0ff2e4f4a5373c0b0bc56e90ba08b196dc39b29fc3c9397fa9a27c8e162829a6f2bee72876cf6f943377c4c2c6d7e5aa6651ec2411df16041ef4c66cf194498f2a7da086b47d16e16eff82a1527ca48877915d0aedb83b5e02f6b6aeb77f6Ce501549d965855a66fa25e3b48d3f9324c0e87e32475770c3dd3978221862f63006d28dab045e808b024754d6d2460008f4d5adf8510b1dec743e039258c9555bca3e16e71bbd05182b2486107f86e4E2da7acd315e97fbd9eb7e57f059d25e7ece71ffFadcefe6635c67b01ef01cdea4b7ab29d4633b3a2eb92ec14bf7b0c024021cb08d9cb81b8d9df0bf20d92fe9f752b45d20402b14441c39c9efe0d965C10144cbbaada7f56e9cb7596adab46b0bde85fcFa65cd4a6d56275bf92786fcb2ec8253592771b2

価格は、送料込みでひとつ15.99ドル(概算1,817円)。そのほかユニークなブックエンドなどが選べます。「Etsy」でチェックしてみてね。

51043dcb1f8c1e0aa2ca12acb0a845ed30fe5258B0262a86d277fc8b5dee35b1996c97c597218f1e10b8bd08b88bc1c0688f02e4d11aab2cd9d400a5
Licensed material used with permission by CoolBookmarks
「本はやっぱり紙派」ならば、しおりは人それぞれ好みが分かれるところ。本に付いているヒモを活用する人もいれば、いわゆる「しおり」を使う人もいるでしょう。今か...
ブックバスのプロジェクトを立ち上げたのは、インターネットを中心に古本の買取販売を行っている「バリューブックス」。古本の買取と寄付によって本を集め、それを販...
自分の名前とはとても大切なもののはずです。子どもだった頃は、胸に名札をつけたり、体操服には名前入りのゼッケンをつけていたり、給食袋とか上履きとか、鉛筆とか...
ラトビア出身の女性アーティスト、アニコ・コレスニコヴァが、ポリマークレイや石、鉄、金などを使って手作りした「ブックカバー」が凄い!細やかな装飾が施されてお...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
一見すると、本や手帳のよう。でも、開くとマジックのように幻想的な光が広がる。生まれたのは、これまでになかった“まったく新しい照明”です。この「ルミオエスエ...
読書の秋だ。本の素晴らしさって、どこにあるのだろうか? ウェブで情報がこんなにあふれている時代に、それでもまだ1冊の本を手に取る意味って何だろう?私たちが...
最後に図書館を利用したのが、いつだったかうろ覚え。という人も多いでしょう。たとえ本好きだったとしても。IC(集積回路)の導入とともにデジタル化が進み、利便...
「Contexts」は“音楽”と“本”をテーマにしたイベントで、粋なミュージシャンがライブパフォーマンスと共にお気に入りの本をリコメンドするという内容。こ...
本からはみ出なくて、しかも落ちにくい。メモ帳や折り紙で簡単に作れる「母さんお手製しおり」がTwitterで話題です。こちらが@rukow994さんのツイー...
内部障害や難病を抱えている人や、義足や人工関節を使用する人たち、あるいは妊娠初期の女性。配慮やサポートが必要なことがあっても、見た目には分かりにくい。そん...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
「自分の成長のために」と読書を日課にしている人も多いのでは?ここでは、日々の限られた時間、最低限の労力で、いかに読書を有効な「自己投資」に結び付けられるか...
より充実した読書習慣を送るために重要なのが、読む本を「選ぶ力」。本を選ぶには誰の意見を聞けばいいの?本当に良い1冊に出会うには?自分の成長のためにはどうし...
読書には、どこか知的なイメージが伴います。電車やバスの中で本を読んでいる人がいるとつい気になって見てしまう、なんてこともありますよね。そういう意味ではこの...
このライフブックは内省ができる本。ワークに沿って書き込んでいくのが特徴だ。好きなことを見つけたり、夢や目標の捉えかた、1ヶ月ごとの振り返りシート、具体的な...
読書好きな女性ほど、いい彼女になるーー。そう主張するのは、実際に読書好きな彼女を持つという「I Heart Intelligence」のライターStanさ...
本を選ぶ基準は何でしょう?まずは、装丁のデザインを見て、本のタイトル、著者などなど、いくつかチェックしていく要素がありますよね。オーストラリア国内に7店舗...
親に「目が悪くなるよ」と言われながらも、布団のなかで夢中になって本を読んだ子どもの頃。あとちょっと、と思いながらも止まらなくなって、結局朝を迎えてしまった...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...