プライバシーを重んじる現代だからこそ生まれた「特別なノート」

ノートの中身を見られるのはすごく恥ずかしい。

僕は、仕事でミスしたことやもらったアドバイスを書いているから、誰にも読まれたくない。

その内容が日記だと、なおさらその思いが強くなるかもしれない。ありのままの思いを書いているし、愚痴をこぼしていることもあるから。だからこそ、見られないようにと引き出しの一番下に隠してきた。

でも、これからは机の上に堂々とノートを放っておいても大丈夫そうだ。

もう、誰にも読ませない。

Fcb4ccc4cfd64985843c9e5e699993e804601d5a

この「LOCKBOOK」は、指紋認証ロック付きノート。指紋は2つまで登録することができ、それ以外では開けることができないそう。

たとえば、カップルでお互いに登録すれば、誰にも見られない2人だけの想いを綴ったノートを作ることだってできるかもしれない。

好みに合わせてカスタマイズ

217c242dc4eaf3a34d08d691451c6daa7e5e7565

自分の好みに合わせて、これだけの詰め替え用紙が選べるとのこと。

2d27c3e4c769b927dc4390fe5a3f523f8a9f56fe457684fbc4a784f71239dc0fe6f5995409e16c01

このノートには、クレジットカードやパスポートを入れるスペースがあるので、旅先に持っていく貴重品入れとしても使えるかもしれない。

他にも、ポケットや地図、付箋、定規などのアクセサリーが増えるらしいので、様々なシーンで活躍してくれそう。

どこに忘れても
読まれる心配はない

8018c8008d71a9ede6fde63e7626ff5e5b0f5b16

厚さは2.4cmとiPadの3倍以上。下の画像を見ても、確かに分厚いのが伝わってくる。

でも、万が一紛失してしまったときに中を見られる薄いノートよりも、かさばってしまうけれど、大事な情報を守ってくれる分厚いノートのほうがイイ、という考え方もできるかも。

67cc10de52815b34b368c77d12171f209704cef7

この「LOCKBOOK」は、「Makuake」にてクラウドファンディング中。期限まで約40日を残しつつも、すでに目標額の2倍以上を調達。現在は赤と黒の二色展開だけど、正式販売時には色のバリエーションを増やす予定らしい。8,880円(税込)から購入可能で、今オーダーしたら8月中には届くとのこと。

Licensed material used with permission by Makuake
プライバシー。それはこの情報化社会を生き抜く上で、避けては通れない概念。しかし実はあまり知らない、という人も多いのではないでしょうか。とくに日本は、西洋に...
「Rekonect Notebook」は、冊子の真ん中にあるノド部分から各ページを自由に着脱できるノートです。まずは以下の動画を見てみましょう。ノドの盛り...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
2020年の東京オリンピックまで、あと4年!各観光地を中心に積極的なインバウンド施策が進んでいますが、政府の「この夏に外国人観光客の指紋認証を使った決済シ...
ゴッホやピカソ、ヘミングウェイなどアーティストたちに愛されてきた伝説のノート、モレスキン。黒い表紙をゴムで留めるデザインはシンプルで2世紀以上愛されている...
2016年元日、一人の女性のつぶやきがTwitter上で拡散され、大反響を呼びました。【拡散希望!】と彼女が呼びかけた背景には、おじいちゃんの作った「方眼...
左利きのあなた、こんな悩みがありませんか?利き手が左の人にとっては避けられないジレンマ。ノートの書き方を変えるわけにもいかず、悩みの種ですよね。でも、そん...
キーケースから鍵を出す、あるいは、ナンバーロックを打ち込む。「Ola」ならそれらの動作は必要ありません。ドアノブに手をかけるだけで、家主を指紋認証。1秒足...
以前、TABI LABOの記事でも紹介した、代々木八幡の『HININE NOTE(ハイナインノート)』は、表紙や中身の色や素材、綴じ方はもちろん、ノートを...
普段、何気なく使っている道具。しかし、誰だって手に馴染んだ替えの効かないものや、仕事に使うならこれでなくてはダメだというものが1つや2つあることだろう。も...
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
人の行動を変える専門家として活動している永谷研一さんの著書『できたことノート』では、物事がプラスに転じる方法を紹介しています。気がつくとマイナス思考になっ...
普段使いのノートとして、〈コクヨ〉の「測量野帳」をいつもカバンに入れています。その名のとおり、もともとは屋外での測量用として誕生したこのノート。1959年...
パスワードの入力って地味だけど大変。スマホをポケットから出すたびに解除操作をしていると、一体1日に何回やってるんだろうと考える。さらに登録しているサイトの...
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
通常のソレとはまったく異なる形状のウォーターボトル。まるでノートのようなビジュアルに、多くの人が虜になっている模様です。なるほど、確かにその気持ちわかりま...
手書きの質感が大好きなアナログ派におすすめしたい、スマートデバイスがあります。ペンも紙も自前でOK。それなのに描いたものがちゃんとリアルタイムで保存できる...
まるで三面鏡のような形をした追加スクリーン「Slidenjoy」は、パソコンに取り付けるだけで、簡単にスクリーンを増やすことができるというもの。複数人で映...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
同じものを持った人はふたりといない、とも言われる「指紋」。最近では、ピースをしているスマホの写真からも指紋分析できる、なんていうニュースも話題になりました...