業界初!「完全自動セルフレジ」のハイテク感がこちら。

時折見かけるコンビニのセルフレジ。自身で商品のバーコードをスキャンし、袋詰めする必要はあるものの、慣れてしまえば何てことはありません。せわしない朝の通勤時には、有人レジには長い列があっても、セルフのほうはガラガラなんてこともあり重宝される存在と言っていいでしょう。

…と聞いて今あなたがイメージしたものの、一歩も二歩も先をいく最先端のセルフレジがこちら。業界初となる「完全自動」を実現していますよ。

買い手の手間を
徹底的に省いてくれる

Medium 3bdac7b688ec05794bdd4569cd0595e1713f78ec

パナソニックが開発した、その名も「レジロボ(R)」が設置されたのは「ローソン パナソニック前店」。同社のお膝元、大阪府守口市にあるこの店舗は、次世代型コンビニエンスストアと位置付けられており、さまざまな実証実験に取り組んでいます。(※同店舗での「レジロボ(R)」の実験はすでに終了。現在は設置されていません)

前置きはここまでにして、いざ本題へ。使い方は以下の通り、めちゃくちゃカンタン。

まず、専用カゴをとる

Medium b0737cf1f3cd70de415a789e91e4e83a7ec341e3

バーコードリーダーで
商品をスキャン

Medium 7418e26c8aa45d4e3a771035ce65dbab8e55630f

カウンターにカゴをセット

Medium 4e0dfc695138fa919e7e60168b202b1ea26b4b17

合計金額を確認し、
支払い方法を選択。すると…

Medium 4ece7d02e115500d08d9d5e9158db30dbb90f4cc

 ここがポイント!
なんと「袋詰め」まで自動

Cfeed52939f3a7af98ad6783bda17a06e8e8cf51

これこそが、“完全自動”の意味するところ。「スキャン」「袋詰め」といった買い手にとっての手間を徹底的に省力しています。

Medium 8a6d3246e0714318d75ee7b71208badbf8f93783

「導入して以降、『今日は有人レジが混んでいるからレジロボを使おう』と、個人で判断して使っている方が多いです」と同店舗の店長。

また、店員が商品のスキャンや会計、袋詰めから解放されることで、客への声かけや清掃など他の業務に時間をかけることができるようになり、サービスの質が向上できるのではないか、とも。

Medium 6e3a9785770ac3323c77345828657eb7e03dbe84

将来的には、全商品に電子タグをつけることで、スキャンの手間すらも省ける予定。2017年後半から、国内の他の店舗でも実験を開始するとのことです。

万引き防止はもちろん袋詰めのムダ撤廃など、パッと色々な課題が思い浮かぶけれど、まあこちらが指摘するまでもなく検討済みのことでしょう。そんなことは気にせず、この“最先端”を、ただただ体験してみたい。もし近くのコンビニで実験がスタートしたら、必要でなくともとりあえず2、3品買っちゃいそう。

Licensed material used with permission by パナソニック株式会社
ナキア・ロビンソンには、お気に入りの店員さんがいました。ミシガン州のスーパーマーケットで働くルーカス・ホリデーは、なんと歌をプレゼントしてくれるんです。レ...
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
インドネシア・バリ島で、この数年間のあいだに大きな変革が起きていたことを知っていますか?2013年、当時10歳と12歳だった姉妹が始めた「レジ袋ゼロ」運動...
7月1日より、フランスでレジ袋の配布が禁止になりました。スーパーマーケット、薬局、パン屋、ガソリンスタンド、屋外マーケットなどなどに行く際は、エコバッグを...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
デスクワークや日常生活からくる、つらい肩こり。マッサージに行きたくても「時間がない」という人は多いはず。もっと手軽に、しかもお金をかけずに解消できたら…。...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
日本における乳がんの罹患率は、年々増加傾向にあります。この病にかかる可能性は、実に、16人に1人と言われているほど。もはや、決して他人事とはいえない疾患な...
子どものころはワクワクしていた誕生日も、大人になるとちょっぴり複雑な気持ちになるもの。それならば、またひとつ大人になることをポジティブに受け止められるよう...
言葉の力は偉大。人の心を喜ばせることができるし、悲しませることもできる。何かアクションを起こすきっかけ(Trigger)にもなったりする。今回紹介する『ト...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
自覚がないからこそ実は深刻な『彼氏依存症』。では、一体自分はどの程度の依存度レベルなのか。それがセルフチェックできる10の診断項目を設定し、あてはまる項目...
ビジネスを成功させるには、自分をプロデュースする能力だって必要。人との接し方、振る舞い方、ブログやSNSの見せ方など、毎日の生活でできるセルフプロデュース...
日本にやってきた交換留学生たちが、“コンビニ愛”を自作の歌とともにPVにしました。タイトルはずばり『Konbini Ikou!(コンビニ 行こう!)』。「...
2016年の4月末。海外メディアが「これぞ高度文明だ」と紹介した日本の技術がありました。それはなんと「駐輪場」。ハイテクな駐輪場って何?とも思いますが、動...
今月中旬。ある男性がチャレンジした世界初の試みは、ドローンで自身の体を吊り上げ、はるか上空から落下するスカイダイビング。その様はむしろ、ダイブというより「...
少し旅慣れた人なら、利便性よりも先にリスクが脳裏をよぎるはず。とはいえ、そのアイデアや目を引く動画はあっぱれ。まるでペットの子犬が自分のあとを追いかけてく...
イギリスの医師マイケル・モズレーは、BBCのプレゼンターとして、また科学・医学番組のプロデュースも手掛けるなど、マルチな活躍でお茶の間に知られた人物。この...
シルク製品は、高級感のある柔らかな光沢としなやかで滑らかな肌触りが魅力ですが、とにかく扱いがデリケート。デイリーユースで買うにはちょっと勇気がいるお値段と...