大人のセンスは「好き」を極めることで見えてくる。

「あなたが好きなもの」=「センスが良いもの」。非常に理想的なことですよね。しかし現実ではそうはいきません。好みのものが世の中的には流行に合わないと思われたり、古いと感じられることだって往々にしてあります。

フォトスタイリストの窪田千紘さん著『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』では、自分の好きなスタイルがあるなら、たとえ他の人が魅力的に感じなくても、突き詰めると見えてくるものがある、と伝えています。

どうしても「好き」なら
とことん試そう

4c9902d3bc0f3fd7c58ee55e03a5826543f4f57d

ファッションにしてもインテリアにしても、小さな頃から「カラフル」な組み合わせが好きで、大人になっても、何種類ものビビットなカラーリングをコーディネートに取り入れている、という人もいるでしょう。しかし、あまりにも派手な色使いをしてしまうと、どうしても子どもっぽさが強調されてしまいます。ほとんどの大人は卒業していくジャンルです。

しかし、あなたが今まで生きてきた嗜好は誰も否定することはできません。もし「カラフルな配色」が大人になった今でも好きだというならば、様々なパターンを試してみてください。

他人からはセンスが悪いと思われるものなのに、なぜチャレンジするべきなのか?その理由も見ていきましょう。

追求していると
見えてくるもの

じつは私(著者)も「カラフル大好き女子」のひとりでした。30代まで自宅の壁はメロン色、その部屋にピンクのソファーを置いていました。変わった家だったので取材もしょっちゅうありましたが、結局、引越しを機に落ち着きました。

この経験から感じるのは、とにかく「好き」は一旦とことんまで追求したほうがいいということ。モヤモヤしながら進むよりはスパッと思い通りにして、あとは流れに身を任せるのがベターです。こうすることで、突き詰めなかった場合よりも数段感性が進化します。

私は、好きを極めたおかげで、パステルカラースタイリングが得意ジャンルのひとつとなりました。このように、自分の仕事に反映できるだけではなく、普段の生活にも役立つことがたくさんあります。好きなものがあるなら続けてみましょう。今見ている世界が数年後にはガラリと変わるかもしれませんよ。

スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
「SNSを通じて人から好印象を持たれるためには、洋服だけを極めれば良いというものではないし、部屋のコーディネートに気をつければ注目されるというものではない...
フォトスタイリストの窪田千紘さん。著書『Sense up「大人のセンス」でもっと素敵な私になる考え方とテクニック』のなかでこんなアドバイスを送ってくれてい...
会話の引き出しや持ち物、ルックスや雰囲気がキラリと冴えわたっている“センスがいい人”がいます。ここでは、そんな周囲から一目置かれるセンスがいい人に共通する...
ある夫婦のペアルックが世界中で話題になっている。ペアルックのコーディネートを楽しんでいる「bonpon511」さんは正真正銘のご夫婦。bonさんが旦那様で...
「今日、なに食べよう?」って考えるときと、「今日、なに着ていこう?」って考えるときって…意外と似ているかも!?そんな風に「ファッション」と「食べもの」を結...
にがくて、とてもじゃないけど飲めなかったブラックコーヒーが、いつの間にか手放せなくなっていたり。誰かが作ってくれたというだけで、ごはんがものすごく美味しく...
どことなく上品で笑顔を絶やさない、素敵な女性に憧れるものの、ガサツな自分には無理!と思っている女性のみなさん。それはもったいないことです。あなただって「素...
「Nextshark」が紹介するのは、中国人イラストレーターのYao Xiaoさん。「ごめんね」とつい言ってしまいがちなシチュエーションを「ありがとう」に...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
彼氏がいないからなんだ!嘆いてばかりで時間を無駄にしてないで、シングルの間は自分磨きに専念しましょう。誰もが好きになる「素敵な女性」に変身すればいいのです...
大人と子ども。どちらの自分により幸福感を感じるでしょうか。年齢を重ねればできることも増え、好きなものだって買えるようになるかも。しかし、統計結果からみても...
大人の関係って何だろう。愛って何だろう。考え始めた瞬間から、それは非常に難しい問題に変わります。つねに確かめ合う愛は、大人の関係とは言えません。お互いに求...
ただでさえ可愛いのに、ちょこんと帽子を頭にのせてオシャレするなんて、なんてチャーミングなヒヨコなのでしょう!小さいながら、よく出来ていますよね。よく似合っ...
誰かを好きになると、優しさやルックスとは別の価値基準が定まります。自分にしか見せない「顔」を出したり、他の人じゃわからない「気づき」を与えてくれたり。ロシ...
成長って、自分ではなかなか実感しにくいものですよね。自分の意識としては、昔と全然変わっていない、まだまだ子ども、なんて気がするものです。でも、誰だって自分...
樺沢紫苑/Zion Kabasawa精神科医、作家。札幌医科大学医学部卒。大学病院、総合病院、単科精神病院など北海道内の8病院に勤務。米国シカゴのイリノイ...
静岡県は袋井市の名物料理、それが「たまごふわふわ」。一般公募で子どもがネーミングしたのかと思ってしまうようなこの料理、じつは200年以上前から食されてきた...
クリスマスの夜は、カップルで特別なディナーを…なんて過ごし方ももちろん素敵。でも、その裏側で大きな盛り上がりを見せている、あるホテルディスコイベントをご存...
通りすがりの犬を見かけては立ち止まり、「よしよし」と頭を撫でる。動物が好きな人に悪い人はいない、なんてよく言われますが、彼氏候補として条件付けたいのは、さ...