幻の「高砂染」を、100年後の今、よみがえらせる

絶滅危惧種も、文化も方言も、失くなりかけて初めて私たちはあわあわと守り始める。失くなるのは、きっと減点だから。神様みたいな存在がいるとして、その人に出された試験みたいなもの。人間は試験勉強なんかしなくて、本番になって悪あがきをする。優等生とはほど遠いのかもしれない。

だけどそれは、本当にただの悪あがきなんだろうか? 「高砂染」の復刻プロジェクトをきっかけに、少し考えてみた。

「幻」と呼ばれる理由

時は江戸時代、姫路藩。

現在の兵庫県姫路市・高砂市・加古川市にあたるこの地域で「高砂染」という染め物が生まれた。最盛期には幕府・朝廷への献上品として重宝されたのだが、昭和初期には絶えてしまう。さらには戦火に巻き込まれ、現存している絹縮緬着物は1着だけ。まさに「幻の染め物」だ。

C7cade90c2677d0e1e90940b4f9ee31e557173b6

100年の時を経て
オリジナルの復刻を

その「高砂染」が途絶えて約100年。高砂市の企業「エモズティラボ」が、その復刻に乗り出した。

これまでも「高砂染」を研究し、イベントなどを通してその存在を伝えてはきたものの、「オリジナルの高砂染を復刻しないことには、その本質的な価値にはたどり着けない」と、プロジェクトをスタート。できる限り当時の技法で復刻し、1年以内の完成を目指しているという。

失われたものを数えるか
今あるものと向き合うか

で、冒頭の話。ふと、ルートヴィヒの言葉を思い出した。

 「失われたものを数えるな。残っているものを最大限に生かせ」

ルートヴィヒは、戦争で傷ついた兵士たちにスポーツをさせることで、社会復帰を促した神経学者だ。「パラリンピックの父」としても知られている。

私は、自分が失ったものを数えていたと気づいた。そして、残っているものを最大限に生かそうとすることは悪あがきではなく、今与えられたものと向き合い、しっかり「人間」を生き抜くことなんじゃないか、と今は思う。

D723dae547303c5ad4aba01383f0353264d6a625

残された1枚の着物から100年前の技術を復刻すること。そこには、人間が人間である意味のようなものが、込められている気がする。

Licensed material used with permission by EmozTlab.Inc.
意中の相手は自分から捕まえにいく。いまのご時世、女性から積極的に声をかける「逆ナンパ」も珍しくありません。恋愛に奥手になっているのはむしろ男性の方…。かど...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
2014年夏、全米で話題となった99歳のおばあちゃんLillian Weberさん。当時、彼女にはある目標があった。「100歳の誕生日までに1,000着の...
撮影したArkadiusz Podniesinskiさんは、自身のwebサイトでこう語っています。「7年前にチェルノブイリを訪れた時には、同じような災害が...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
「このまま、この仕事を続けていていいのだろうか」「将来のために今準備すべきことはなんだろう?」。そう悩んでいる人も多いのではないでしょうか。鈴木秀明さんの...
金継ぎは、海外でもそのまま「KINTSUGI」と呼ばれ愛されている日本文化。壊れた器などを金で装飾しながら修繕する方法です。ここで紹介する画像は、陶芸家・...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
100歳を超えたおじいちゃんおばあちゃんが語る「人生のアドバイス」。その数、70人以上。フォトグラファーのポール・モブリー(Paul Mobley)さんは...
100年前のイケメンと、今のイケメンってどれくらい違うの?そんな疑問に答えてくれる動画をご紹介。アメリカ人男性のイケメンの定義が、時代とともにどのように変...
現代で花見といえば、もちろん桜。しかし、約1000年前に愛でられていたのは梅なんです。和歌でも数多く詠まれるなど、早春の花として認知されていますね。そん...
畳の歴史が、いま変わろうとしている。京間や江戸間など地域によって若干のサイズの違いはあった。しかし、そのカタチは一定して長方形だった。ところが、この畳は複...
京都・伏見の地で、340年以上にわたる伝統を紡いできた造り酒屋、増田德兵衞商店。2017年6月29日、この由緒ある酒蔵を舞台に、伝統と現代を結ぶ新たなスキ...
夏休みもシルバーウィークも終わり、いよいよ年末に向けて「今年立てた目標、ちゃんと達成できているかな?」と振り返る時期かもしれません。なかには「全然できてな...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
極寒の土地で生まれた織物や多様な民族が継承してきたデザインーー。それら独特の存在感を生かすため、世界にある伝統織物工房と提携して各地のテキスタイルをネクタ...
100年前というと第1次世界大戦真っ只中。そんな遥か昔の、毎日の生活に役立つ知恵袋が、いま話題になっています。「現代のものだって100年後に通用するかは分...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
「Wikkelhouse」は、少なくともその寿命が50年以上と謳われているコンテナハウス。雨に強く、100年ほどは暮らせるとも。カンタンに運べるうえに、た...
毎週、平均3人が自殺している。これはオーストラリアの先住民、アボリジニの話。特に若い男性の自殺率は、世界的に見ても高いんだそう。そんな問題を「アプリ」で食...