「守る」と「活かす」って違うよね、と「工芸ハッカソン」に思う

ハッカソンって、知ってる?

私はよく知らなかったので、まずはそういう人のためにもご説明を。

「ハッカソン(hackathon)」は、「ハック(hack)」+「マラソン(marathon)」の造語で、ソフトウエアやWEBサービスを作るときに使われる手法だ。開発者やデザイナー、マネージャーが決められた期間一緒に作業して、各チームのアイデアや技能を競う。

ちなみに、フェイスブックのいいね!や、SNSのチャット、タイムラインの機能は、ハッカソンから生まれたアイデア。世界を変える、何かすごいものが生まれるかもしれない空間、それがハッカソンなのだ。

そのハッカソンが
富山で開かれるらしい

今秋、富山県で行われるハッカソンのテーマは、前述のようなSNSサービスではない(いや、もしかしたらそれ関連のものも生まれるかもしれない…何があるかわからない、それがハッカソン!)。

富山のハッカソン、その名も国際北陸工芸サミット「工芸ハッカソン」のテーマは、アート×伝統産業×先端技術だ。というのも、会場となる富山県高岡市は、400年以上の歴史を持つ、金工・漆芸のまち

1e11c6ed4894ea7f5f690462708c1c221c0ff1a4

高岡漆器は、伝統的工芸品として国の指定を受けている漆器。このほか、金工品の高岡銅器も指定を受けている、まさにものづくりのまちなのだ。

工芸ハッカソン、
その全貌は?

工芸ハッカソンでは、富山県内の職人・工芸作家と、国内のアーティストやプログラマー、科学者や研究者との共同作業から、工芸をどう未来に活かしていくかを考えるそうだ。たとえば、工芸を使ってどんなデイリープロダクトがつくれるか、伝統の技をアート作品にどう活用できるか、工芸の課題を解決するようなアプリやサービスを作れるか、などなど。

00e0364e3289c4dad443ba2412699c111a31a974

金属を溶かす溶解炉や、型込めのための砂場がある工房といった設備、そして3次元測定機など最新鋭の機材も使用できるのだそう。

「守る」ためじゃなく
「活かす」道を探す4日間

「伝統技術を守ろう」という声は、今まで何百回と耳にしてきた。もちろん、伝統技術は習得するまでに時間がかかるし、ということは、一度失われてしまうと簡単に取り戻せるものではない。確かに「守る」対象ではある。けれど、「守る」だけでいいのか? 工芸ハッカソンは、工芸が守られるべき伝統であるだけでなく、活きた産業になりうるのか、その可能性をさぐる重要な試みなのだ。

4a7dfffbb45f5261aac6f4d88bd4d8c73be503a5

我こそは!という方、応募はこちらから。応募締切は2017年8月27日(日)。

ちなみに、私みたいに応募対象外の人でも、11月19日(日)に開催されるプレゼンテーションや公開審査会は参加できるので、一緒に工芸ハッカソンを楽しむことができる。また、2018年1月~2月には、富山県高岡市・富山市・魚津市で巡回展も行われる予定。おもしろいアイデアに出会えるかも。

Licensed material used with permission by 国際北陸工芸サミット「工芸ハッカソン」
「漆器」と聞くと、その値段もあいまって、なかなか敷居が高いイメージ。たとえば使うのも、特別なときだけだったり。でも、そんなイメージをガラリと変えてくれそう...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
富山でラーメンといえば、富山ブラック。醤油ベースの濃い味は、白米と共にいただくための心意気。ある意味これもご飯のお供ですが、ここではさらに歴史も黒色も深い...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
日本でも名高い伝統工芸の「絞り染め」が、海外でファッションやインテリアに取り入れられているんだとか。オーストラリア、シドニーの絞り染め専門店はDIYキット...
地域の特性を活かしたコンセプトストアを各地に展開するスターバックス。そのひとつ富山環水公園店は、「世界一美しい」と賞賛されるスタバなんだそう。どれどれ、I...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
ちょっとワルな感じを漂わせながら街を歩くのは、かの有名な作品たち。都会に馴染むその様子を見ていると、いったいどんな性格で、どんな暮らしをしているのかを想像...
宮崎県小林市の移住促進PRムービー『ンダモシタン小林』(N'da-mo-shita'n KOBAYASHI)。あるフランス人男性の視点を通して、素晴らしく...
加賀百万石の歴史と現代の文化が調和している街、「金沢」。 兼六園や金沢城公園、ひがし茶屋街といった歴史的建造物など、城下町の情緒あふれる街並みがとても美し...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、...
春夏秋冬に土用を加えた「五季」。この5つの季節を発酵調味料(酒、塩糀、酢、醤油、味噌)で表現した、お菓子を紹介します。日本料理の基本となる調味料「さしすせ...
浄土真宗本願寺派が開く、これから社会に出ようとする10〜20代のための新しい学びの場「スクール・ナーランダ」。そう聞くと、なんだか荘厳で、参加するにはかな...
石川県を代表する伝統工芸、九谷焼。明歴元年(1655年)より作られてきたこの磁器は、一点一点丁寧に描かれた華やかな色絵が特徴です。「九谷は絵付けが命」と言...
少し前に「世界で一番カッコいい納豆専用の器」を紹介したら、けっこう好評だったみたいで、取り扱い元のsasayakaさんにお礼のメールまでもらった。記事の一...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...