かわいいのに本格的な「漆のうつわ」

「漆器」と聞くと、その値段もあいまって、なかなか敷居が高いイメージ。たとえば使うのも、特別なときだけだったり。

でも、そんなイメージをガラリと変えてくれそうなのが「MARUWAN(マルワン)」です。「SHIKI Kawatsura」(シキ カワツラ)シリーズの第1弾として登場しました。

現代のライフスタイルにも合うようにデザインされていて、日常使いもしやすい漆器なんだとか。

漆器=四季?

A284246b9fed63b86e02e4a161c8da7b87eae2aa

カラーは漆器と四季をかけて、

春:オリーブ色
夏:青色
秋:朱色
冬:黒色

の4色展開。オリーブ色や青色は今まで漆器にはなかった色合いですが、意外にも上品な仕上がり。

外側と内側の色の違いがモダンな印象を引き立たせつつ、従来の漆器にある高台(お椀の底についている支えの台のこと)をなくした、丸みのある形が特徴的です。 

秋田の川連漆器が見せた
こだわり

2c645f79011a90e5ffde5e9623706a233d996cbd

この「MARUWAN」は、秋田県川連漆器を作る漆器工房「利山」の伝統工芸士・佐藤公さんと、株式会社アイクリエイトが企画したプロダクト。

佐藤さんは伝統工芸とデザインを組み合わせ、国内だけでなくドイツやイタリアの見本市にも長年出展している漆器の革命児。イタリアのデザイナーとのコラボレーションでは、従来の漆器の色や形にこだわらない「イタリアンデザイン漆器」と呼ばれる現代のライフスタイルに合わせた漆器を発表し、ヨーロッパを中心に高い評価を得ている方です。

実はすごく使いやすくて
機能的

Bf0a57a72b335d15e43cc9fd49ee6522bcc15fb3

また、漆器に「お手入れが大変」というイメージがある人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。さすがに食洗機た電子レンジなどでは使えませんが、中性洗剤で洗えますし、そのあとには柔らかい布で水滴をふき取るだけで美しい状態を保てます。

しかも、漆器は古くから天然塗料で作られているので人と環境にも優しく、軽くて丈夫で耐久性もあります。薄いのに保温性と断熱性もあるので、年間を通して使えるのも利点。子どもの食器にもおすすめですし、長年使っていると味が出てくるのも嬉しいところ。

日常の食卓に、漆器を

いずれも落ち着いた色なので、どんな料理とも合わせやすそうです。漆器の上品な光沢によって、料理も一層おいしく見えて華やかな食卓になりそうですね。

E08ab68921f865de724f7b7418c5389894a49209

こんな風に、炊き込みご飯を入れたり。

6c91879d7cd8db3912bf1dfe354b373c15521bcb

アイスクリームだって、綺麗に盛り付け。

Bdd1bf66e2c466aed1ef247dda383bf614889d41

もちろん、和テイストにはぴったり。

57c4e4fead4425fbc09540dabf19cc76bc4d87d6

手のひらにおさまるサイズ感で、カフェオレボウルにもなります。

E5d71b61eb4120e8ceff8df855dd350a18326176A0a1476e57f282a52e0d6289234fa94d6a670bd0

軽いので、子どもでも使い勝手がいいんです。

今まで、少し遠い存在だった伝統工芸品。でも、こんな風に日常で使えるように工夫されたデザインを見ると、自分だけではなく、子どもたちにも「日本の伝統を感じながら、良いものを長く大切に使う」ということを知ってもらうことができますね。

Licensed material used with permission by MAKUAKE
正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わっ...
富山県高岡市で、今秋、国際北陸工芸サミット『工芸ハッカソン』が行われる。富山県高岡市は、金属工芸や漆芸の技を400年以上受け継ぐまち。工芸がこれまで出会っ...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
桐はその性質から、古来より「木の女王」と呼ばれていました。ただ、現代では使われることも少なくなり、日常生活から遠のいていってしまった「桐」。防虫・防湿効果...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
「忘れかけてた 恋しい景色 小さな手を握りしめて 行こう 帰ろう」そんな優しい歌とともに始まる、秋田県を題材にした動画をご紹介。切り取られたのは、家族で木...
温泉を紹介する動画と言えば、ちょうどいい感じの美人が、ちょうどいい感じの色気で、ちょうどいい感じに腕とかにお湯をかけておけばいいと思っていたけど、そうでも...
常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあり...
ほんの数分でピザを調理するには、ガスコンロの火力がいちばん。このピザオーブンは、自宅にいながらにして本格ピザを手早く簡単に焼くことができる調理ツール。本格...
ここ数年、地方の魅力を発信するムービーを数多く見かける。ときにそれはネットを通して世界中を駆け巡り、海外から「amazing!」の声が届くこともしばしばだ...
ロンドン在住のフランス人イラストレーター、Jean Julien。スマホ中毒を皮肉った風刺画や、パリ同時多発テロの追悼アートで話題になったことも記憶に新し...
北海道のまんなかにある、大雪山。かつてアイヌの人たちはこの山をカムイミンタラ(神々の遊ぶ庭)と呼び、聖地として大切にしてきました。そんな大雪山と石狩川に挟...
これは、たった15分で窯の温度が500℃まで上がる「Roccbox」。小さくて持ち運べるうえ、内部の構造は本格的な石窯そのものです。木材・ガスどちらも使用...
ウミガメやイルカと遭遇できる海も、鶏飯も、島人の優しさも、奄美大島の魅力をあげたらキリがない。けれど、世界で唯一、奄美でしか体験できない伝統工芸「泥染め」...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
おいしい食事を楽しんだあとは、ゆったりとした時間を過ごしたい。あらかじめ温めておいたお気に入りのカップに、ていねいに紅茶を注ぐ。そこに、輪切りしたレモンを...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
職人の手仕事、その仕事場、そこで仕上がった品物を、一貫して眺めてみましょう。なかなかじっくりと見学する機会がないなという人には、こんな映像をおすすめ。伝統...