福井県鯖江市で開催される「RENEW」は、ものづくりを見て、知って、体感するイベントだ。

「環境の変化に柔軟に対応する」

そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。

ときはリーマン・ショック直後。想定外の事態が発生し、多くの企業が決断・変革を余儀なくされたからこそ、学生側に柔軟性を求めるのも自然な流れだったのかもしれない。

でも、きっとこの能力の重要性は、人や企業に限らず街にも当てはまる。変化を続けられる街はこんなにも可能性に溢れ、人々を惹きつけるから。

変化を受け入れ、
独自の文化を醸成した街

Medium df6b6b59038588803304455c1c3d9cb8c9a97c2c

福井県鯖江市東部の河和田地区は、約4,400人が暮らす、三方を山に囲まれた小さな集落。メガネづくりはもちろん、約1,500年の歴史をもつ越前漆器でも有名だ。

Medium 2ab9fcad0f401255f9d54ddc03a4c08234867557

その昔、河和田の漆かき職人たちは、全国の半数を占めたそう。東北や関東まで漆の樹液を求めて行脚しては、訪れた場所の文化や最先端の情報を持ち帰り、暮らしの中に取り入れた。

こうした歴史があるからこそ、この土地には変化を受け入れ、暮らしに合わせたものづくりや独自の文化を醸成する土壌がある。たとえば最近では、漆器の技術を応用した木製雑貨ブランドの活躍や県外からの移住の受け入れが特徴的だ。

さて、ようやく本題。

Medium 4674b365ca4e482ce9b1d1f2e87a2e9ea25aae69Medium 13234eee6339084a9c6fbc885f60121d17456ea8

そんな河和田の柔軟性を象徴するイベントが「RENEW」。普段、一般には閉ざされているメガネや漆器などの工房が公開され、職人たちの手仕事を間近で見ることが可能。ワークショップへの参加やこの地で作られた産品の購入もできるなど、今年で2回目を迎える体感型マーケットとなっている。

Medium 9aabd96830602498a018e2089a2ae39c80bd762dMedium 3f39fd6a18571738f81d947bc2595b09a69949d9

参加するメーカーの数は去年の22社から37社に増加。

Medium d5f5b6659f445d0584b5d4ec6919446f52931e4c

たとえば、伝統的な丸物木地師としての技術を継承しながら、「価値の再定義」をコンセプトとして、木材を中心に素材・製法にこだわることなくプロダクトを製作する「ろくろ舎」。

Medium 0f76f748712685e344c744ef57b0c09ec205d2ffMedium 012422f791114a2c1de439bc9b2b34efa15e0b04

1996年にオリジナルブランド「TURNING」を立ち上げた「谷口眼鏡」や「加藤製作所」。

Medium 3abbb1310ccc0bd842dd0f679b6f5916dd6262b1

「Hacoa」は、越前漆器の木地技術を応用したキーボードや名刺入れなどを製作している。

Medium 279edd9749e49de21a6a1c09cef06c59896915f6

社会全体の価値観が「モノ」から「コト」へシフトした、なんてことが盛んに言われているが、このイベントも、そんな時代の流れを汲むものと言える。

作り手とつながる2日間

Medium 8cba94606f99daaf83d628694d56fdf39e4e26d7Medium f18e58df7bfbc397a5a0b8f00abdfbe16e1de109

開催日は10月15、16日。生活様式の変化に対して、知恵を絞り、暮らしを考え続けてきたからこそ出会える文化がここにある。ぜひこの機会をお見逃しなく。

【概要】
RENEW
期間:2016年10月15日(土)・16 日(日)
・時間:10:00〜17:00 ※15日はナイトイベントあり(18:00〜22:00)
・場所:福井県鯖江市河和田地区一円
総合案内所:うるしの里会館
・料金:無料
・HP:http://kawada-t.jp/renew/
Licensed material used with permission by RENEW実行委員会
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
どうやったら痩せるかを頭をひねって考えて、ノルマのように自分に課題を課すことも良いかも知れないけど、それよりも友達と楽しんで身体を動かした方が絶対楽しいし...
タイ・チェンマイで、ランタン祭りが開催されました。2016年10月13日にプミポン・アドゥンヤデート国王(ラーマ9世)が亡くなってから1ヶ月が経ち、娯楽・...
「失恋 海 哀しい」なんともおセンチな検索ワードからはじまる、非モテ男の成長記録をお届け。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国の青い海を舞台に本物の...
近頃よく耳にする「グランピング」というワード。知らない方のために説明すると、これは「glamorous」と「camping」から成る造語で、“贅沢なキャン...
2017年になってから、早くも1ヶ月が過ぎようとしています。年始に誓った目標に対して、まだ努力できていますか?すでに心が折れてしまった人は、もう一度奮起す...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
日本の原風景を美しく彩る、北陸地方の冬の風物詩「あぜのきらめき」。昨年、その幻想的な光で多くの人を魅了したライトアップイベントが、実は今年も開催中なんです...
『INNOVATION OF WORK』~あなたと共に「働くを新しく」する、1日限りの限定トークイベント~presented by CRAZY × TAB...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
プランクトンによって青白く光る、モルディブの夜の海。まるでイルミネーションのようなその光景を、実際に見てみたいと思っている人も多いはずです。実は、それによ...
クリスマスの夜は、カップルで特別なディナーを…なんて過ごし方ももちろん素敵。でも、その裏側で大きな盛り上がりを見せている、あるホテルディスコイベントをご存...
自分の「すき」が、ひとつでも身のまわりにあると、なんだか守られているというか、しあわせな気持ちになるものである。それがたとえ、ままごとに使うような小さな豆...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...
東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエ...
サハラ砂漠の約250kmを6ステージ7日間にわたって走る「サハラマラソン」や野生動物の生息する危険なアマゾンのジャングルを舞台にした「ジャングルマラソン」...
店頭、もしくは電話予約でのみ注文を受けつけ、そこから約10日ほど待ってようやく出会えるお菓子があります。岐阜県大垣市、わざわざ訪ねてでも手に入れたくなる、...
「シネマコンサート」は、大スクリーンで映画を上映しながら、劇中に流れる音楽をフルオーケストラが演奏するイベントです。ヨーロッパやアメリカで人気を博した後、...
正月や節句、あるいは誕生日…指折り数えたとしても、きっと片手で事が足りてしまうのが、漆器の出番。それは主にハレの日の器だろう。しかし、ひとたび行事が終わっ...
TABI LABOでは、新たに「ReTHINK=考え直す、再考する」をテーマにしたイベントを開催することになりました。第一回となる今回は「美しさ」について...