パステルカラーのキュートな「TOKONAME」。これが伝統の急須だったなんて

常滑(とこなめ)焼といえば急須。こう形容されるほど愛知県常滑市は、古くから日常雑器の生産で栄えてきた町。その常滑焼に、とってもカラフルなティーポットがあります。

古くて新しいティーポット
「TOKONAME」

44a9aecd01f27ca3130987001a1f7ed380dada5aC9fe1d2c6d70e5446a5dfa493f5b5ad54959603e

平安時代後期(1100年頃)より、日常雑器の生産が盛んな常滑市。当時は、じつに3,000基もの窯から煙が上がり、日本六古窯のひとつに数えられてきました。なかでも産地を代表する製品が急須をはじめとする茶器。青みがかった黒泥色や常滑伝統の赤土色をした朱泥色が、いわゆる私たちがよく知るところの急須のイメージです。

ところが、ここで紹介する「TOKONAME」のそれは、ご覧の通り淡いピンクにターコイズ、萌黄色と、まったくの別物。スタイルこそ急須なのに、色味が圧倒的にカワイイのです。

199c12827a7c1f174c60199a1aa4bd61dfa485b1

たとえば、こちらの乳白色のポット。合わせるのはターコイズのカップ&ソーサー。どうです?この配色。素敵ですよね。
TOKOMANEはサイズの異なる3種類のポット、カップ、ソーサーで構成されたシリーズで、色は全部で6種類。柄もなくシンプルなデザインからは、古臭さは感じられません。こういうティーセットって、意外にありそうでなかったんですよね。

伝統から“イマドキ”
若きクリエイターたちの挑戦

C37a8a22a8fe5d0d0caf7c975a59a62e18d96489

ありそうでないモノづくり──。これを「伝統を更新するチャレンジ」と強調するのが、TOKONAMEプロジェクトの発起人であり、窯元「有限会社山源陶苑」の鯉江(こいえ)優次さん。900年の歴史ある常滑焼の伝統を現代の生活様式にフィットさせるため、プロダクトデザイナー・映像音楽クリエイター・グラフィックデザイナー・フォントデザイナー・フォトグラファーの有志6名を口説き落としました。

9b3e3002f3a98f21a7e1ad07043b2a32c19d90ab

一見、まったく新しいプロダクトに思えるTOKONAMEシリーズも、いにしえより受け継がれてきた技術力と常滑焼きの持つ素材の魅力は、そのまま踏襲。足し引きの塩梅を考えに考え、こうして日常使いの急須は、ティーポットへとイノベーションを果たしたのです。

D61961ba4ba0ae199afa72d728ef7c7a2ecdea4d

では、どこに革新が潜んでいるのか?
たとえば、古くから急須や湯のみに使われてきたこの土地独特の土の中から、白泥(はくでい)と呼ばれる白土のみを選択。ここに顔料を加えることで、これまでにない淡くやさしい風合いの6色を作り出しました。じつは、ティーポットもカップもTOKONAMEの茶器には釉薬(うわぐすり)を施さずに焼成するため、色も質感も土そのもの。きめ細やかな土肌を指先で実感することができるそうです。

土そのものの質感を残しながらミニマルなデザインに落とし込んでいく。ここ数年続く、国産の焼き物のトレンドは、このTOKONAMEにも。

何を残し、何を更新するか?

3e09cdae659c58297d144c5b824906a52a000ff3

東京の陶器問屋に10年間勤めた鯉江さん。地元常滑に戻った彼がずっと心に抱いていたのが前述の「伝統の更新」というチャレンジだったそうです。そのために常滑焼の何を守り、何を更新していく必要があるのか…?6人のメンバーは合宿を重ね、プロジェクトのコンセプトを練り上げていきました。

「伝統技術と素材の魅力は残す」
「つくることと伝えることは同価値」
「鮮度の落ちないニュートラルな商品のスタンス」

やきものの町の伝統を変えてしまうのではなく、アップデートを施していく。こうして、懐かしくて新しいモダンな茶器は誕生しました。

9701c6d875fb0210e8141033c08492b4eed68ca6B0c709a27b160bfb7ddd23f82c81992bfb407210

鯉江さんたちのチャレンジは、全国各地のワークショップの場でも活かされているようです。こちらは、大分県の老舗茶屋「聴潮閣」で行われたお茶の淹れ方教室での様子。銘茶をTOKONAMEでいただくこの会には、若い人たちも多数参加。お茶離れ?いえいえ「古くて新しい」スタイルって、結構楽しいものですよね。

322ae9f2856be383db2fb8b89792946b1f7e8a19

日本茶だけでなく、紅茶もコーヒーも。シーンを選ばず自在な使い方ができるのって、やっぱり使い勝手がいい証拠。オンラインショップも併設したサイトには、もっと詳しい情報も。
さあて、ここらでちょっとお茶にしませんか!

Licensed material used with permission by TOKONAME
ぴったりサイズのセーターを着ている子ヤギたち…。かわいいのですがなぜ服を?じつは彼ら、アメリカのメイン州というとても寒い地域に住んでいて、さらに生まれたば...
仕事なんてもうできない…と嫌になってはかわいいネコちゃんの動画をクリックして時間を忘れているそこのあなた。なにも同僚や上司に隠れて閲覧する必要なんてないの...
地域PRの手法は数あれど、ときに「この発想はなかった!」と唸ってしまうものに出会うことがあります。今回紹介する動画も、間違いなくそのうちの一つ。これは、宮...
コスメって機能も大切ですけど、見た目も大切!ラブリーなパッケージやアイテムは気分も上がるし、もっとキレイになれる気がしますよね。そんな女心をわしづかみにす...
「ファミリーコンピューター」を通り抜けた世代なら、このオープニング画面だけでグッとくるはず。そう、京都府宇治市のPR動画は、完全オリジナル2D横スクロール...
梅ばかりか今年は桜の開花も早いんだとか。お花見までもうあといく日と思うと、気持ちだけは春本番、なんですが…毎年どっちつかずな気温に頭を悩ますのが「夜桜対策...
伝統工芸の技術をいかし、竹で作った「Hazang」は、控えめだけれどモダンなデザインで、お部屋の内装を問わず、いい音を届けてくれます。スマートフォンやタブ...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
近年、密かにブームとなっている“ワンちゃん用着ぐるみ”を知っていますか? 百聞は一見にしかず、ぜひとも下の動画を再生してみてください。ただ着ぐるみを着て走...
まずは動画を見てみましょう。問答無用の愛らしさ。精巧なジオラマにも驚きますが、その上に敷かれたレールを、電車がくるくると走って回る様子がたまらなくイイ味を...
全11系統ある東北の「伝統こけし」。宮城県はそのうちの5系統が存在する、全国屈指の“こけしどころ”です。ここで紹介する映像は、大崎市に自身の店「こけしの岡...
4人の子どもを女手ひとつで育てることになった母親のカーラさんは、家族で移り住むための新居を探していました。しかし、広い家は高すぎて買えないし、手が届く価格...
「日本」と聞いて、まず初めに思い浮かぶのはなんでしょうか。京都みたいな伝統の残る場所?それとも東京都心の様子?着物や日本食?それとも田舎の風景?人によって...
チリ人クリエイター、Sebastian Errazuriz氏が生み出した本棚「Bilbao」。コレがなんと、彼が道で拾った枝木で作られているというのだから...
小柄な女性はかわいくて守ってあげたくなりますよね。一つひとつの何気ないしぐさや行動に思わずキュンとしてしまうことも多いのでは?ここではその瞬間を10個ピッ...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
2012年にその年最もバイラルした動画のひとつとしてCBS Newsで取り上げられたこのYouTube動画には、両腕を持たずに生まれたミュージシャン「Ge...
カンボジアでは、20数年にも及んだ内戦とその後の混乱により、たくさんの人が傷つき、文化や財産が失われました。伝統的な絹織物も、そのひとつ。カンボジアのNG...
この赤ちゃんにとって、絵本を閉じることほど「この世に悲しいものはない」のかもしれません。絵本を読んでくれるママの「お〜しまい」を聞くのがイヤでイヤでしょう...
犬の救助ボランティアに参加していたシカゴの美大に通うErin Einbenderさんは、あるとき、首にエリザベスカラーをつけた犬たちに、なかなか貰い手がつ...