わずか2ヶ月間しか上陸できない、奇跡の無人島ビーチ「水島」に行ってみたい

福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチャンスは、短い夏のあいだだけ(7/9〜8/31)。

コバルトブルーの海
真っ白な砂浜
まるで「サンドバー」

Medium ee22071ab34ba3989b09d2be3662cf4c87c02721Medium 227702d95749c99fd2ab45882b2eb11fb1bfa0dbMedium f00a3aff8f06b2a2c065fef4a3b3eb79e4a7912d

福井県敦賀半島の先端、細長く南北に伸びる無人島「水島」があります。周囲を真っ白い砂浜、さらには岩場が取り囲み、対馬海流に乗って流れ込んだプランクトンと絶えず循環する海水のおけげで、透明度抜群なコバルトブルーの海が人々を惹きつけます。

2つの小島が砂州でつながる様子は、弓ヶ浜(鳥取県)や天橋立(京都府)を彷彿させる遠浅のビーチ。どこまでも透き通った海でシュノーケリングを楽しんだり、きれいな砂浜で貝殻を拾ったり。時間が経つのも忘れて、のんびり心の底からデトックスするには、これ以上ないまさに楽園の無人島。あの「幻のビーチ」と形容されるハワイのサンドバーにも、どことなく似て見えますよね。

アクセスは渡し船のみ
それも夏季限定

Medium b5ea61e123696a52e9f55a3260d4b1990b435bf4Medium d59a9970e199f64626cd3a06b773d434579f9ad5

水島へのアクセスは船のみ。この渡し船が運航している海開き期間(2016年は7月9日〜8月31日まで)でないと渡ることはできません。それゆえ、年に2ヶ月間のみ上陸が許される奇跡の無人島な訳です。

定期船で水島までおよそ10分。発着所は色ヶ島と浦底の2か所から、9:00〜16:00の間、片道約10分でピストン運航しています(※強風など荒天時は中止・欠航あり)。料金は往復で大人1,200円、子供650円。

なお、島には海の家など売店はないので、船で渡る前に準備は忘れずに。夏の思い出づくりに「北陸のハワイ」、イイかもしれない!

Licensed material used with permission by 敦賀観光協会, koyooakko
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...
もはや今さら言うことでもありませんが、鎌倉・江ノ島は多くの魅力が詰まった人気観光地。都心からわずか1時間ほどでアクセスできる利便性も相まって、週末になると...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
さあ、現実逃避の時間です。「EUROPEAN BEST DESTINATIONS」から、息をのむ美しさのビーチを紹介しましょう。これらの楽園では、ぷかぷか...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
オーストラリア・クイーンズランドの北端、ファー・ノース・クイーンズランド。世界遺産であるグレート・バリア・リーフや、70もの国立公園がある自然がいっぱいの...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
美味しいお酒や料理はもちろん、砂浜や緑まで──。それなのに、ココは都会のど真ん中。2016年6月1日(水)から代々木VILLAGEで開催中の「Beach ...
梅雨が明けると、いよいよ夏が到来。早く海に行ってワイワイはしゃぎたい!なんて思ってるアナタは水着の用意はバッチリですよね。でも今年は、それだけじゃなく「ビ...
パスタや炒めものなど、さまざまな料理で大活躍のニンニク。でも実は、調理以外にも活用法があった!?実際にトライするかどうかはさておき、エンタメ感覚で読んでみ...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
2016年2月。フロリダ・パームビーチの海が、サメで埋め尽くされた。一体ナニゴト!?ビーチからもかなり近い!遠目からみるとその光景に恐怖さえ感じる。が、フ...
注目フードから、まるで秘境のようなビーチまで、この夏に行ってみたい「東京都内のおでかけスポット」をまとめてみました。うまく連休がとれないときや、ぽっかり休...
無人島で20年以上暮らし続けている老人その理由とは?無人島での生活。それは多くの人にとって、子どもの頃に想像したことがあるだろう。けれども、それを実行する...
 19歳のカメラマン、アルデリコ・グランジャーはこの夏の間じゅう、夜になると眠らずにハワイ島を駆け回って星空を撮影。彼の情熱の前では、銀河を撮影するために...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...