神奈川県にある、1日7万円でレンタルできる無人島を知ってますか?

東京湾に自然林のある無人島が存在していることを知っていますか?それも大島や小笠原の話ではありません。神奈川県横須賀市。この無人島がナント、平日限定ながら一日貸し切ることもできるらしいのです。

レンガと木々に覆われた
東京湾の無人島「猿島」

D9f4f6d4450c4944d8a7b6db3896cbfd5a865b90

神奈川県横須賀市、三笠桟橋から船で約10分の沖合にその無人島「猿島」はあります。周囲1.6キロほどの島内の大半は、猿島公園として横須賀市が整備。じつはここ、海洋の要塞として江戸時代から太平洋戦争終戦まで、永らく旧日本軍の管理下にありました。そのため、終戦まで一般人の立ち入りは禁じられた島なのです。


「平日限定」一日7万円で
島ごと貸し切り!?

D28718c96bc00daec6e8ff9c65b311abecfce7b4

毎年7月〜8月にかけては海水浴場がオープンし、年間通して砂浜ではバーベキューが楽しめます。
連日多くの人で賑わう夏場に比べ、12月〜2月はこの島を訪れる観光客もまばらに。そのため定期船も土日のみの運行に限られています。つまり、この時季の平日、島は無人と化すというワケ。

C1a31e6fbf0ca185938dc98057daa658894a0d9f

そこに目をつけたのが、ユニークなスペースを時間単位で貸しきるレンタルビジネスを展開する「スペースマーケット」です。平日限定ではあるものの、島全体をレンタルスペースとして提供しようというもの。横須賀市も冬場の閑散期に新たな利用が見込め、猿島が広く認知されるキッカケになれば、とスペースマーケットの提案を承諾したそうです。

一日7万円の貸切料金には、島へと渡る船のチャーター代金と、大人一人あたり200円の入島料。グループで貸しきって一日満喫することもできれば、思い切って「恋人と無人島に二人だけ」なんて使い方だってOK。

自然と人工が織りなす造形美

5768bcac08be0650d0979db29bf1c4b2ad2343666dd13ada7a4a67e59c5fe1b605483e2ad2c2bd5b

ここからは、島内の様子をちょっとだけご案内。
木々に覆われた島内には、レンガ作りのトンネルや砲台、旧軍施設などの建造物がそのままの姿で残っています。

縁結びに効果あり!?
「愛のトンネル」

A8558a06de766252f7afeb8dd81df5c75e26c330A981424a7c24c9303ecdc33732e1be0fc0ed858b

全長90メートルほど総レンガ造りのトンネル。通称「愛のトンネル」は、お祈りしながらくぐり抜けることで、縁結びのご利益があるんだとか。

猿島貸し切りプランに興味のある人は、今すぐこちらへGO!予約を受け付けています。ちなみに、利用の際は管理要領に基づき、まず横須賀市への申請が必要。その辺の申請情報の詳細もサイトで説明してくれているから大丈夫。

さて、あなただったらどんなプランを描きますか?

Reference:東京新聞
Licensed material used with permission by スペースマーケット
都心に暮らしている人の中には、田舎に憧れを抱いている人も多いはず。喧騒を離れ、ゆったりとした時の流れに身を任せたい。そんな気持ち、すごくよくわかります。そ...
「ひとりのお客さんとして、無人島に遊びに行く」。確かにそれもいいかもしれない。でも長崎県・大村湾に浮かぶ田島では、井戸づくりや古民家修復、無農薬野菜の栽培...
福井県に「北陸のハワイ」の異名をとる無人島があります。どこまでも長く続く遠浅のビーチ、魚たちが手の届くところまでやってくる透き通った青い海。ここを訪れるチ...
青い海、白い建物。まるでギリシャ・サントリーニ島にいるかのような気分を味わえる場所が、東京から車で1時間ほどのところにある。葉山「THE HOUSE」は、...
もしも、無人島でシネマフェスが開催されるとしたら…。極上の自然に飛び込んで、その夜は映画に酔いしれる。じつはそんな体験をカタチにした「MUJINTO ci...
年々、増加傾向にある外国人旅行者。迎え入れるホテル・旅行業界もあの手この手で“おもてなし戦略”に余念がありません。たとえば、神奈川県を代表する湯の町・湯河...
旅において、どこにお金をかけるかは人それぞれ。LCCを使う代わりに豪華な食事を楽しむ、あるいは食事はコンビニでもいいけれど、ショッピングは豪快に、などなど...
観光庁の発表によると、20代のパスポート取得率は1989年で8.6%、2013年で5.9%。24年間減少の一途をたどっています。これを危惧した成田空港と日...
色鮮やかな紅葉を紹介する記事は、なぜだか京都に偏りがち。「キレイだけど、遠くて簡単には行けないし…」とお悩みの、関東在住の方も多いのではないでしょうか。今...
パスタや炒めものなど、さまざまな料理で大活躍のニンニク。でも実は、調理以外にも活用法があった!?実際にトライするかどうかはさておき、エンタメ感覚で読んでみ...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
わずか30年後の未来、東京と千葉を結ぶ海上に地上1,700mの超高層ビル建設計画!?にわかに信じがたい話ですが、英紙「Daily Mail」が「ドバイのブ...
「環境の変化に柔軟に対応する」そう聞くと、学生時代の就職活動を思い出してしまうのは自分だけだろうか?というのも、企業が求める人物像の“常套句”だったから。...
世界の頂点に4度輝いた「ノーマ(noma)」が、1ヶ月半の期間限定レストランを東京で成功させたのは2015年のこと。食材も勝手もまったく違う不慣れな土地で...
個人的に、大きな荷物を抱えたまま観光することほど、ストレスフルなことはない。「何度か訪れていて土地勘がある」または「バックパックを背負っている」。そんな状...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
無人島で20年以上暮らし続けている老人その理由とは?無人島での生活。それは多くの人にとって、子どもの頃に想像したことがあるだろう。けれども、それを実行する...
海に近い駅といえば、かつて「青春18きっぷ」のポスターにもなった愛媛県下灘駅が有名。しかし、それよりも海に近い駅が神奈川県にありました!電車を降りると目の...
一脚ずつバラバラの椅子が揃うダイニングテーブル。あ、これ我が家の話です。わざわざすべて同じモノで統一しなくても、お気に入りの椅子を見つけては買い足していく...
世の中は知らなくても生きていけるけど、知ってて損もしない情報がたくさんあります。たとえば『お客に言えない!モノの原価マル秘事典』(青春出版社)で紹介されて...