世界の、ミステリアスな「離島」へようこそ。

世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。

そんな離島のミステリーを追求したのが、おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』。本島から離れた孤高の地で、一体何が起きたのか?秘められた謎に迫ってみましょう。

インド洋のガラパコス
【ソコトラ島】

D0931f762dcd09f4f16d4eb7628a6a6339691fe1

ソコトラ島は、アラビア半島とアフリカ大陸の間にあるイエメン領有のインド洋に浮かぶ孤島。約3,700㎢の広さで、古代より海上貿易の中継点として利用されてきました。しかし、いつの頃からかそのルートから外れ、原始的な風景を残すに至っています。

島には800種類以上の植物が自生し、その中には滅多にお目にかかれない珍しいものも。ソコトラの象徴的な存在といえるのが、竜血樹(ドラゴンブラッドツリー)。高さは10m以上で、幹を開くと赤い樹液が滴ります。古代のソコトラ人はこれをドラゴンの血と信じていたため、このような名がつけられたそうです。

現在は44,000人ほどが住んでいて、文字を持たない独自の言語を有しているとか。観光客に解放されたのがごく最近ということもあり「インド洋のガラパゴス」と呼ばれています。

1802年に発見された
オーストラリアの秘境
【カンガルー島】

F3d38ffd472ca4714fba41ebdde95b1a9c7707b3

カンガルー島は、オーストラリア・ケープジャービスの港からわずか45分の船旅で到着する場所にあります。2000年前に原住民のアボリジニから見捨てられて、1802年に発見されるまでは無人島だったという秘境です。

この島で最も幅を利かせている動物が、じつはコアラ。もともとコアラはこの島に存在しない動物でしたが、20世紀前半、オーストラリアではコアラの毛皮が高値で取引されていて、何百万頭ものコアラが殺され、個体数が激減してしまいました。絶滅を避けるために18頭のコアラを島に移住させたのですが、2000年には、なんと3万頭まで増殖したのです。

現在、コアラが増えたことでユーカリが食べ尽くされ、ユーカリの木をすみかにしていた動物たちが行き場を失っています。駆除に乗り出そうとする政府でしたが、反対の声も多く、動くに動けない状態に…。このまま放置をするにしても、生態系が崩壊することは確実。この問題は長い間くすぶり続けていて、未だに解決されていない状態となっています。

島内に2つの国が存在する
【セント・マーチン島】

Dfd37de65c1665905e44a23e7a67b873db4b0a0d

セント・マーチン島は、カリブ海にあるリーワード諸島の北端に位置している。マイアミから飛行機で約3時間の距離で、周辺の島々からもフライトがあります。ゆったりくつろぐことも、アクティブに活動することもできるので、近年ではリゾート地としても注目されています。

特徴的なのは、島内に2つの国が存在すること。島のほぼ中央に境界線があり、北部はフランス領、南部はオランダ領と分かれているのです。コロンブスがセント・マーチン島を発見したのが1493年で、それからしばらく放置されていたのですが、スペインがこの島に進出し、フランス、オランダ、イギリスが領有権を争いました。その結果、1648年にこの島をフランスとオランダが分割して領有することが決定したのです。およそ360年前以上に決められた境界線が、今もなお継続しているのです。ちなみに2つの国の境界線を越える場合、チェックはいりません。通貨もユーロでOK。

セント・マーチン島は、2つの国をいっぺんに体験できるユニークな島なのです。

 

※上記内容はすべて、書籍刊行時点での情報です。

世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
スタジオジブリの新作は「ゼルダの伝説」のアニメ化だった!...と言われても信じてしまいそうな予告編。これを作ったのは、カートゥーン調のイラストレーションを...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
今でこそ「世界最強のロックバンド!」なんて具合に讃えられている“レッチリ”ことレッド・ホット・チリ・ペッパーズですが、かつてはほぼ全裸ライブ、ほぼ全裸のミ...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
ムスリムの女性が身につける布、ヒジャブ。これを被っているとひと目でイスラム教徒だということがわかってしまうので、イスラム教への誤解や偏見が強まっている現代...
GWも中盤に差し掛かりましたが、みなさんいかがお過ごしですか?そろそろ旅行の疲れが出てきた頃でしょうか。痺れを切らすほどの渋滞のなかでこの記事を読んでいる...