古代ローマ人が、犬の島と名付けたのはどこ?謎と神秘に包まれた「離島」の魅力

近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこともできます。たとえば、普段なかなか触れる機会が少ない「離島」なども、その対象になるはず。

おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、世界の離島にまつわる歴史や謎が紹介されています。情報や知識をインプットして見る離島は、また違った景色かもしれませんね。

イギリスvsアルゼンチンの
舞台となってしまった
【フォークランド諸島】

Medium 1b5d76d20db852cbd6ba4f3e842e8d5742d96bf8

アルゼンチンの最南部から東へさらに約500㎞ほどの大西洋上にあるのがフォークランド諸島。総面積は12,000㎢で、一番多く生息している動物はペンギン。なんと人間の数より多いそうです。フォークランド諸島はアルゼンチンと近距離であっても同国の領土ではありません。この島から約15,000㎞も離れたイギリスの領土なのです。

そもそもフォークランド諸島は16世紀以来、スペイン、フランス、イギリスなど列強国のターゲットになっていました。そんなフォークランド諸島をイギリスが占拠したのは1833年のこと。そこからイギリスとアルゼンチンがともに領有権を主張し続けていたのです。交渉は遅々として進んでおらず、1982年にフォークランド諸島の領有権をめぐって大規模な戦争が起きてしまいます。最終的にイギリスがアルゼンチンを降伏させましたが、両国ともに数百人規模の死傷者を出す悲惨な結果となってしまいました。

多くの奴隷が
収容されていた悲しい過去
【ゴレ島】

Medium b99ef600b4d4c537f7d01b87d778a5ea371ab6ff

セネガルの首都、ダカールの港から船でわずか20~30分ほどの沖合に浮かぶゴレ島。徒歩でも1時間程度あれば一周できてしまうほど小さな島です。今は静かな街ですが、およそ300年間、セネガル各地から集められた人々が奴隷としてこの島へ送り出されていた時代がありました。

17世紀。フランスがセネガルに進出し、ゴレ島もフランスの支配下に置かれることになりました。同国の奴隷に対する考え方は悲惨で、奴隷はあくまでも商品のひとつ。有無を言わさず強制労働につかせていました。

奴隷貿易の拠点となっていたゴレ島には年間数百人もの奴隷が収容。島に現存している「奴隷の館」は、出航を待つ奴隷が押し込まれていた場所。性別や年齢によって分類され、体力のあるものだけ売られていきました。

現在、島のビーチでは観光客が無邪気にはしゃぐ姿が見られます。悲しみを背負った人たちが荷物のように船に積み込まれていった歴史は、すでに過去のものとなっているようです。

古代ローマ人が
犬の島と名付けた
【カナリア諸島】

Medium 167026da8284fa17ffbbcf0042d95bbc011cf30a

カナリア諸島は、スペインから南西へ約1,100㎞、アフリカ大陸の北西約115㎞の大西洋上にあります。15世紀以来、長らくスペインの領土となっています。カナリア諸島という名の由来は、小鳥のカナリアであると思われているかもしれませんが、じつは違います。確かにカナリアは生息していますが、まったく別の意味が込められているのです。

カナリア諸島を発見したのは、古代ローマ人。彼らが上陸した頃にも鳥はいたものの、それ以上に目を引いたのが野犬の多さでした。そのことから古代ローマ人はこの島を「インスラエ・カナリアエ」と名付けました。

インスラエは「島」、カナリアエは「犬」を意味するラテン語。つまり、当初の名前は「犬の島」だったのです。そのうちカナリアエがなまってカナリアへと変化していきました。それから島原産の鳥もカナリアと呼ばれるようになったのです。鳥の名前よりも、島の名前のほうが先にあった、というのが真相なのだそうです。


※上記内容はすべて、書籍刊行時点での情報です。

世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
スタジオジブリの新作は「ゼルダの伝説」のアニメ化だった!...と言われても信じてしまいそうな予告編。これを作ったのは、カートゥーン調のイラストレーションを...
「昔は良かった…」「それに比べて今は…」「世の中悪くなる一方だ…」とは現代の私たちもよくボヤきますが、2800年前の古代ギリシャ人もまったく同じことを言っ...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
有名観光地はいつでも行ける若いうちは、もっと冒険しよう!世界中に存在する有名観光地、勿論どこだって行って見たいと思うものだが、ニューヨークやパリなど、すで...
歴史が覆るかもしれない「古代地図」の存在とは!?ここでは「Collective-Evolution」に紹介された記事を紹介します。記事内で取り上げられてい...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
青い海、白いパラソル、カラフルな建物、地中海の香り。新鮮な魚介料理を味わえて、オシャレな海辺のカフェはリラクシンな雰囲気で、思わず購入したくなる雑貨も多数...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
鹿児島県のPR動画といえば、以前にTABI LABOでも取り上げたように、その圧倒的なクオリティの高さで有名だ。昨年公開された「KAGOSHIMA Ene...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
世界中を旅するクリエイターOliver Astrologo氏。これまでに数多くの国を訪れた彼が特別な感情を抱く街──、それがローマなのだとか。ここで紹介す...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
「はじめに、君たちに言っておきたいことがある。『ギリシャといえば、青い海、白亜の神殿!』なんてイメージは幻想だ。古代ギリシャ人は海をワイン色と表現する。そ...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...