入ることさえ簡単にはできない、世界の「離島」3選

日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚きの話が掲載されています。

大陸と切り離された孤高の地でどんなことがあったのか…。学生時代に習うことのなかった離島の秘密が暴かれます。ここでは、世界に遺された「簡単に近づくことのできないコアな離島」に迫ります。

現代の恐竜
コモドドラゴンの秘密とは?
【コモド島】

4c183c2f0b797116b6a6bc861d93f2d8bda54448

コモド島は、インドネシア南部にある小スンダ列島の島のひとつ。島全体が世界遺産の国立公園なので、基本的にガイドなしでは入島できません。ビジターは手続きを済ませて、料金を支払い、初めて足を踏み入れることができるのです。そこまでして人間を遠ざけるのには理由があります。この島には現代の恐竜とも称される「コモドドラゴン」が生息しているからです。

コモドドラゴンは、およそ5,000年前に地球上に出現しました。過去には人間を襲った例もありますが、島民との付き合いは古く、早いうちから保護活動に努めてきました。

現在コモドドラゴンの推定生息数は、コモド諸島だけでおよそ6,000頭。乱獲などが原因で、頭数が激減しています。つまり、この島はコモドドラゴンを保護するためだけに国立公園に指定されている、と言っても過言ではありません。

南太平洋の無人島に
もたらされた奇跡
【ヘンダーソン島】

B3c530e5795e997acf5023d9233fc23caac0c00b

ヘンダーソン島は、南太平洋のポリネシア地域東端のピトケアン諸島にある無人島です。南太平洋にありながらイギリス領に属しています。少なくとも600年以上にわたってポリネシア人が住んでいた記録があるのですが、なんらかの理由によって島を出てしまい、今では無人島になってしまいました。

現在、この島に出入りできるのは、動植物の生態系を調査するレンジャーなど、限られた人間のみです。もちろん空路はなく、定期船も出ていないので、旅人は立ち寄ることすらできません。ここには4種の鳥と10種の植物をはじめとする、極めて珍しい固有の生物が息づいています。

その価値が評価され、1988年には丸ごと島が世界遺産に登録されているのです。

国家を自称する人工島
【シーランド公国】

1f012637768e2f56c006dd39bbcd00dfdbe46aaf

イギリス南部からおよそ10㎞の、サフォーク沖に浮かぶ島・シーランド公国。総面積は約200㎡と、バスケットボールのコートほどの大きさです。この国を教科書で探しても見つけることはできません。なぜなら“自称”の独立国家だからです。

ここを「島」とカテゴライズするかも微妙なところですが、コンクリートでできた2本の支柱の上に、金属製の甲板が乗っているだけ。その外観からわかる通り、この島は人工島なのです。

そもそもは第2次世界大戦中にイギリス軍が築いた海上要塞の跡地で、戦後は不要となって捨てられていた場所でした。放棄された要塞がシーランド公国を名乗るようになったのは、1967年のこと。元イギリス軍少尉のロイ・ベイツが勝手に要塞を占拠し、独立を宣言したことから始まります。

現在はベイツの息子が跡を継ぎ、島の統治権を売りに出しています。そんなシーランド公国ですが、今のところ、国連に加盟する国々の中で、この島を独立国と認めている国はひとつもありません。


※上記内容はすべて、書籍刊行時点での情報です。

世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
スタジオジブリの新作は「ゼルダの伝説」のアニメ化だった!...と言われても信じてしまいそうな予告編。これを作ったのは、カートゥーン調のイラストレーションを...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「El...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
アメリカ50州には、それぞれ州ごとに制定された法律があるのですが、中にはにわかに信じ難いものや、冗談としか思えないようなものも。その一つひとつを、わざわざ...
「京都は迷う街である。と言っても、道に迷うという意味ではなく、いつ行くべきか、何を見るべきか、どう動けばいいか。旅に出る前に迷い、着いてからも迷い、そして...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
鎖国の間も日本で唯一、海外に港が開かれ、さまざまな人や文化が行き交った長崎。その文化交流の中でも、日本の「和」、中国の「華」、オランダの「蘭」が交わって表...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...