もしこの世にコーヒーがなかったら、世界はまったく違うものになっていただろう

1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆の種類や産地だけじゃなくてその長い歴史を知っていることでしょう。

Elite Daily」に掲載されていたこの記事は、革命や戦争にも影響を与えてきたコーヒーの歴史に迫っています。

中東では“魔法の飲み物”と
珍重されていた

Medium 11a00a7645a7de1f3b28f34007381148933e1bf8

紀元前800年ごろ、カルディ(Kaldi)という名のエジプトのヤギ使いがいました。ある日、木から落ちた実をヤギが食べたとたん、突然活動的に。不思議に思ったカルディは、自らその実を口にしました。すると、体の底からエネルギーが湧き起こり、眠気が飛び…。

エジプトで発見されたコーヒーは、やがて中東へと伝わっていきす。イエメン共和国をはじめ中東の国々では、祈りの時間に眠気を覚まし、脳がスッキリする“魔法の飲み物”と、人々に珍重されたそう。飲めばまるでワインのように体が興奮してくることから、アラビア語でワインを意味する「qahwah(カフワ)」をコーヒーにあてたという話も。

イスラム教の普及とともに、アラビア半島から広がりを見せたコーヒー。17世紀になってようやく、オランダ人によってヨーロッパにもたらされました。こうして、コーヒーは世界へと広がり、やがてアメリカ人の元へとやってくるのです。

革命と近代化にも
大きな影響をもたらした

Medium 8b3a882eeff54351254744e836a666a5fb4d2d20

17世紀前半、まだコーヒーの存在をほとんどのヨーロッパ人が知らずにいました。社交の場での飲み物といえば、もっぱらビール。そこに表れたのがコーヒーです。

それまで日中でも酔いがまわっていたであろう人々が、コーヒーに出会ったことによって完全に覚醒。次々とコーヒーを提供するコーヒーハウスが立ち並び、人々はカップを手に自由な発想と議論を交わす社交場を得ることに。アラビア半島からもたらされた魅惑の豆は、ヨーロッパの人々を刺激し、コミュニケーションを活性化させたようです。

カフェインに誘発された17〜18世紀の会話から、新しいアイデアや発明、科学的発見がもたらされます。それは音楽界をはじめ芸術全般にも影響を与えることに。繰り返された革命にも影響を与えたという説もあるぐらいです。

コーヒーハウスでの密談が
アメリカの夜明けを刺激

Medium 46f083a95cafce4e77f0e6402229b30ba008ff65

アメリカがイギリスから独立するキッカケとなった1773年「ボストン茶会事件」以後、“紅茶を口にすることは非国民の象徴”との見方が蔓延し、アメリカ人は紅茶よりもコーヒーを食卓に運ぶようになりました。

今日、多くの歴史家がアメリカ独立戦争の勃発が、ボストン、フィラデルフィア、およびニューヨークのコーヒーハウスから興ったと推測しています。彼らが根拠とするのは、当時、イギリスに対する陰謀を企てるのに最適な環境、それこそがコーヒーハウスだったということ。カフェインがアメリカ独立の触媒であったいう所論もあるほど。さらに裏付けを加えるなら、フランス革命も同様にコーヒーハウスで計画されていたということです。

コーヒーの入手が
南北戦争の勝敗を分けた?

Medium 244fb41b54e0f63bf53e1a55b4f518aff246f575

アメリカを二分した南北戦争は1861年〜1865年まで続き、およそ62万人の命が失われました。最終的には北部が勝利したこの戦いに、コーヒーが大きく影響していたことを知る人がどれだけいるでしょうか?

長引く戦闘の最中、兵士を鼓舞する目的で両軍とも必死にコーヒー豆の入手に奔走したそうです。北部軍の方がより多くの入手ルートを確保していたことが、結果的にそれが勝利に結びついたとする学者もいます。破壊、暴力、絶望の淵で兵士たちに無上の心地よさと温かみを提供したのは、紛れもないコーヒーだったのです。

労働者たちにとっての
強力なエナジードリンク

Medium 6ae3e8860b810d0b257abeda4c733c3d42a3f7c0

18世紀半ばから19世紀にかけて起こった、産業構造の変化は社会経済の仕組みをガラリと一変させ、近代化社会の幕開けを告げました。この事実だって、コーヒーなしでは実現し得なかったもの。

過酷な労務を絶え抜く労働者たちは、1杯のコーヒーとカフェインがもたらすエネルギーに大きく依存していたようです。当時、大衆の飲み物として広く普及していたとはいえ、労働者はごくわずかな賃金を手にするなかで、コーヒーは数少ない贅沢であり、楽しみのひとつだったのです。

戦場のコーヒーは
兵士に束の間の休息を与えた

Medium 45bd349438b8573b0405ab3279cd1b227b2053d1

コーヒーが初めてアメリカ軍の配給となったのは、第一次世界大戦中のこと。激しい戦闘の合間に兵士たちがコーヒーを愛飲し、精神を安定させていたことは、容易に想像がつきます。戦後ほどなくして、米国のコーヒーハウスの店舗数は、戦前のおよそ450%増と急拡大しました。現在のアメリカンダイナーの原型になっているのがまさにコーヒーハウス。

データによれば、第二次大戦中、アメリカ兵一人あたりの年間消費量は約14.7kgという数字があります。遠い異国の地へ戦いに赴いた彼らだけでなく、国内で戦争を支えてきた国民一人ひとりが、しばし不安から解放される、コーヒーブレイクとして愛されていた様子。

ベトナム戦争の頃には、完全にコーヒーは米軍やアメリカ文化の象徴に。兵士たちがジャングルの中でコーヒーをつくり、休息を取る姿は、報道写真を通して世界中に知れ渡ることとなりました。

今日、アメリカ人は1日あたり約1杯のコーヒーを飲んでいます。栄養学の専門家からは、もっと飲むべきという声もあります。コーヒーが歴史に与えてきた影響を考えると、カップの量をもう3〜4杯増やしてもいいのかもしれません。

Licensed material used with permission by Elite Daily
コーヒーの美味しさは豆選びやブレンド、焙煎具合だけで決まるわけではありません。そもそもの「水」がいいものでなければ、決して美味しいコーヒーにはならないでし...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
海外旅行をすると、今まで自分が知らなかった文化や慣習に出合います。そうした一種のカルチャーショックこそが、楽しかったりもしますよね。ここで紹介するのは、そ...
世界を変えられるとしたら…こんな質問に下は5歳、上は105歳までの男女が、「if」の世界を言葉にしている。意外にも、ほぼ全員が“誰かのため”に世界を変えた...
いつものコーヒーにたった2つの材料をプラスするだけで、その味がティラミスに大変身してしまう。こんなことってある!?ウソだと思うなら、試しに練乳と卵を入れて...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
もともと、香りには興味があったんです。過去には、私がやっている「MINOTAUR」というアパレルブランドで、動くとアロマカプセルが弾ける“香る洋服”をリリ...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...
世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼ...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
人の手で作られた、ぬくもりを感じさせるものは、なにも形あるものだけに限りません。『I Love Coffee』は、シアトル在住の岩田リョウコさんが、香りを...
糖尿病になりやすいとよく言われる日本人には気になる話題!なんと、コーヒーを飲んでいる人の糖尿病発症率が50%以上も低かった、なんて調査結果が発表されました...
「V60オートプアオーバーSmart7」は、湯量・湯温・スピードの3要素をコントロールできる、新感覚のコーヒーメーカーです。「コンパクトサイズで...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
弾けるような躍動感がある、ペイント。実はすべてコーヒーで描いているそう。ドイツ出身のDianaさんが描くアーティスト達は、それぞれの人物が放つオーラまで再...