学校では教えてくれない、世界の「離島」にまつわるストーリー

世界には、魅力的な「離島」がたくさんあります。その島の歴史やルールを紐解いていくと、そこには必ず理由があります。

おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』を読むと、そんな離島に関する秘密が興味深くまとめられていました。

謎の壁画を残したのは、海賊?
【ピピ島】

Medium 8877ca1a34f9c010ddf07f8965a83632cb6443aa

ピピ島は、タイの南部クラビ県に属した島。正確には大小6つの島々の総称で、プーケット島からおよそ45㎞離れています。この島の最大の見どころは「バイキング・ケイブ」。ゴツゴツした岩場に大きく口を開けた洞窟で、現在は一般の立ち入りが禁じられています。

この洞窟には謎の壁画があることでも有名で、描いた人が誰なのかは、いまだに判明していないそうです。洞窟の深さは500mにも及んでいて、奥は鍾乳洞のようになっています。洞窟の右側に壁画があり、そこにはヨーロッパ、アラブ、中国といったあらゆる地域の船が描かれています。

海賊の隠れ家だったのではないか?とも言われており、バイキング・ケイブという名も、そうした言い伝えからつけられているのです。

残念ながら詳しい年代はわかっていませんが、絵は鳥の血と土を混ぜて描いたものだそうです。もし海賊船を描いたものだとすれば、いつの時代のことなのか…。なんともミステリアスです。

コロンブスが心から愛した
【エスパニョラ島】

Medium c6224062aa14339a1f46289e8c78474eed430841

カリブ海のほぼ真ん中に位置しているエスパニョラ島。マイアミから飛行機に乗れば2時間程度でたどり着くことができます。エスパニョラ島の大きさは北海道と同じくらいで、西側をハイチ、東側をドミニカ共和国で分け合っています。

この島は、1492年にコロンブスによって発見されました。最初の航海でエスパニョラ島を発見した彼は、まず島に砦を築き、39人の部下を置いて一度帰路につきます。しかし、2回目の航路で島に戻ってみると、砦が壊され、部下も全員殺されていたのです。

しかたなく別の場所に都市を建設しますが、先住民の反対、疫病の蔓延など、多くの災難に見舞われてしまいます。彼にとって、エスパニョラ島は散々な思い出しかないのです。

しかし、コロンブスは「自分が死んだらエスパニョラ島に遺体を安置してほしい」と遺言を残すほど、この島を愛していました。どんな出来事があろうとも、その後の奇跡の始まりとなったエスパニョラ島への想いを人一倍持っていたようです。

自動車やバイクも禁止の
芸術家の島
【イドラ島】

Medium 260a3450ed70001ba9c73dca309103702b7df25a

ギリシャにあるサロニコス諸島のひとつイドラ島。総面積が64㎢で細長くて小さな形が特徴です。イドラ島の美しさと静かな雰囲気は多くの芸術家の卵を惹きつけ、今では「芸術家の島」とも呼ばれています。

この島は自動車やバイクの乗り入れが禁止されていますが、じつは使いたくても使えない事情があるのです。最大の理由は、その地形にありました。イドラ島は、山が多くて道幅が狭く、急な階段や複雑に入り組んだ路地も多く、そもそも自動車の通行に適した道がほとんどないのです。

重い荷物を運んだり、遠くまで移動する場合はどうするのか?海岸沿いはポートタクシーが使われる一方、陸上で人々の足代わりになっているのは、なんとロバ。世界広しといえどもロバタクシーには、滅多にお目にかかれないでしょう。

確かに不便な面があることは否めません。その代わり、この島は自動車を導入することができないため、静かで美しいたたずまいを、これからも残していけるに違いありません。

※上記内容はすべて、書籍刊行時点での情報です。

世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
日本のみならず世界には沢山の離島が存在します。おもしろ地理学会が編集した『世界史からこぼれ落ちた離島伝説』には、謎と神秘に満ち溢れた世界の離島について驚き...
世界には、まだまだ未知の出来事や現象がたくさん残されています。とくに「離島」ともなると情報が遮断されている分、じつに興味深い逸話が聞けることがあります。お...
近年では、世界中の風景をストリートビューで見られるようになりました。ストリートビューは、地図としてはもちろん、その場所に行かなくても旅行した気分を味わうこ...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
スタジオジブリの新作は「ゼルダの伝説」のアニメ化だった!...と言われても信じてしまいそうな予告編。これを作ったのは、カートゥーン調のイラストレーションを...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
仕事がうまくいかない。恋人にフラレてしまった。生きていれば、良くないことが一つや二つ、起きてくるもんだ。そして悪いことって大抵重なって起こる。それでも僕た...
人生に行き詰ったら、旅に出ましょう!と提案するのは、今回紹介する記事を書いたShannon Kaiser氏。どうやら、数年前に会社を辞め、自分のやりたかっ...
今の生活が自分の望んでいたものではないと気が付いたとしても、そして他にやりたいことがあったとしても、現在の生活を惜しげもなく捨てるということは、並大抵のこ...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
旅慣れたトラベルライターMatthew Kepnes氏が、数多くの旅行経験を元にしたお役立ち情報を、「Elite Daily」にまとめています。旅に出ない...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
 ローコスト・トラベル(LCT)の時代がいま、幕を開けた。旅行の費用はあり得ないぐらいに安くなっている。LCCで海外に飛び、Airbnbで泊まるところを見...
年齢を重ねるにつれて、好みや優先事項は変化するもの。そしてもちろん体力も。バイタリティーのある20代のうちに訪れて、刺激を受けるべき街をトラベルライターC...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
スケートボードを一度も見たことがない、という人は、おそらくいないでしょう。どう乗るのか、もだいたい想像がつくはずです。でも世界には、こんなスタイルもあるこ...
いい国作ろう鎌倉幕府、カリウムの記号、とある国の人口…。このような知識を持つに越したことはありませんが、実際にそれが役立った場面を思い出そうとすると、やや...
世界に飛び出して、旅したいと思うすべての女性に目を通してほしい記事が「Elite Daily」で紹介されていました。今回、ライターのCharlotte B...