「島時間」を味わうなら、この島、このお宿。

会社員時代、いつもスケジュールに厳しくて「時間だけは誰しも平等だ」が口グセだった上司が、夏休みのあとに「いやー、島時間が抜けなくて(笑)」と言ったときには、ちょっと殺意を覚えた。

だけど、その言葉には、すごくユートピアというか、免罪符というか、治外法権というか、とにかく楽園のような雰囲気が漂っている。

大人たちがこぞって、その夢のような時間を追い求めるのも当然かもしれない。

のんびり・ゆったり・まったり

88d246345339f099d30b88f5ca28859fbd74a047

ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅のなかから3つピックアップしたもの。

のんびり、
ゆったり、
まったり。

波の音でも聞きながら、ビール片手に、いざ「島時間」を。

01.
自然に感謝。のんびり琉球ステイ
【沖縄・西表島】

090462026edae35d1d6cd478cd58cfeb2f9ff794

マングローブ、ジャングル、サトウキビ、イリオモテヤマネコ、ワタシ、大スキ。

日本の最南端、八重山諸島にある「西表島(いりおもてじま)」は、やっぱり手付かずの自然がいい。サトウキビ畑に囲まれた島宿で、「もう、一生ここにいるかなー!!!」とか言っちゃいたい。

「島時間」って、ただのんびりする時間じゃなくて、自分が自然のなかで生きていることを感謝する時間なのかもしれない。

詳しくはコチラ

C1e143c7f6e27157f940e2d0834f949480d4d7e8

02.
テラスでゆったり、窯焼きピザでも。
【島根・大根島】

Dd16d4b4a7e66d8aace22b39f9d0c0e0d9be8c66

島根県の中海に浮かぶ「大根島(だいこんじま)」。なんだか名前がいい。

でも有名なのは大根じゃなくて、牡丹だとか。松江からも米子からも車で30分くらいだから、家族でも行きやすいはず。

海沿いにあるので、これでもかっていうくらいのオーシャンビュー。1階は石釜ピザも食べられるカフェになっていて、ステイするのは2階。テラスには小さいツリーハウスやブランコもあって、これもまた最高。

小さい島だからこそ、自転車で島巡りをしたり、レンタルボートで中海で遊んだり。確かにここならゆったりと「島時間」を過ごせそう。

詳しくはコチラ

70de7bd7bb24595a395208add09280124aa278ca

03.
船宿をリノベ。縁側でまったりしたい
【鹿児島・甑島】

40cf6e950ac8d242b33f08fee09f65ca96ff1a10

「甑島(こしきしま)」って読みます。じま、ではないそうです。

だいたい、薩摩半島から西へ30km。東シナ海に浮かぶこの島は、離島の美しさを存分に味わえそう。

飾らない島の、昔ながらの部屋でまったりしたい。

アクティブ派は、ホストに相談すればシーカヤックや断崖クルージング、夜空のナイトツアーも楽しめるみたいだし、レンタサイクルで島内の武家屋敷巡りをするのもいい。

「まったり」は本来、のんびりみたいな意味じゃなくて、深みのあるまろやかな“こく”があるっていう意味だから、まさにこういう島で過ごす時間のことを言うのかも。

詳しくはコチラ

05a8403acbb6fccf71f97e89f1e4f6b0654d097f
Licensed material used with permission by Airbnb
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
鹿児島県の小さな離島、上甑島(かみこしきじま)。さまざまなテレビの撮影地としても話題に上がることが多いこの島は、四方を海に囲まれていて漁業が盛ん。そして秋...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
ニュージーランドのワイヘケ島は、オークランドから40分でいける島。ワイナリーと海が有名で、景色が最高に綺麗なんです。島の人たちも優しくて、疲れた心を癒して...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
さりげないデザイン。惹かれるパッケージ。手にとりやすいコンパクトな瓶。詰められているのは、新潟県の離島「佐渡島」の特産品だ。東京23区の1.5倍という広大...
スコットランドの海に、新しい主人を待つ11万㎡の島がある。ポツリと佇む真っ白な灯台が映える。そのふもとには、白で統一された小さな家。けれどこの島には、住ん...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
豊かな自然と温暖な気候が魅力の淡路島。ご存知の通り、甘くて柔らかい「玉ねぎ」が有名な、瀬戸内海最大の島です。実はいま、そんな特産品を使った「淡路島カレー」...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
国内屈指の人気リゾート「竹富島」の、穏やかなイメージを覆すような祭り。その名は、種子取祭(タナドゥイ)。別名「不眠不休祭り」とも呼ばれる祭りの実態とそこに...