くたびれた「ガイドブック」が、私をワイヘケ島へと導いた

初めてニュージーランド(NZ)に足を踏み入れたのは2年前のこと。バックパッカーを始めて7ヶ月が過ぎた頃。

まったくリサーチせずにその地を訪れるのは、私の旅の流儀。感動が半減するのが嫌だから。こうしていつものように場当たり的に降り立ったのがオークランドだ。第一印象は「まるで池袋」。

全人口よりも羊が多い、そう聞いていたのにあたり一面、地元の若者と観光客でごった返していた。渋谷や新宿のそれとも違う、ある種独特の“治安の悪さ”が空気に漂うこの街を落胆しながら歩く。

バックパッカー生活半年を過ぎて、見えない疲れが溜まっていた私は、とにかく癒しを求めていたんだ

「とびっきりの場所を教えてあげる」

221ffa6bd16f50fa9f8f3d0ba6a59d16c0864d99
Photo by Koki Yamasaki

道に迷いながらなんとか宿に着いて、出会ったルームメイトにオークランドの印象を話すと、「バカね、こんな街中に羊が歩いてるわけないじゃない!」と高らかに笑った。

目尻の涙をぬぐいながら、彼女は今にもページが剥がれ落ちそうなくらい、くたびれたパンフレットを差し出してきた。そこに書いてあった文字こそ、『Waiheke Island(ワイヘケ島)』。

52b3cfcabeb78772c3c7abef9407b178c41bb055
Photo by Yuki Hoshi

オークランドからフェリーで約40分、島民約9,000人のこの島にたどり着いた私は、とにかく海へと続く道をバスにも乗らず、まっすぐ歩いた。

旅行者の大半は船を降りるとそのままバスに乗車。だけど私にはこれでいい。肌に吹く風を浴び、周りを見ながら歩いたほうが、この島に暮らす人々の生活を地肌で感じることができる。風にはためく洗濯物。庭で洗車をする老父。民家の前を通り過ぎるたびに、大きなリュックを背負った私に気がついた人は「楽しんで〜」と手を振ってくれた。

彼らのおおらかさは、初めて訪れた私にどこか「帰ってきた」ような、郷愁を抱かせた。

気の向くままに、海とワインを巡ろう

全長約19kmの島を描いたマップには、「〇〇Bay」の文字が実に42個。さらには約20のワイナリーがある。

ワイヘケ島は「世界で訪れたい場所」の第5位に選ばれたことがある。間違いなく、この贅沢さが虜にさせるからじゃないだろうか。

とにかく癒されたい……限界点に達しつつあった私のなかに、この穏やかさと、美味しさが十分すぎるほどに染み渡っていった。いつか、もう立ち直れないくらいに人生が苦しくなった時は、“逃避”しに戻る場所、そう決めている。

この島の巡りかた?
目的地が決まっている人はツアーで申し込むのもヨシ、行ってから決めたければ、朝早く出てレンタカーか、レンタサイクルがオススメ。バスの1日パスポートもあるけれど、本数が少ないため、計算して動かないとバス停で1時間待ちぼうけという危険性もアリ。このくらい(汗)。

PALM BEACH

Dc242517af45c7f9636c5581481cecc38f89497f
Photo by Yuki Hoshi

やぶに囲まれた静かなビーチ。フェリー乗り場からバスが運行しているから、アクセスは◎。西のはずれはヌーディストビーチになっている。脱がない人は東側へ。

HOOKS BAY

調べてもほとんど情報が出てこない、秘境とも呼べる場所。透明度はかなり高めの海だけれど、ガイドブックにはサメのマークが描いてあるため、ここでは泳がないほうがいいかも。

STONYRIDGE WINEYARD

広大なぶどう園を、外のソファー席で優雅に一望しながらワインをどうぞ。常時50種類ほどの用意があるから、時間に余裕を持って向かうのがオススメ。

TE MATUKU BAY

ワイヘキ島の南東端に位置していて、海洋保護区に指定されている。島内でも特に良好な状態で手付かずの自然が保たれていて、野鳥の宝庫に。車か船でしか訪れることのできない場所だ。

MADBRICK WINEYARD

島内1,2位を争う有名なワイナリー。赤ワインを主に作っていて、日本人の口に合う料理と一緒に味わうことができる。

「いつもありがとう」の意味を込めて、特別な人を招待したい。

擦り切れのパンフレットをゆずり受け、たどり着いたこの島は、人生で忘れることのできない場所となった。オークランドを離れてから、温泉で有名なロトルアを訪れたり、クライストチャーチなどの南島にも行ったけれど、そちらの記憶は薄れつつあるというのに。

できるのなら、日頃の感謝の思いを伝えたい人と一緒に来るのがベストなんだろう。ひとりで満喫するよりも、ワイヘケ島には「誰かにプレゼントしたくなる」ような体験があるから。

ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
サンゴのかけらでできた奇跡の島。「バラス島」にあるのは、真っ白な砂浜とエメラルドグリーンの海だけです。その光景は、まさに非日常そのもの。日本地図に載ってい...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
例えば、もしあなたが喧噪とした今の生活を離れて、島で暮らすとしたらどうだろう? そんな夢想をしたことがあるだろうか?「島」ということばを聞くと、無性に心が...
世界有数の珊瑚礁に囲まれた沖縄県八重山郡の小浜島。そこは「沖縄でもっともロマンチックなリゾート」と形容されている島でもあります。そんな小浜島にある「星野リ...
亜熱帯に属する西表島は、自然が猛威を振るい続けたがために、結果として美しい自然を現代に残している。島を巡るための道路は半周しかなく、自然がありのままの姿で...
中央アメリカにある「ニカラグア」。近隣のメキシコなどは治安が心配されることも多く、ニカラグアにも同様のイメージを持つ人がいるかもしれません。旅行先の候補と...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
台湾へ行ってきた。台湾といえば、グルメと足つぼマッサージ。日本からの観光客も増えてブームとなっている。でも、そのほとんどは2〜4泊ほどのツアーなので、台北...
沖縄県宮古島を拠点にドローン空撮を提供する「Cine Aerial」が、空からしか分からない宮古島の魅力を動画にしました。美しいサンゴ礁、どこまでも続く白...
サントリーニ島といえば、白と青のコントラストであまりにも有名なギリシャの人気観光地。エーゲ海に囲まれた美しい島を「一度は訪れてみたい!」と思っている人も、...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
島の約9割を日本最大のジャングルが占めるなど、豊かな自然が魅力の西表島。「星野リゾート リゾナーレ西表島」には、そんな非日常のジャングルリゾートを遊び尽く...
海外から帰ってくると、多かれ少なかれ手元に外貨が残るはず。それを、毎度律儀に両替し直すのは、思いの外ハードルが高い。そもそも硬貨に関しては、両替所でも銀行...
旅行先で、ネットが繋がらずGoogle Mapが見れなくなった時。目的地への行き方が分からなくなり、迷った人もいるのでは?でも、この記事を読んでいるアナタ...