【ダークツーリズム】戦争に翻弄され続けた、フィリピン「コレヒドール島」

人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もあります。

そんな人類の悲しみの現場と対峙する旅が「ダークツーリズム」と呼ばれるもの。そこには悲しみや怒り、絶望しかないかもしれません。でも、実際に足を運ぶことに意味があるのではないでしょうか。

今回は、他国の戦争に巻き込まれ続け、植民地として長年耐え忍んだフィリピンの「コレヒドール島」を紹介します。

【フィリピン・コレヒドール島】
100年もの間
歴史に翻弄された島

56bef465efac45ac5aa7903fd0b1460b567815ff

Photo by Jonald Morales/shutterstock.com

砲撃を受けたままの姿で数多く残された、太平洋戦争時の戦跡。

この島は、フィリピンにありながら100年もの間、いつもどこかの国の植民地として統治されていました。歴史を振り返れば、スペイン統治から第二次世界大戦まで、島の歴史にフィリピンは不在だったのです。

フィリピンとしての
空白の歴史

18世紀、フィリピンはスペインの統治下に置かれ、「コレヒドール島」はマニラ湾に入る船の検問所として使われていました。

1898年になると、米西戦争でアメリカがスペインに勝利。フィリピンはアメリカに統治され、島は砲台を抱えた海上要塞としての役割を果たしました。

太平洋戦争が開戦すると、日本がフィリピンに侵攻。首都マニラを占領し、苦戦を強いられながらもバターン半島とコレヒドール島からアメリカ軍を撤退させたのです。

そして1945年、反撃をうかがっていたアメリカの猛攻により、日本軍は玉砕。島の中心にあるマリンタトンネル内に追い込まれ、およそ3,000人の日本兵が集団自決をしたのでした。

この戦いにより、島は一面焦土と化しました。アメリカに奪還されたコレヒドール島は、戦後2年が経つと、ようやくフィリピンに返還されたのです。

こんなところも
訪れてみては?

【サンチャゴ要塞】スペイン統治の歴史と対面
独立を訴えた者が投獄された独房や、日本軍が捕虜を処刑した地下牢や水牢など、痛々しさの残る要塞都市跡。太平洋戦争時に破壊され、今は再建されています。

1a43c34005c3a3873e17d4fee40065af1ab8dafb

【モール・オブ・アジア】アジア最大級のショッピングモール
2006年オープン。東京ドーム8つ分の広さを誇り、800もの店が軒をつらねています。ボウリング場やスケート場、テーマパークを併設しており、夜は花火も。

4e33c67531f512522bc3f2dfc677aaa07b6fd541
Photo by S-F / Shutterstock.com

【庶民の足、ジプニー】チャレンジしてみたい乗合バス
運賃は約8ペソ(約19円)と激安。おおよその行き先はバス側面に書かれており、どこでも乗り降りできます。降りるときは「停めて!」と叫ぶか、天井を叩いて合図。くれぐれもスリに注意。

Ecf9a22c201d031d8e20fbd3cc1119eda1334cb0
Top Photo by OlegD / Shutterstock.com

ベストシーズンは、11~2月
乾季のなかでも、クールドライと呼ばれる11月から2月は温度が低く、最も過ごしやすいシーズン。それをすぎると乾季でも酷暑となり、不快指数が上がります。

予算は5万円~
飛行機代、宿泊費含む、諸税等別途必要、燃油サーチャージ込み

プランは4日間
1日目 東京発、マニラ発
2日目 コレヒドール島観光
3日目 マニラ市内観光
4日目 マニラ発、東京着

※マニラまでは日本から飛行機で約4時間半。コレヒドール島には、ターミナルからフェリーで約1時間20分ほど。

島中のたくさんの戦跡が、戦争の激しさを物語っています。他国の歴史に翻弄されつづけたこの場所から、一体何が見えるのでしょうか。

【関連記事】

『人類の悲しみと対峙する ダークツーリズム入門ガイド』 編:いろは出版

世界中に点在する、戦争、迫害、破壊、災害、虐殺、社会差別など、人類の悲しみの現場と対峙する「ダークツーリズム」をまとめたガイドブック。誰もが知る有名な場所からマイナーな場所まで36ヶ所を掲載。歴史解説と見所やモデルプランを同時に読める貴重な1冊。

米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
この島では1929年から1944年、あるいは1945年の終戦まで、日本人によって化学兵器「毒ガス」が製造されていた。国際法で禁止されため、製造を隠すために...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
「あれ、今、私って幸せなんだっけ?」もし、都会のビルの狭間で自分自身を見失いそうになったら、ぜひとも訪れてほしい島がある。フィリピンのセブ島から小舟で約1...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
ここで紹介するのは、Airbnbで体験できる島旅の中から3つピックアップしたもの。「のんびり、ゆったり、まったり」。波の音でも聞きながら、ビール片手に、い...
アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...