フィリピンには「人魚になるための学校」がある!

マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。

必要な講習を受ければ、なんと人魚になれてしまうのです!

人魚になるための「AtoZ」を、
エキスパートに学ぼう。

73f17e8a7676d3db7373266b733355a0e878f4a3

幻想的な環境の中で学べるのは「マーメイディング」というスキル。コスチュームによって行動に制限がある状態で、泳法や表現を追求。レベルは全部で5段階。

レベル1~2
興味本位でもOK。

3ff1ea70eb9401b3c1ef41371273ea6094fe48f6

90分ほどの講習を受講します。内容は下記のとおり。

・人魚に関する知識を学ぶ
・ヒレをレンタルして着用する
・人魚泳法について説明
・写真撮影
(各種キメポーズ学習)
・マーメイドレッスン
(泳法と呼吸法を実践)
・フリースタイルセッション
(自分なりのスキルも習得できるかも?)
・水深3メートルまで遊泳可能
・メールで人魚証明を送付。

思い出づくりに写真撮影したり、ちょっとだけ楽しむ人はこれで十分。

レベル3
マーメイドスキルを習得しよう。

6560945839fb63f9eeb9d38f611c14c4df473cad

3時間ほどの講習を受講します。前段の項目に加えて、下記項目が。

・マーメイディング理論の学習
・シュノーケルなどのギア使用法を学習
・呼吸維持法を習得
・人魚泳法に加えて、レスキュー法・セルフレスキュー法を学習
・マーメイドスキルを習得
(トリック、バブル、ブローなど)
・水深10メートルまで遊泳可能

レベル4
よりグラマラスにスキルUP。

A0499d2e12fa1ae0c85528714e6c097cbd9a25ff

4時間の講習を5日間に渡って受講します。ここからはエンターテインメント性を突き詰めていきます。
※スキューバダイビングの資格、レベル3までのマーメイドスキルの取得が必要条件。

・よりグラマラスに。シンクロさせたマーメイディングスキルを習得
・空気入りのタンクを背負い、フリーダイビング
・パフォーマンストレーニング
・動画撮影

レベル5
インストラクターに転職だ!

1f3df7a0b38c08c33c8ba6904958638ee05bb6a2

4時間の講習を5日間にわたって受講します。この道のエキスパートになるためのものですね。
※スキューバダイビングの資格、レベル3までのマーメイドスキルの取得が必要条件。

・画像や動画編集
・心肺蘇生法、応急処置の習得

が追加。

以上を経て、IMSIA(インターナショナル・マーメイド・スイミング・インストラクターズ・アソシエーション)認定の人魚資格を1年間保持できるようになります。その後の経験次第では、履歴書や職務経歴書に「人魚」と書けるように。すごい!

世界で初めて「マーメイド・スイミング」を教える学校として開校したと言う同校には、エンターテインメント業界を目指す人々が集うそうですが、旅行の思い出作りとしても気軽に参加できます。詳しくはコチラから。

どんな体験になるのかは、動画をチェックしてみて。

もちろん男性もウェルカム!

B0784081cd2cc81240a63c62a66265563abaeb46
Licensed material used with permission by Philippine Mermaid Swimming Academy
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
人魚と聞いて真っ先に思い浮かべるものの上半身は、きっと女性でしょう。でも、その男性版がいることを知っていますか?前者をマーメイドと呼ぶのに対して、後者はマ...
パラセーリングにウェイクボード、さらに人気急上昇中のフライボードなど、エキサイティングなマリンスポーツは多いですよね。ただし、ここで紹介する「サブウイング...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
渦の中を泳ぐ、ひとりのマーメイド。海をイメージして撮影されたこの写真には、なんと約1万本ものペットボトルが使用されているそう。カナダに住む写真家のボン・ウ...
今日は結婚式。会場はカリブ海のまんなか。主役である花嫁はまるで人魚のよう…。まわりのゲストたちも水をかけて祝福しています。そんな夢のような結婚式を挙げたの...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。フ...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
フィリピン、マレーシア、インドネシア周辺の海域に定着し生活をしており、住居は海の上。そんなバジャウ族には国籍がないと言われています。水上生活が主なため、陸...
地上に存在する「美しい場所」を求めて撮影の旅を続けるのは、フランス人フォトグラファーArnold Longequeue。最新シリーズ『The Quite ...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...