あなたは『戦争のつくりかた』を知っていますか?

世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。

作品に対しては、伊勢谷友介や松田美由紀などの著名人がコメントを寄せるなど、強い関心を示している模様。その映像がここで紹介する『戦争のつくりかた』です。

戦争・平和についての7分半

Aab2c00f213e0cedcedb910fa5c4d4382bfab02d

『戦争のつくりかた』は、2004年に発表された「りぼん・ぷろじぇくと」による絵本。東日本大震災をきっかけに発足したグループ・NOddINの働きかけで、このたび映像化が実現したのだそう。「日本(NIPPON)をひっくり返して見ること」を名前の由来とする彼らは、政府の原発や安全保障の政策に疑問を抱いた国内の映像作家やプロデューサー、アーティストで構成されています。

Cc2c060e1ae1e12b9771a7c5ee20355bed880e0a

作品は、このようなメッセージでスタート。

この絵本は、2004年、日本が戦争へと近づいていくのではないかと気付いた人たちによって制作されたものです。この絵本をいま開くと、現在の日本や私たちの日常がその絵本に描かれている姿へと日々近づいているように思えます。

7c424581abfbbdb3529f8d9598e37df08508adc0

あなたは戦争がどういうものか知っていますか?おじいさんやおばあさんから、昔のことを聞いたことがあるかもしれません。学校の先生が戦争の話をしてくれたかもしれません。

5b2f0f50c4dd8c8c150b87e24f6959f1ba754bcbA352a30efaae5424566669b87771b7a3440ff15c

私たちの国は70年近く前に「戦争しない」と決めました。だからあなたは戦争のために“何か”をしたことがありません。

D44cd55852e152655cb51a3e829fbf24bdda27df

でも、国の仕組みや決まりを少しづつ変えていけば、戦争しないと決めた国も、「戦争できる国」になります。

その間には、例えばこんなことが起こります。

Ed89988f1c500df5b86a4a30685f87548727a9bfBf8552856fcd00a66cd8eb3c1adcca1d8a3a2098

私たちの国を守るだけだった自衛隊が、武器を持って、よその国に出かけるようになります。

D6cac2e43f747adf7a9c8f7a604a062971014608

「世界の平和を守るため」「戦争で困っている人々を助けるため」と言って。また、

B0deae399c00643c7a49a435f2314b486fe6c4b2

「戦争のことは、ほんの何人かの政府の人で決めていい」という決まりを作り、

A0f2a7a3b2ec3d4a51dc69a7e2d47a2bade88212

他の人には「戦争することにしたよ」と言います。

私たちの日常は
どのように変化する…?

34fb8dc02c2d843e59bc77683916c1e017e28703D1ff6b00537f546cad603b57ce3ce2f0e4e0eb81C0f1ca86df268e7c17a86c9912797a9cd342132d

…と、いよいよココから、私たちの普段の生活への影響が描かれていくことに。

「私たちはそれぞれにいろんな立場があります。でも、どんなに政治的な議論をしても、それぞれの解釈を持ってしても、『戦争をしては­ならない』という想いだけは、誰もが疑いなくイエス!と言えるものであると思っていま­す。この物語が、多くの人の心に触れ、平和の礎の一つになることを願って」

そのようなNOddINの“反戦”への願いが込められたアニメーション。ぜひ続きを以下でチェックし、「平和」についてあなたなりに考えてみては。

©『戦争のつくりかた』アニメーションプロジェクト

Licensed material used with permission by NOddIN
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
人気起業家である猪熊真理子さんの著書『「私らしさ」のつくりかた』では、なりたい「私」の見つけかたから、好きなことを仕事に変えて、ファンをつくるまでの方法が...
いつかは好きなことを仕事にしたいけれど、自分の得意なことがわからない、そもそも好きなことで食べていけるわけがない、…と躊躇している方も多いのではないでしょ...
人類の歴史は戦争とともにある。嫌が応にもそれを実感させられる内容の動画がこちら。人類の歴史を過去1,000年遡り、世界史に影響を与えてきた主な戦争をイメー...
依然として内戦が続く、シリア北部の都市アレッポ。この街に、空爆に怯えながらもTwitterで状況を発信し続けている7歳の少女がいます。彼女の名は、Bana...
「Collective-Evolution」の創設者、Joe Martino氏の記事を紹介します。彼は"世界にある奇妙な常識"について書いており、多くの反...
第二次大戦が終結して70年の月日が経ちました。戦争体験者の高齢化が進み、次世代へと語り継ぐ人々が年々少なくなっているなか、戦争の記憶の風化が懸念されていま...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
船尾修さん。アジア・アフリカでドキュメンタリー作品を撮り続けている写真家。彼は撮影でフィリピン・ルソン島の世界遺産に登録されている棚田に訪れた時、そこがか...
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
アメリカでは、5月の最終月曜日は祝日。メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)です。軍隊になじみのない人には、ともすればパーティーへ行くための祝日として捉えら...
「いやいや、普通に時刻を教えてよ!」と思わず言ってしまいそう、というか言ってしまった。従来の時計の役割は、もはや後回し。むしろ「教材」のような印象が強いA...
北イタリア、ベネト州に暮らすブルーノ・フェリーニさん。彼は発明家であり、自ら「エコパーク」と名付けた、森の中の遊び場をたったひとりで創りあげた人物です。森...