【閲覧注意】負傷した兵士たちの写真作品。戦争のリアルを直視できますか?

ここで紹介する写真は、戦争で傷付いたアメリカの兵士たちを写したものです。どれも衝撃的で、目を覆いたくなるような内容かもしれません。ですが、これが戦争の現実。撮影したカメラマンからのメッセージは、目を背けずに「直視すること」です。

“The Unknown Soldier”
(無名の兵士たち)

Nickimages © David Jay/David Jay Photography

写真で水中にいる彼はNicholas Vogt大尉。2011年アフガニスタン駐留中に戦闘で負傷し、両足を失いました。アメリカに帰還し、ウォルターリード米軍医療センターで療養中の彼を写真に収めたのが「The  Unknown Soldier」プロジェクトを手がけるカメラマンDavid Jay氏です。

「ナショナルパブリックラジオ(NPR)」によると、NYを拠点に活動するJay氏はもともと、『VOGUE』や『COSMOPOLIAN』などで活躍するファッションフォトグラファーでした。しかし、乳房切除痕の残る女性の肖像画シリーズを撮影したことで、彼のライフワークはファッションとはまったく別のものに。
「ファッションは美しく妖艶だが、すべて虚偽の世界だった」。以後、Jay氏の視点は“真実”に焦点をあてたものへと変わりました。

兵士の心を動かした
カメラマンの信念

Nick2images © David Jay/David Jay Photography

Jay氏はこの「The Unknown Soldier」プロジェクトを進めるにあたって、毎日のようにVogt大尉がいる病院に通い詰め、撮影の趣旨を何度も丁寧に説明したそうです。その甲斐あって、誰にも言えずにいた“心の葛藤”を作品に込めて欲しいと、自らの姿を撮影することを許可したと言います。

「手足を失ったとき、親友を失ったように思えたんだ。もちろん、今でも彼らと一緒にいたい。だけど、もう二度とそれは叶わないこと。その気持ちを再び奮い立たせ、残された体と命に感謝して“今”を生きている」

その後、Jay氏は約3年をかけて、イラク、アフガニスタンでの戦闘で負傷を負った兵士たちをカメラに収めていきました。

彼らの傷痕は
国民一人ひとりの傷痕

Laylaimages © David Jay/David Jay Photography

Mattimages © David Jay/David Jay Photography

Tomasimages © David Jay/David Jay Photography

PA266660-Editimages © David Jay/David Jay Photography

P7223784-Editimages © David Jay/David Jay Photography

PA056143images © David Jay/David Jay Photography

Michaelimages © David Jay/David Jay Photography

P9145571-Edit-2images © David Jay/David Jay Photography

Jerralimages © David Jay/David Jay Photography

「彼らの傷痕は、我らアメリカ国民一人ひとりが負っているのと同じ」

「写真を通して彼らを直視すること」それが、真に戦争を理解していくことの最初のステップになると、自身の信念を訴えるJay氏。
「The  Unknown Soldier」の作品の一部は現在、イラク、アフガニスタンでの戦闘を伝える貴重な資料として、米国議会図書館に保管されています。

DSC_6629images © David Jay/David Jay Photography

Reference:NPR
Licensed material used with permission by David Jay Photography

アメリカ人フォトグラファーMichael Stokes氏。彼の専門は、人間の躍動感や肉体美を表現する「フィットネスフォト」と呼ばれるジャンル。彼が今回、写...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
世界的にも評価の高い、日本を代表する映像作家たちの手でつくられた“とあるアニメーション”が、いま大きな話題を呼んでいます。作品に対しては、伊勢谷友介や松田...
戦争の夢には、逃げ出したくなるような悲惨な状況に追いやられることもあります。ただ、戦争の夢には自分に対する大切なメッセージも隠れているんです。空襲精神的な...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
Regina Wyllieは、プロのカメラマンとして活躍している9歳の女の子。その写真のクオリティは大人顔負け。一体どうなってるの?よく撮れていますよね。...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
ショッキングなこの動画は、アメリカの動物愛護NPO団体が、ある豚肉処理工場に潜入取材し撮影したものです。欧米で物議を醸している理由は、米の法律で禁止されて...
戦争の悲惨さを訴える手法として、映像は効果的です。この動画もそのひとつ。衝撃度大のバーチャル・リアリティに、あなたは何を思うでしょう?動画はゲームのように...
「シエナ国際写真賞」は、文化発信や芸術発展のために広く作品を募集している大きなコンテストのひとつ。ここでは、世界中から集まった50,000点の写真の中から...
フランス人フォトグラファー、Kares Le Royが16ヶ月もの間、中央アジアの遊牧民に密着して撮影した数々の写真。彼はバンに乗り、一緒にロードトリップ...
えっ?と一瞬目を奪われてしまうほどのリアルな人魚の写真・・・。ディズニー映画『リトル・マーメイド』のように海を泳いでみたい!と思ったことがある人は多いかも...
昨日の夕食は何を食べましたか?そして、今日の夕食は何を食べますか?SNSにはおしゃれなディナーや手の込んだ手作り料理の写真が並んでいるけど、みんながみんな...
まるで空に浮かんでいるような瞬間を切り取った「浮遊写真」。Instagramをはじめ とするSNSにたくさんアップされていますが、浮遊姿勢、美しさでいった...
  001.「てっちゃん、南極行かない?」 今月2014年5/1号『BRUTUS』の表紙は、伊藤さんが南極で撮影された写真なんですよね。素敵な写真ばかりで...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...