「リアル」と見事に融合するストリートアートって?(写真14枚)

単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?
しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。以下を見ればその理由が分かるはず。

建物の形状や、そこにある「モノ」とシンクロ!

F431341433d8e638dd6511be424a2b0bbfb2b2c5

そう、リトアニア出身のアーティストErnest Zacharevicが描くのは、建物の形状やそこにある「モノ」と上手くシンクロするように計算された作品。リアルに存在しているリヤカーとオランウータンが見事に融合していますよね。

Ca3ec9922a53969fe3e62cfc450e1c95940fe4208274554e0404a38a356cdb3311fc281122248a2018a4875473d3d7098f7a81caaf9f8851251cb85bE8361d2812c52ba8613d98a9e41a8fb534f6b0146fed706b4bd40372d79a8fd1b64f542faa763067

海に捨てられたゴミすらも、彼にとっては作品の一部。

D347d6415e85dae3b3d3e1c52800cbe41f7a9e3fC1f9f2790708a543653948bee3787cbe974efd76
Photo by Ignas Falkauskas
2cd2d0b89b3cf94bb8c2f090b9228b3dfc496b4f

お見事。

6055e098f270a0ed338b17f3b6799f4183db5d4b51c8520909187ba372958e060a00cf0aca3c10df485cfe046cc2e7d3607e9b650c5095a7397cf5adB18f16d2c20c6a1d70de716c93018bcd449b86cc
Photo by Maciej Krüger
074d313496a57375bcf02f954c55245d95ba29e4

彼の作品は、母国リトアニアにとどまることなく、ヨーロッパ各国、アメリカ、マレーシアなどに点在している模様。もっと見てみたい!という人はHPをチェックしてみて。

Licensed material used with permission by ERNEST ZACHAREVIC
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
一見、何でもない街中の写真。でも、よく見ると「目ん玉」があるではないですか!?目ん玉を仕掛けたのは、スウェーデン出身のクリエイターSpader &...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
ストリートアートの世界で、女性の作品は軽視されがちだと考えるアーティストのNINAが立ち上げた女子のためのグラフィティキャンプ。少しでも興味のある若者たち...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
南アフリカ・ケープタウンを拠点に活動するグラフィックアーティスト「Falko」は、同国のアートシーンを牽引してきた存在らしい。ここで紹介するのは、そんな彼...
13歳のMuretzは、絵を描くことが大好きな少年。ある日、授業中に描いたラクガキがきっかけで学校を退学になってしまう。その後、15歳にして描きながら生計...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
ここは、NYブルックリンの街角。ポップでかわいいストリートアートが出現しました。世界中のトラベルスポットも描かれていて、さながら旅行気分でキュートなセルフ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...