ヒマワリに星が降り注ぐ!日本人写真家による「星空アート」がロマンチック

それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!

こんな作品、見たことない。

Medium e964892a87dd996dc45ec363692ddc27bec8df6b

実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名前で活動中の内田大成さん。風景写真のリアリティーと、星空写真のファンタジーさが不思議な魅力を醸し出しています。

Medium d4e2f59a0d995e93be016da9f00d3b0b25c9499fMedium ae69e7d873a6a206795b27c13a47c1a2e4db73e2

今年5月には、自身初となる念願の個展を開催。会場は東京でしたが、大阪や宮城、徳島など遠方から足を運んだ人もいるほど大盛況だったようです。

Medium 5eedac73c6479e6c751561cab327071cb4bdf662

「星を見ていると宇宙を旅している気分になる」

星空の撮影時はいつも、こんな思いを抱いているのだそう。

Medium e96f073263601d682dfc67f503d273ffc68cd428Medium 461a41cc7af5db6d683fd978ba3feb4c52c60e7a

自身が選ぶ、
昨年の「ベスト4」がこちら!

これは、昨年末に内田さんがTwitterに投稿したもの。自身の一年を振り返り、ベストな4枚として以下をチョイスしています。ツイートは3,500を超えるリツイートを記録。「鳥肌もの」「何これ!」と驚きの声が数多く寄せられています。

Medium 17243c05afe3a22f1b7764c7bc00eb2ca0c0b4b5Medium 53bb1639b75865261943d5c852e3a44b91a771c7Medium 9534e1bfb30b230512b6551ad4b7b581f83468c4

中でも、もっとも反響の大きかった一枚がコチラ。木の写真を撮って空を全て切り抜き、自作の露光間自動ズーム装置で撮影した星を合成。力作です。

Medium 45f41670ee9eddd981ad301d45dd26a117103d4c

どの作品も過去に見たことのない種類のものなので、どんどんスクロールして見てしまいますよね♪彼のTwitterアカウントをフォローしておけば、新たな「星空アート」が見れるかも!

Licensed material used with permission by 内田大成, (Twitter)
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
移ろいゆく街の風景を収めたタイムラプスムービーは数多い。でも、ここで紹介する『Wonder Endlessly』は、「自然」に焦点が当てられています。アメ...
ニュージーランド北島にあるワイトモ洞窟(石灰岩の鍾乳洞)。地下250メートルの新世界に広がるのは、青くきらめくミルキーウェイ。地下洞窟に幻想的な星空が広が...
今まで“ふぁぼ”という愛称で親しまれていた、Twitterのお気に入り機能。このアイコンが、星マークからハートマークに変わり、"お気に入り"から、"いいね...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家A...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
JakeとJoは、ふたり組の写真家。カップルでもあるふたりは、2016年の冬、ニュージーランドを旅しながら、美しい星の写真を撮り続けました。ニュージーラン...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...