あなたにとっての「運命のアート」を教えてくれるサービス

サンフランシスコ近代美術館が、なんとも便利でロマンチックな試みを開始した。

「Send Me SFMOMA」というこのプロジェクトは、SMSで「○○を送って」とテキストを送ると、収蔵品の中からそれに合ったアートをひとつだけ選んで見せてくれる新感覚サービス。キーワードや色、さらには絵文字にまで反応するそうで、その新鮮さが話題になっているのだ。

知識も時間も必要ナシ!
直感的にアートと出会う

49ad11ca1d2eaa5d5130f57fcd2f0b8d1fa8cda3

使い方は極めてカンタン。美術館の電話番号にSMSを送ると、数秒で画像や年代、アーティスト名などが送られてくる。ちなみに、上でリクエストしたのは「sunshine」。

根っからのアート好きにはもちろん、「美術館に行きたいけれど、きっかけがない」とか「時間も知識もないけど、ちょっとアートに触れてみたい」って人にもかなり嬉しいツール。お気に入りの絵文字とか、色々試してみたいかも。

6b30062a12c125e0e84a1d0b9071c02dd0d969ac

34,678個のアートから
たったひとつをピックアップ

3e521d12b679c6b4cb45c21b95bcbb5e09e668e0

研究によれば、美術館を訪れた人が1つの作品を見るのに費やす時間は平均7秒。それでどうして「鑑賞」したと言えるのでしょう?しかも、このミュージアムの全ての作品は34,678個。7秒ずつ見るとしたら、一睡もせず見て周り続けても3日近くかかかるのです。

と、運営元。

彼らだって、なにもこの膨大な美術作品を「全部見てほしい!」なんて願望はないわけで。しっかり味わって、自分だけの出会いを見つけてほしい。そんな思いでこのプロジェクトをスタートさせたのだそう。

もちろん一種類の送信内容でもたくさんの結果があるのだけど、送られてくるのはその中から選ばれたひとつだけ。これはもう「運命の出会い」といっても過言じゃない。

55b6a10290ca69b83aa50977d5c8293c223e9d74

なんとなく愛着が湧いて、送られてきたものを見るために足を運ぶことがあるかもしれません。その時、その作品にとってあなたは「特別な存在」なのです。数多の作品の中でそれを楽しみに来た人は、ひょっとしたらあなた一人かもしれないのですから。

このサービス、現在はまだアメリカ限定とのことだけど、今後範囲を広げていくそうなのでこうご期待。日本の美術館でもやってくれたら、楽しみが増えそうだ。実際のサービス利用イメージは以下の動画で。

SFMOMAさん(@sfmoma)がシェアした投稿 -

Licensed material used with permission by SFMOMA
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
過疎化に悩んでいるのは、日本の田舎に限った話ではないようです。ここ、イタリアのチヴィタカンポマラーノ(モリーゼ地方)は、人口600人ほどの小さな村。年々進...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
絵の前に立って、ポーズをとり、撮影して、そこで初めて完成する絵画。参加型のインスタレーションは多いけど、参加者の手によって成り立つ作品は珍しいと思います。...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...