東京・目黒の庭園美術館の歴史と触れ合える時間。12月25日(日)まで開催中!

夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとして見ているものには、実は命が宿っていて、耳を澄ませば、声が聞こえてくるような。モノだけじゃない、今いる場所、たとえば、自宅でも、職場でも、自分を包みこんでくれているものすべてに命があると思えば、なんだかすべてが愛おしく、感謝の気持ちでいっぱいになります。そんなことを思い出させてくれる素敵な展覧会が、東京・目黒の庭園美術館で開催中です。

現代アートの巨匠・ボルタンスキーと、
歴史ある建造物との出会い。

Medium 501b63889a39d2e49168c82172878f2a09ce1e5b
東京都庭園美術館 本館 大広間

現代アート界の巨匠、クリスチャン・ボルタンスキーは、独学でアートを学び、10代で現代アート作家としてデビューしてから、40年以上、絵画、彫刻、写真、映像などを組み合わせた作品を発表しています。作品のテーマは、一貫して、生と死、そして、記憶。現在、東京・目黒の庭園美術館で開催中の『クリスチャン・ボルタンスキー アニミタス-さざめく亡霊たち』は、東京での初個展となります。

ため息をつくほど美しい空間。
しかし、作品は見当たらない。

Medium 55c0c2a33e1b765e2879f9e0fa85773dd6c4123d
東京都庭園美術館 大食堂
Medium c7dd1e0ef5fddd35faefcbdc993fcb58900d7d64
東京都庭園美術館 大客室

写真だけを見てしまうと、「作品」のようなものが視界に入ってきません。絵が飾ってあるわけでも、彫刻が飾ってあるわけでもありません。作品は一体どこだろう?そんなことを考えながら、しばらく歩いていくと、建物の至るところから、男の人や女の人、さまざまなささやき声が聞こえてきます。

空間そのものが作品。
失われた記憶を「声」として展示。

Medium f85d6f4f161a9a2331a92e99daad8e6dcd201dc0
東京都庭園美術館 本館 第二階段踊り場

この「ささやき声」こそが、作品だったのです。ボルタンスキーは、建物が、1906年に創設された宮家の邸宅であることや、アール・デコ様式の意匠で高く評価を受けた重要文化材であることに興味を持ち、古い壁や部屋に、長年そこで暮らし、過ごした人々の言霊が宿ると考えました。

声が聞こえる方へ向かい、しばらくそこに立って、全身に意識を集中させていると、たしかに、亡霊たちの声に聞こえてくるようです。ささやいているのは、誰の声でしょうか。部屋のあちこちをおもむろに歩き回りつつ、想像力を働かせながら、耳をすませたい作品です。

すべて生きているという感覚。

Medium 0294fc8e897cdb739455746ce36a3afa9596baad
《アニミタス》(小さな魂)、2014年 Photo: Angelika Markul Courtesy the artist and Marian Goodman Gallery

建物を歩いていくと、骸骨の影絵の展示があったり、録音された心臓音を流し続ける部屋があったりと、ささやき声と相まって、建物そのものが生きているように感じられます。亡霊たちが私たちの訪問を楽しんでくれているかのようです。

庭園美術館の澄み切った空気と溢れる緑、そして、自分たちが知りえなかった歴史を感じられる展示。現代アートという枠にあてはめて見てしまうと、つい、むつかしく考えてしまうかもしれませんが、気軽に、リラックスして足を運んでみてください。

Licensed material used with permission by 東京都庭園美術館
海底にある美術館?海底に沈む人工リーフを使用して、海底美術館を創る男をご存知だろうか?アメリカのトレンドを伝えるメディアLIFEBUZZ で取り上げられ話...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
確かな味覚と独自のこだわりで知られ、戦前に会員制食堂「美食倶楽部」を開いたことでも知られる美食家、「北大路魯山人」をテーマにした「食べるアート展 L'ar...
ユネスコ(国連教育科学文化機関)は、上野の国立西洋美術館を世界文化遺産として登録したと発表しました。これはフランスの建築家、ル・コルビュジエの建築作品を7...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
大英博物館やテート・モダンなど、名だたるミュージアムを数多く抱えるロンドン。先日、この街のとあるギャラリーで開催されたのが、犬のための現代アート展です。「...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
正月気分も薄れ、いつも通りの日常に戻った今日この頃。楽しかった年末年始の出来事を懐かしみ、まだ気持ちを切り替えられていない人も多いかもしれませんね。さて、...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ニューヨークで活動するアーティスト、山口歴の作品が「WALLS TOKYO」に展示中だ。会期は10月8日まで。絵具の筆跡を貼り合わせる表現手法「カットアン...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
なんとなく落ち込んでしまいがちな雨の日を「アートの力」で元気に!「Rainworks」は、そんなコンセプトのもと、米・シアトルから発信されているストリート...
中目黒には、こだわりのクラフトビールとフードが味わえるお店がたくさんある。ここでは、とくに今週末訪れて欲しい場所を紹介する。というのも、ある4店舗で「Po...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
夏。最高のロケーションと音楽を満喫したいなら見逃せないのがコレ。会場は、都会のオアシス、豊洲マジックビーチ。え、まだ行ったことがない?ナンテコッタ!ゆっく...