3/20(日・祝)開幕!「瀬戸内国際芸術祭2016」の楽しみ方

「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞台に、春・夏・秋の三期に分けて開催されます。

春会期は3月20日(日・祝)にいよいよ開幕。ここでは、その見所をピックアップして紹介しましょう。

01.
直島

「ベネッセハウス ミュージアム」「家プロジェクト」「地中美術館」などにより、現代アートの聖地として一躍有名になった直島。島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段です。レンタサイクルを利用する際は安全運転で。

ANDO MUSEUM

9d564962951eabcc72e06802d812627fb0d12ac0

設計:安藤忠雄
撮影:浅田美浩

外観は古い民家の姿を残していますが、内部は打ちっぱなしのコンクリート空間。照明はなく、自然光とその影が奥行き感を与えます。

直島パヴィリオン

706ac50d37c7537c324bce2b7069e4b7d2d428da

所有者:直島町
設計:藤本壮介建築設計事務所
写真:福田ジン

大小27の島々で構成される直島の「28番目の島」というコンセプトで、宮浦港南側に設置。蜃気楼で海面に浮かんでいるように見える「浮き島」を表現しています。夜間は写真のようにライトアップされ、内部に入ることも可能。

02.
豊島

縄文時代の遺跡が点在する、棚田が広がる豊かな島。海山の幸に恵まれ、食に関わるプロジェクトも始まっています。ここでも、島内バス、レンタサイクル、徒歩が主な移動手段

豊島八百万ラボ

0b1df4fba7631b44d7b335c46fdee303692e1980

施設完成イメージ
作家:スプツニ子!
提供:成瀬・猪熊建築設計事務所

アーティスト・スプツニ子!の作品が瀬戸内国際芸術祭に登場。先端科学とアートとのコラボレーションにより、新たな神話を生み出そうとする施設が誕生しました。

あなたが愛するものは、
あなたを泣かせもする
(日本フランチャイズ
バージョン)

A3ef2edaaec8c7b9fe473e99ad203fd8c456150c

作家:トビアス・レーベルガー
撮影:中村脩

視覚的に大きなインパクトがあるこの空間は、建物自体がまるごと作品となったレストラン。迷彩柄やストライプ、水玉などの模様が天井や床、壁、テーブルに施されています。

島キッチン

688159dfd83ef5da088d31d637786c72951486db

作家:安部良
撮影:中村脩

古民家や蔵を改修し、レストランやギャラリーに。地元産の魚や野菜をふんだんに使った料理が、アートと一緒に楽しめます。

03.
女木島

冬の強風に備える石垣「オオテ」に守られた島。路地のある集落をめぐり、鬼ヶ島大洞窟のある山頂を目指しましょう。徒歩が主な移動手段ですが、鬼ヶ島大洞窟へは島内バスが便利。

女根 / めこん

C40362b17bc4eb63473d373c30bc31e9414b855e

作家:大竹伸朗
撮影:渡邉修

休校中の小学校の中庭で展開。女木島の“女”と、「生命力」の象徴としての“根っこ”、そして本作品が女木島の人々の憩いの場として島に“根付いていくこと”への願いが込められています。瀬戸内国際芸術祭2016では、校舎入口周辺にも“大竹テイスト”が拡張。

不在の存在

0e56a0655efd50fd3870e05eacacadac3b6b9565

作家:レアンドロ・エルリッヒ
撮影:中村脩

「見えないもの」は、足跡だけが歩いていく不思議な石庭。「二重の茶室」にある鏡には、なぜか自分の姿が映りません。

04.
男木島

平地の少ない急傾斜の島。斜面を覆う集落には、迷路のような路地があり、宝物のように作品が点在しています。島内にバスはなく、徒歩が主な移動手段。レンタサイクルも利用できますが、坂や階段が多い集落内での利用は避けるのがベター。

男木島の魂

80883638dea3882cdb8754d33222fc77cdf57382

作家:ジャウメ・プレンサ
撮影:中村脩

船で島に来た人を迎える、半透明の交流館。屋根には男木島から着想を得たワードが、8ヵ国の言葉で刻まれています。

05.
小豆島

海と山、2つの視点から島の魅力を満喫できる豊かな場所に、アジアの作家たちの作品が融け合います。島内ではバス移動が便利。レンタカーや自家用車の乗り入れも可能。

うみのうつわ

C7da51516dac636f37e3a06ee6a068039a662b58

作家:長澤伸穂
撮影:高橋公人

テーマは「小豆島の成り立ち」。船の母体(うつわ)が、瀬戸内海のさざ波と呼応し、まるで呼吸しているかのように紺碧色のグラデーションに変化します。

06.
大島

長期プロジェクトが展開される、ハンセン病回復者の国立療養施設がある島。島内は徒歩移動のみ。会期中は高松港インフォメーションセンターにて申込を行ってから乗船してください。

青空水族館

D3f97af79142c12bde7f19ba1759a38b59ec728d

作家:田島征三
撮影:高橋公人

入所者が暮らしていた寮で繰り広げられる海賊と人魚の恋物語。大粒の涙を流し続ける人魚などが観れる、回遊型のインスタレーションです。

07.
犬島

近代化産業遺産である製錬所の煙突がそびえ立つ島。作品と風景を同時に楽しめる、犬島「家プロジェクト」を展開。島内は徒歩移動のみ。

犬島精錬所美術館

9ea8867d30209f5efcd8ad69aa23a2f074ee0e70

作家:柳幸典
撮影:
阿野太一

わずか10年で操業を終え、廃墟と化した銅の製錬所が美術館として再生されました。建築は三分一博志。内部には柳幸典のアート作品を設置しています。

08.
沙弥島

万葉の歌、古墳・遺跡などの歴史を感じられる島で作品を展開。沙弥島には陸路でアクセス可能。坂出駅からのシャトルバスが便利です。島内への自家用車の乗り入れは避けてほしいとのこと。

八人九脚

C905641686965c0f5f755663cd14897ca4cd69e9

作家:藤本修三
撮影:高橋公人

「橋・島・人びとを繋ぐ」をテーマに8脚の椅子を横方向に連結。前回のナカンダ浜から瀬戸大橋記念公園に移設しています。瀬戸大橋を眺めながら、ゆったり休憩を。

09.
高松港

島々への玄関口となる高松は、瀬戸内国際芸術祭におけるマザーポート。高松港周辺の移動にはレンタサイクルが便利です。

Liminal Air -core-

7ce73b3c3fc8debbf736ecef45c8ba37f91966f8

作家:大巻伸嗣
撮影:中村脩

瀬戸内国際芸術祭の玄関口となる高松港の新たなシンボル。高さ8メートルにおよぶ2本のカラフルな柱は、国際的に活躍するアーティスト大巻伸嗣が制作したもの。

10.
宇野港

本州から直島、豊島、小豆島、高松へと出発する海の玄関口。元気な作品が、旅の門出を祝ってくれます。宇野港ではフェリー乗り場と高速船乗り場が分かれているのでご注意を。宇野港周辺の作品は徒歩移動で巡ることが可能です。

宇野のチヌ

B4945c7eaf120d6310ecab6a66fa56afb9719853

作家:淀川テクニック
撮影:中村脩

第一回目の芸術祭で設置された巨大なチヌは、岡山市にある児島湖で集めたゴミで作られています。前回に引き続き、パーツを取り替えて再登場。

今回は、まもなく開幕となる「春会期」で楽しめる作品の一部を紹介しました。鑑賞には、春・夏・秋の3シーズン有効の「作品鑑賞パスポート」がお得です。美しい瀬戸内を舞台に開催されるアートの祭典を、思う存分満喫してみては?

現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。宛先は、いつかのどこかの誰かこちらは...
高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
サグラダ・ファミリア、カサ・ミラ、グエル公園…。思わず見上げてしまう観光名所ひしめくバルセロナで、あえて目線を足元に落としてみたら、そこにしかない特別なア...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
映画館に行く。ストリーミングで見る。DVDを借りる。そんな選択肢の中に屋外映画祭があります。珍しくは感じないかもしれませんが、参加する機会が多いわけでもな...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
日本3大奇祭のひとつに数えられ、数え年で7年に一度行われる長野県諏訪地方の御柱祭。7トン超えの巨木を山から切り出し、諏訪大社まで最短距離で運ぶために川を越...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
ここに紹介するのは、精巧なモザイク画のような切り抜きで、絵柄や文様を表現した「海苔」。もちろん、どれもちゃんと美味しく食べることができますが、それよりもま...