瀬戸内国際芸術祭に登場した、新感覚アート「檸檬ホテル」。一体コレってなに!?

現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百万ラボ」など、特に注目作品の多い島として認知されています。

ここで紹介する「檸檬ホテル」は、そんな豊島に夏会期より新たに加わったアート作品。なんでも、この中で行なうちょっと変わった行動「ほほレモン」とやらが話題になっているそう。

「2人でカップルになりなさい。相手がいない場合は、現れるまでしばし待つ」

0131028653ae444f98cae2654c30d87e965737abAd41809e4d99482bda0ec09b028583c6d4963b21

「檸檬ホテル」は、このようなメッセージに従って体験するアート作品。築90年の古民家をリノベーションしています。

ほほ檸檬しなさい。

Caaf454f0e256ddb5bbacbcdf81087c3fbd86aa1

指示通りカップルになったら、イヤホンガイドを1台とり、2人でヘッドホンを装着。番号を押して、流れてくる音声に従いましょう。どうしても相手がいない場合は、1人でもOK。

K.Hさん(@pipppppi)が投稿した写真 -

最終的にあなたたちは、豊島レモンで草木染めされた黄色い部屋「檸檬写真館」で、「ほほ檸檬」をすることになります。一瞬頭に「?」がよぎるワードですが、こういうコト。なるほど!

2人でその様子を自撮りし、ハッシュタグをつけてInstagramに投稿。それ自体がアート作品になるという構図です。

ホテルというだけあって、宿泊も可能!

Ab748c1213384489d108efcc2e6bf5eb95a6f940
Photo by takram
A482fa3edab5e4f7ca45f9a807fa85370953791c
Photo by takram

「檸檬ホテル」は作品であり、名前の通り宿泊施設。しかも、一日一組限定という特別感も魅力でしょう。

宿泊者に提供されるのは、豊島で取れた新鮮な野菜や魚など地の素材を中心とし、豊島レモンや豊島オリーブオイルをふんだんに使用した島の料理。自家製レモンサワーは自慢の逸品だそう。さらに、翌朝は豊島レモンで染めた布の、淡く黄色い光のなかで目覚めることに。これでもか!というくらいの檸檬っぷり。

これも立派な「インタラクティブアート」

D5fba1ce3f5bd44959182434c8ca00e4f8a5ab22
Photo by takram

ただ、鑑賞するだけじゃない。参加して一緒に作り上げる「インタラクティブアート」が流行中の現代。国内だとチームラボが筆頭と言えそうですが、そこには必ずしもデジタルテクノロジーが必須というわけではないはず。この「檸檬ホテル」だって、人がいて初めて完成する、立派なインタラクティブアートですよね。

E555134434361f2fc8146ee401d4094f5d0001d8

宿泊予約は、毎月1日に2ヶ月先まで受付開始。現時点ですでに8月から10月の予約はいっぱいという人気ぶりです。

最高に檸檬を感じる不思議な体験、あなたはしてみたい?

Licensed material used with permission by スマイルズ, pipppppi
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
近年、「瀬戸内国際芸術祭」が世界から注目を浴びている。そのメイン開催地である直島に建つのは「地中美術館」や「ベネッセハウス」「ANDO MUSEUM」など...
新進気鋭のアーティストが手がける作品に彩られた「アートホテル」。ここに宿泊するだけで、誰でもアーティストのパトロンになれるーー。そんな新しいビジネスモデル...
瀬戸内海に浮かぶ島々を舞台に開催される「瀬戸内国際芸術祭」。そのイメージもあってか、四国にはどちらかというと「海」のイメージがありませんか?いえいえ、張り...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつ...
高校を卒業するまでの18年間を瀬戸内地方で過ごした僕は、この頃かなり困惑している。だって、当該エリアの近年の脚光の浴び方は、ハッキリ言って異様。一歩引いた...
札幌市内から北へ20キロほど、石狩郡当別町に冬季限定で登場する氷と雪でつくられた神秘的な空間がある。切り出した氷を積み上げる、北欧のアイスホテルをそのまま...
30万人の読者に支持されるアメリカの旅行雑誌『コンデナスト・トラベラー』。業界内でのその権威は絶大で、毎年発表される世界のホテルランキングでひとたび上位に...
宇宙旅行は、かつて宇宙飛行士のみに許された特別なものでしたが、現在旅行会社がプランを取り扱うなど、民間人にも夢ではなくなって来ました。今度は「宇宙ホテル」...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
届けたくても、届けられないーー。そんな思いを受け止めてくれる「漂流郵便局」が、香川県の小さな島にポツリと立っています。宛先は、いつかのどこかの誰かこちらは...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
「Artist in Hotel」とは、東京・汐留のパークホテル東京で2012年12月にスタートしたプロジェクト。アーティスト自身がホテルに滞在し、実際...
国際的な港湾都市、オランダ・ロッテルダムに建設予定の次世代型風車「Dutch Windowheel」。何やらモダンな現代建築というより、どこかアート作品の...
「暮らすように旅をする」なんて言い回しをよく耳にする昨今。観光客気分でせかせかと名所ばかりを回るのではなく、現地の人になりきることの楽しみを説いたものです...
フロントで出迎えてくれるのは、1人の女性と2匹の恐竜。なるほど、もう既にヘンだ。しかも、唯一“まとも”だと思っていた女性も、実はロボットというオチ──。こ...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...