インド貧困地域に建つ学校を「アートのチカラ」で支援する、国際的な芸術祭って?

インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は、現地の人々にアートの魅力を伝え、同時に学校の楽しさを伝えること。

学校の壁をキャンバスに
日本とインド「アート交流」

00bc6aceaaa9e8a79df4e42269b3ee887cf77995

淺井裕介「祝福のダンス」Wall Art Festival 2011
写真:三村健二

そこに壁があれば。そして土と水と植物があれば。他に何もなくてもアートはできる。それがWAFの出発点。開発途上地域や貧困地域の学校の壁に、日本とインドのアーティストが絵を描き、壁画を作るのがこのフェスティバル最大の見どころだ。

「ビハール州のこの村周辺の人々の識字率は、2011年の調査でようやく50%を超える程度。学校に通いきれず成長していく子どもも多くいます。農作業に駆りだされたり、出稼ぎについて行かねばならなかったり、学校に継続して通えない理由は様々なんです」

これはNPOウォールアートプロジェクトを指揮する、おおくにあきこ代表の言葉。地域の子どもたちがアートに触れることで、自分たちの未来について考えるキッカケになれたら。こうして、ウォールアートフェスティバルがスタートした。

村全体で“表現の場”をつくる
ウォールアートフェスティバル

Ab37cdb8c8341ff56c151e3e43bf84981ba5663d

大小島真木「この場所で空を歌おう」 Earth Art Project 2014
 写真:ウォールアートプロジェクト

WAFは、校舎の壁をキャンバスに、日本とインド両国のアーティストたちがおよそ2週間〜3週間現地に滞在しながら壁画を制作していくイベント。子どもたちは制作中、芸術家たちの筆さばきを目の前で見ることもできる。また、村人も参加してのワークショップが開催され、村全体で表現の場を作ることで、学校へ通えない子どもたちも自然と校舎へと足を運ぶ機会をつくっている。

フェス後、作品を
元の白壁に戻す理由とは?

300a05152435c5fc5f0341ac75043816f8a44fe1

ところで、製作された壁画は芸術祭の3日間のみ、エキシビジョンとして無料公開された後、アーティストと話し合い、時機をみて元の白い壁に戻してしまうんだそう。その理由をおおくにさんはこう表現する。

「アーティスト渾身の作品ですから、とても悩むけれど、でも敢えて消す。そのことに再生と継続への願いを込めています。ゼロから何かが生み出される熱を帯びた過程を経験することで、子どもたちは“アートのチカラ”を感じ取ることでしょう」

この言葉に裏打ちされるように、フェスティバル後に「絵を描きたいという子どもが増えた」、「歌や踊りでも表現力が増した」といった、目に見える変化が現地の先生たちから報告されているんだそう。

学校へ通う「キッカケ」づくり

F23a8b2c42e0bd0145e48d6b02fa6d0ee7da11a6

大小島真木「とても大きな空の話をしよう」制作から1年後
写真:吉澤健太

学校で開催することの意義は?「制作に打ち込むアーティストたちを目の当たりにして、子どもたちはがんばることの意味を知る」と、おおくにさん。芸術祭で学校に通っていない子どもや親たちに、学校に来てもらうキッカケをつくり、学校が楽しい場所と伝えることもできる、と。
彼女の言葉通り、ビハール州と2013年に開催したインド西部マハラシュトラ州では、開催後、新たに学校に通い始めた生徒がそれぞれ100人増えるなど、しっかり目に見える形で結果となって表れている。

2016年2月には、日印アーティストに加え多くのボランティアの協力を得て、WAF3つ目の拠点マハラシュトラ州の学校にてWAFが開催された。インドの学校の壁をキャンバスにした芸術祭は、継続していくことでアートと学ぶことの魅力を伝えている。以下は、これまで参加したアーティストたちの作品から、その一部をご紹介。

淺井 裕介
(Asai Yusuke)

479e47b26e58df8f3b7e3be094ba7d4a3f1e9aca
淺井裕介「誕生日の森〜父の木、母の山〜」Wall Art Festival 2014
写真:吉澤健太
97f04b31d27fc611e4011dc3196866272f6269f4

淺井裕介「誕生日の森〜父の木、母の山〜」Wall Art Festival 2014 
 写真:吉澤健太

1981年、東京都生まれ。現地で採集した土と水だけで描いた泥絵は、村人たちが普段の農作業で親しんでいる土の新しい価値を伝えた。

加茂 昂
(Kamo Akira)

66cda3d7348799cd2eeb2d90059d34a65797eab4

加茂昂「まなざしを手向ける」Wall Art Festival 2014
写真:吉澤健太

03bdca7c51644e33cb3ea82c1b6fc9c16fcc8239

加茂昂「まなざしを手向ける」Wall Art Festival 2014
写真:吉澤健太

1982年、東京都生まれ。絵画を単体で表現するだけでなく、複数並べたり重ねたり、絵を掛けた壁にじかにペイントするなど、絵画のインスタレーションという独自のスタイルを展開。

遠藤 一郎
(Endo Ichiro)

7f0544498418fdb24b29f93c2d7b93f9bf84f6b3

遠藤一郎「僕の学校に祭りがやってきた ヤァ!ヤァ!ヤァ!2」
写真:吉澤健太

C47dcd3c2444bd14dba80f44292bb43bfc22aba4
遠藤一郎「未来龍ワルリ大空凧2」
写真;吉澤健太

1979年、静岡生まれ。これまで4回のWAFに参加してきたアーティスト。WAF2012では、壁だけでなく象やリキシャに描いたり、みんなの夢を書いた凧を大空に飛ばしたり、村全体を巻き込んでの“お祭り”を演出。

大小島 真木
(Ohkojima Maki)

212a0f2df25afe56168e60eebf8dd1fe8f914102

大小島真木「とても大きな空の話をしよう」Wall Art Festival 2013
写真:高嶋敏展

2ae9a5d1bf57bcfaf5afa10992e73c24b58837b1

大小島真木「この場所で空を歌おう」 Earth Art Project 2014
写真:ウォールアートプロジェクト

1987年、東京都生まれ。画家。WAF2013、WAF2014において、ワルリ族の村で制作してきた『失われつつあるワルリの森』をテーマにした三部作を、2016年のWAFにて完成させた。

ラジェーシュ・チャイテャ・バンガード
(Rajesh C.Vangad)

9f99fcf707fc49f4a117216fa208a44f7b13a44f

Rajesh C. Vangad 「止まらない、終わらない、何もかも」Wall Art Festival 2014
写真:吉澤健太

C99e1a72c7d8e6472a731f078d062b76023cf5af

Rajesh C. Vangad 「止まらない、終わらない、何もかも」Wall Art Festival 2014
写真:吉澤健太

1975年、インド・マハラシュトラ州生まれ。先住民ワルリ族に伝わる伝統絵画「ワルリ画」の継承者。

松岡 亮
(Matsuoka Ryo)

774df7116a2b20ccd25d07b16f81fd9441061cf9

松岡亮「Play Pray Paint」Wall Art Festival 2016
写真:ウォールアートプロジェクト

597efafefa8e3ac4606b59623bcd9af83df61238

松岡亮「Play Pray Paint」Wall Art Festival 2016
写真:ウォールアートプロジェクト

アーティスト。絵画、インスタレーション、壁画、刺繍を制作。素手や素足で絵を生み出す技法は、彼にとっての“遊び”であり“生きること”そのものでもある。

先住民ワルリ族の村を舞台に
「世界森会議」が今秋開催

さて、ウォールアートプロジェクトもうひとつの取り組みが、インド先住民族ワルリ族の伝統的な家を建てる「ノコプロジェクト」だ。これまでの4年間、活動してきたワルリ族の村を舞台に2016年9月1日〜9日まで、「Global Forest Meeting(世界森会議)」の開催が予定されている。詳細は以下の動画から。

Licensed material used with permission by Wall Art Festival
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
『Reborn-Art Festival 2017』の一環として、宮城県・牡鹿半島を舞台に繰り広げられる1泊2日の体験型アート『Reborn-Art Wa...
『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。
むかし図鑑で見た結晶のカタチや、化学反応の不思議な色あい。彼女の造形や色彩をみたとき、真っ先に思い出したのはそれです。ドイツのガラス工芸家Heike Br...
「もしも、データに強いコンピュータと、創造力溢れる人間がコラボしたら、どんなアートが生まれるんだろう?」ニューヨーク大学の大学院生でプログラマーでもあるア...
「種子島宇宙芸術祭」は、日本で唯一の大型ロケット発射施設を有するなど、宇宙を固有資源とする種子島を舞台に開催予定。2012年からプレイベントとして開かれて...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
鉛筆で描く…のではなく、鉛筆を削ることで表現するアートが話題です。しかも芯だけではなく、鉛筆全体を使った創作が凄い!以下、その画像を紹介します。01.02...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
世界的な日本文化の1つとしてある「Origami」。今回紹介するのは一般的な折り紙の常識の、一歩前へ踏み込んだアート作品!動物はもちろんブランドロゴや、現...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
「マステ」は、株式会社マークスのマスキングテープブランド。現在、これを使ったアート展が東京・表参道ヒルズで開催中。色鮮やかでカワイイ作品に対して...
瀬戸内国際芸術祭2016で発表された作品「檸檬ホテル」。 古民家が1軒まるごとアート作品であり、1日1組限定だが泊まることもできる宿泊施設でもある。そんな...
2014年に文京区にオープンした『WALLS TOKYO』は、アートのセレクトショップだ。日本国内には数多くのギャラリーが存在し、そのほとんどで作品購入は...
片付けても片付けても、部屋を散らかすルームメイト。使ったものもそのまま置きっぱなしでイライラ…。もはや「片付けろ!」と言うのにも飽き飽きしてきたので、アー...