砂像(さぞう)という芸術表現に挑む日本人アーティスト

日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)という芸術表現。その国際大会で最優秀賞に選ばれた日本人がいます。サンドアーティスト保坂俊彦さん。今年5月、台湾に登場した『宮本武蔵』に世界中の人たちが釘付けとなりました。

比べるまでもありませんが、子どもの頃に海辺で作った砂山とは段違いのスキルが必要。扱っている素材が「砂」である以上、どう考えてもすぐに壊れてしまいそうなのに。まだまだ、知られていない砂像の魅力、奥が深いんです。

儚くも力強い「砂」の彫刻

D4c0d3d3533f1d8a627ab564dd458ac9382cbf91

砂像とは、芯材を使わず砂と水だけで作られた彫刻のこと。表面に定着材を吹きかけて固めてはいるものの、とてもデリケートなんだそう。

でも、だからこそ石膏でもブロンズでもなく、砂で形づくられる彫刻は、永い月日を経てもカタチが残る素材には感じえない“儚さ”があります。 

860ff8debf9b4abc2a8cb4256c2ba5197f291b5c

意外にも、保坂さんがその魅力に気づいたのは、サンドアーティストとしての活動を始めてしばらくしてからだとか。

あるイベントの終了後、会場となった海辺に再び足を運ぶと、苦労してつくったはずの作品が跡形もなく、まるで何事もなかったかのように砂に還っていたそうです。とろこが、不思議と哀愁に似た感情は一切生まれなかった、と保坂さん。その時を境に彼はこう思うようになりました。

「自然の素材を使って自然の中でつくる砂像は、その場所でしか見ることのできない“一期一会”のようなもの」 

砂と作家との一瞬の出会いから生まれた作品は、まだまだあります。

21年間分の「一期一会」

35a8619dcc55ddbdf888b04bec4eb0b7caf756e111a2ece8f5ea1e864d8befba595d4783a5ec91b65362a0cee1949722630469d7c7fdab59f273893b0d0dbc95f14963342e2812fa43913fecc4534cc0D1f00c65b2bc776fe55ce45fbfe84ee514838c981b4ced472b6f33ba2987dac485993b41508aa5a78e1f192802c206601ec19e6fe312b6fae1e10cebAd5685b2705a75244e9a66fcf0c912892e5a402eC1679fd5d8fd236bb8b2767d44226c919aa64f6068837c03ad9ad66e20484425c8cd5176712f76c9

東京藝術大学の彫刻科に在籍していた21年前、砂の魅力にハマった学生は、それまで専門としてきた粘土を捨てました。同じアートという枠には当てはまっても、「盛る」ことを主体とする粘土と、「削り出す」作業が骨格となる砂とでは、相反するものに思います。

あえて、大きなチャレンジに挑んだ保坂さん。自然の中で生み出したものへの余韻を楽しむ……たどり着いたのは、諸行無常の境地だったのかもしれませんね。

世界中のアーティストを集めた、国際的なイベントを日本で開催することが当面の目標だと保坂さん。砂に魅了された人々との一期一会を、ぜひこの目で見てみたいと思います。

Licensed material used with permission by Toshihiko Hosaka
ベルリンの、とあるアートギャラリーの入り口に大きな砂文字のアートが飾られました。まるでギャラリーへの侵入を妨げるように置かれています。なぜ、こんな邪魔にな...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「宇宙に一番近い島で、未来に一番近い芸術祭を」。そんな謳い文句を聞かされたら、もう気にせずにはいられません。2017年夏、宇宙をテーマにした新しい芸術祭が...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「われわれ日本人は、世界中でこんなにネタにされている!」。そんな切り口で約10年前に発行され、またたく間にベストセラーになった本を覚えているでしょうか?早...
スーパーで買ったアサリ、塩水に漬けて砂を抜くことは料理の基本で言われていますが、砂抜きの先にある、さらにうま味成分を引き出すテクニックについては、あまり言...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
砂の上を、鉄の球が転がっていく。その軌跡が描く模様は、まるで枯山水の庭のよう…。テーブルの中に収まったこの印象的なキネティックアートは、Bruce Sha...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
焼き鳥屋さんでは定番の「砂肝(砂ずり)」。食卓にあまり登場しない理由は、料理のレパートリーがそれほど多くない、あるいはそもそも調理法が分からない、といった...
「部族の暮らし」のなかにある、独特な芸術の世界へ招待しよう。身に付けるもの、肌に描くもの、纏うもの、その文化や思想は、私たちのものとはかけ離れているように...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
地球温暖化によって海面が上昇している。その影響によって、海岸侵食が進み世界中のビーチから砂が失われつつある。ビーチの砂は、とても大切なもの。例えば、海沿い...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
河口や浜辺に流れ着いた流木を見つけると、どうしても手にしたくなる。ほどよく朽ちかけ、丸みを帯びたその風合いは、年輪に変わる長い旅路を経た証。もしかしたら、...