描き出すのはノスタルジー。「孤独な廃車」がアートになった。

イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエットを彫り出すというもの。

「僕はどこかセンチメンタルな感じのする、古びた道具や農場の装置なんかを材料にして作品を作るのが好きなんだ。それが人々の間で共有されて、使われていた頃に想いを馳せることができるからね」

人々のぬくもりと面影を
ピュアな情景として描き出す

7c2bdc3f9f343d9e0f87cd5b3fdd7c95f6606e7c742a9336e08030d2d6d23b6de1ba3032bf338bfa

古ぼけた金属という忘れ去られた存在と、生きた植物や人影の温もりは、不思議なことによく似合う。それはそこにかつての人々の生活や、純粋でのどかな思い出が垣間見えるからかもしれない。

F9f9a78c8104e0c95b9d2cc2ceb1a2732cf1aa5bCd429bccc3ae86b3f8628e447dc6c9ab52f78922

浮かび上がる影を見てほしい。まるで本物の生きた植物のよう。計算し尽くされている。

54ba397ba18a08780531b740d84e938cf9b468fb1aef711f2d2ff6047ccdff9e8c6922562120c200Ed13ca1c20cbc8f16d454238a6f9e60bfc8623a6Cdf4a9a6f863177e041162d05b955b9a1b5fbb45Dcb8a328dd9a0de2d93e73b31701e0de39901478

錆びたノコギリをもとにした作品。

A080ccf47e6447dfddf974386ddf8179875dceb162818b29877f5275e9dae1fa3f9ee117251c040d3df0bf3c15b50f19e8e93fa9849570843e3d6ddb

「なんでもできる。自由だ。そんなふうに感じていた、純粋な、子どもの頃みたいな気持ちをみんなに思い出して欲しい。木に登ったり木の下に座ったり、植物を眺めている時間は、なんでもないものだけど、それが大事で、そこにはなんでもある」

作品をもっと見たい人は、FacebookInstagramもぜひ。

Licensed material used with permission by Dan Rawlings
コンパクトカーのボンネットから煙が上がる。周りを野次馬が囲む。どうやらドライバーもお手上げ状態。というシチュエーションですよ、普通に考えたら。でもね……。...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
パブロ・ピカソの影響を受けたアーティストは、数知れず。パキスタン出身のイラストレーターOmar Aqilさんも、そんなピカソの独創性に魅せられたうちのひと...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
キャッチーな壁画やアートを背景に撮影する「ウォール・スカウティング」。インスタグラムの世界では、すっかり定着した感がある。が、それを一歩進化させたのは、女...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
現在、夏会期が開催中の瀬戸内国際芸術祭2016。会場の一つである豊島は、「豊島美術館」や「心臓音のアーカイブ」、さらには、スプツニ子!が手がける「豊島八百...
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
世界の名作と一体となったファッションに、心を刺激されてウキウキしてしまう。実際に会って話したこともないのに、写真からは大好きって言葉が聞こえてくるような気...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...