【鳥・昆虫レベル】「1億色」が見える女性アーティストとは?

アメリカ・カリフォルニア州のサンディエゴに住んでいるコンチェッタさんは、私たちが可能だとされている100倍もの色を見分けることができるらしい・・・。

なんと約1億色を識別可能!?

基本的に人間の色覚は、「赤・青・緑」の3種類をベースにした「3色型色覚」である。これは目の中にそれぞれの色を感じる3種類の錐体細胞あり、その組み合わせで色が見えるからだ。

1つの錐体細胞は、約100種類の色を識別することができる。つまり、「3色型色覚」では100×100×100の約100万種類が見分けられることになる。

けれどもコンチェッタさんは、そこにもうひとつ「黄色」が加わるのだ。つまり、「4色型色覚」。これによって、約1億色が見分けられるということなのだ。 この能力を持つ人は、女性のみで男性はいないという。主に、虫やある種の鳥などもこの「4色型色覚」だという。

また、彼女は絵を描いているアーティストで、HPを訪れることによってその作品を観ることができる。たしかに色使いに独特のセンスを感じる。

今の気持ちが色の見え方にも反映!?

しかし、色覚の基本カラーの数が同じでも、すべての人が同じ色彩感覚の世界を生きているわけでもない。

例えば、鬱で気持ちが落ち込んでいる時には、世界が色あせてみえたりすることもある。 これはただの比喩などの表現方法の問題だけでなく、実際に明暗やコントラストに対する感度が低くなることによって引き起こされる現象。つまり、リアルな変化なのだ。 反対に嬉しいことがあったら、世界は鮮やかに輝いてみえたりする。

たしかに見えている世界はひとつ。しかし、見え方はそれぞれ多種多様なのだ。

 

Reference:IFLSCIENCE

多くの科学者は言います。「私たちは、高い確率で赤色を異なる風に認識している」と。しかし、その正確な理由を知るのは困難です。さらに「Little Thing...
見ての通り、ネットで「羽がきれい!」と話題になっており注目度が急上昇中。日本の動物園でも飼育されている鳥なんですよ。「ミノバト」は、東南アジアが主な生息地...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
1970年代後半から80年代にかけて、音源・映像録音に使われていたのが磁気テープ。あの独特の音質を今でも求めるユーザーは意外に多く、近年微増ながら売り上げ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
鳥には、自由や解放、憧れといったイメージがあるかもしれませんが、その印象や状態によっていろいろな意味をふくんでいるもの。説明してきましょう。夢に出た鳥の色...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
2015年4月に登場したファレル・ウィリアムスとadidas Originalsとのコラボレーション企画「Supercolor」。50色展開のSupers...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
バーニングマンといえば、砂漠のど真ん中に1週間だけ街が生まれる伝説の野外フェス。あるのは仮設トイレと食料の鮮度を保つための氷のみ。命の保証はなく、"No ...
COP21。地球環境の行く末を世界のリーダーたちが、一同に介して議論していた同じ時、パリを象徴するモニュメントから、世界へ向けて発信されたもうひとつのプロ...
「瀬戸内国際芸術祭」は3年に1度開かれるアートの祭典。第3回目となる今年は、お馴染みとなった直島や豊島など瀬戸内海に浮かぶ12の島と高松港、宇野港周辺を舞...
「朝食のスクランブルエッグ」、「あぜ道のたんぽぽ」、「月の女神ダイアナ」、「初夏の枇杷」etc….。美しい情景やユニークな音の響きをもったその名前にふれる...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
欧米では古い建物を壊すのではなく、中をリノベーションして長く使用します。アメリカ、特にニューヨークでは第二次大戦前に作られた建物や不動産を「Pre-war...
通常の思考なら、ただのゴミでしかない使用済ティーバッグ。しかし、Ruby Silvious氏がアーティストたる所以は、そこに新たな命を吹き込めることにある...
「WorldTruth.TV」に、目と脳についての興味深い記事が掲載されているのでご紹介。なんと、目の色を見ただけで性格がわかるというのです。ここでの分類...
好きな色には性格が現れる。なんて、よく聞く話ではあります。が、その中でも選んだ車の色にはその人の個性が現れると思いませんか?だって、結構大きな買い物ですか...