ハワイ生まれのSUPアーティストが描く水面ギリギリの芸術

サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特技を融合した作品制作で話題を呼んでいます。

SUPの上で絵を描く
元サーファーならではの技法

Medium 2df206f46be2b189832d09d11a8c037256b8a4dbMedium 5152bb869d7bae513faa5f42472bb5979828e603Medium 613d798629eb1bef518025d19aff949e59192fc2Medium 232fa04253c747f973d62311f06622257d7883c7Medium 6bc062b9786ffe04b0f5a0526cafbc360dc034f3

アーティストSean Yoro(通称Hula)は、グラフティやタトゥーイングに没頭するまで、10代のほとんどを他のロコと同じようにサーフィンに費やしてきました。「ボクの周りには、ハワイの自然しかなかった」そう語る彼ですが、ハワイ生まれの元サーファーのHulaだからこそ実現可能な唯一無二のスタイルがあります。それが、SUP(スタンドアップパドル)で移動しながら、廃墟となったビルの壁面や、使われなくなった橋脚にペイントを施していく手法。

水面に着くかつかないかギリギリの位置から描くモチーフは、写真と見紛う女性像です。

心の傷と向き合い
自然界と向き合う
ハワイ部族のタトゥー

彼女たちの頬や腕、胸元をよく見ると、パステルカラーのラインが見えます。これは、ハワイ部族の伝統的なトライバルタトゥーなんだとか。

ハワイでは、部族によっては今も成人になると各家ごとに継がれてきた「アウマクア」と呼ばれる守護神(もしくは先祖の神)を、タトゥーとして体に刻む風習があります。そして、先祖が魂になると自然界の動植物へと姿を変え、子孫を見守っていると信じられてきたようです。

自身の絵のモチーフにタトゥーを刻む彼の意図を「Huffington Post」から抜粋します。

「この引っかき傷のようなタトゥーを刻むことで、誰もが抱え込んでいる人生の傷跡を表現したかったんです。その心の傷とどう向き合うか、大切なのはその美しさであり、重要性だと思うから」。

Medium 616add11f051e6c68f92478a5bd09282a1585f2dMedium a5fb66e7d49de36e3cbe1c72c5f98f826123cff0Medium a07be2b72d717f5e5695ccfab942dcf6216d7689Medium 51cac2a214af328a127130ee29aa9664bdb8ded7Medium d88ce49cbd43739f57db182e32bb6e1faa5e7d70Medium 02652636d7830605f21f30c63cefed9c6b66fe6eMedium 0fefae666e616c066883e5f047563b2116d5e00cMedium c15b6b04bc5e3358109aa89430f50ce7448d051eMedium cc652256b6d13b85375b67b572a468ef7bf09702

「水の上はボーダーレス」
青い海を知る男の
自然との向き合い方

作品はどれも時間の経過とともに色が落ち、朽ちてしまうものばかり。それでも彼は意に介さず、「自然がするままを楽しんでほしい」とひと言。海に囲まれたハワイ生まれのHulaにとって、水辺は彼のアイデンティティそのもの。水の上であれば、世界中どこにいたって故郷の青い海とつながりが持てる。口にこそ出さないものの、SUPから水面に描くことは、世界が直面している環境問題を自分なりに理解し、発するメッセージなのかもしれません。

最後にアウマクアへの意識、自然界とのつながりをもうひとつ紹介しましょう。

Hulaの作品に用いる絵の具は、すべてアルカリ精製された亜麻仁油や紅花油など、天然顔料をベースにしたオーガニックな製品。人にも水生生物にも無害なものを使い、流れ出ても海や川を汚さない。それは、海とともに生き、海を愛するハワイアンのこだわりなんでしょうね。

Licensed material used with permission by Hula
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
「Viral Hog」が紹介する、西オーストラリアのエスペランンス沖合で撮影されたこの動画。ターコイズブルーの海を優雅に漂うスタンドアップパドル・サーフィ...
米フロリダ州のウィーキーワッチー川で、スタンドアップパドル(以下SUP)を楽しむ二人のカップル、TylerさんとLaurenさん。彼らはこの日、とても珍し...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
ハワイ語には不思議なパワーが宿っています。言葉があふれている時代だからこそ、古(いにしえ)の言葉=ハワイ語が伝えてくれるメッセージを心に刻み、日々の活力に...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
誰かに背中を押されているような、ちょっと前向きになれるイラスト入りのメッセージが、シンガポールの街のあちこちに出現。どうやら、すべて一人のアーティストによ...
ハワイ語の特徴のひとつが、独特のやさしい語感と響き。それでいて、伝統と奥深さを秘めています。ここではハワイで古くから伝わる言葉のなかから、心を揺さぶる7つ...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いん...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...