元タトゥーアーティストが描く、とろけそうな「ハイパーリアル」11枚

写真と見分けがつかないほど「ハイパーリアリズム」な絵を描く、ドイツ人アーティストMike Dargas。

その技術もさることながら、経歴もなかなか興味深いんです。小さい頃から絵がうまく、幼稚園を卒業する頃には油絵を描き始めていたというMike。11歳のときにケルン大聖堂の前で作品を展示していたところ評判となり、美術学校の大人クラスに子供ながら唯一受け入れられたんだとか。

正規の「入学」ではないものの、当時からその才能は光っていたようです。

20代前半は
タトゥーアーティストとして
アワードも受賞

Medium 4dc4a1e0f920314506559fb7153d7000771a85a1

現在33歳のMike。「これまで、ちゃんと美術を学んだことはないんだ」と言いながらも、20代の前半はタトゥーアーティストとして名を馳せ、その活躍は賞の受賞で助成金を受けるほどだったとか。「アーティストになるって決めるまで、14年くらいタトゥースタジオをやっていたんだ」。

ダリ、カラヴァッジョの
影響を受けて・・・

Medium b9ca33cc8f4bcbca08c1dcc7647ccd9a3e649a24

その後、ダリやカラヴァッジョ、H・R・ギーガーなどの影響を受け、活動内容をシュールレアリスムや、リアリズムへフォーカス。

現在の、まるでスナップショットのようなアート作品作りへと繋がってるそう。

Medium 263d08572e9200ea482a654fb904299382a75d68Medium 2eafbb2419476d9556d8c3926d7ad1574f3c02a7Medium 45601f399b09d27887356bfacab2f39b84d12d7cMedium 6ea9210ad5e5ed3c3ac4d7fcca93b8c5c6f25e8fMedium b3d4ff7e9d5bf426dfd9e6e32b283d2b5be316a2Medium fc79bdcb4edd0c988827588dcde636d5ac27842dMedium 476211628f9647d0c5cfa11261700dd36e8ef60bMedium e87a61313753781d9cf2036cf01876ab8b5f9a80Medium 3356aedcead25759d42a4c4c7b41cbcfd737bce9

boredpanda」のインタビューによれば、「まるで写真のようにリアルなエフェクトの、カラーグラデーションや光の反射が好きなんだ」とか。

彼のInstagramFacebookもチェックしてみては?

Licensed material used with permission by MIKE DARGAS STUDIO
Reference:boredpanda
ハイパーリアリズムといえば、「コレじつは、絵なんです」というフレーズでお馴染み。モノクロ、カラー、どちらも写真と見間違えるような作品がたくさんあります。こ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
木の板の上に並べられたスタバのカップが2つ。まずは、その目でじっくり見てほしい。実はこれ、絵なんです。描いたのは、シンガポール人アーティストのアイバン・フ...
単純に「自分が表現したいもの」を自由に描く。ストリートアートには、どこかそうした印象がつきまといはしませんか?しかし、ここで紹介する作品はひと味違います。...
一見すると、指先まで袖のある黒いドレスを着ているようにしか思えないこの写真。ところが、彼女がまとっているのはドレスではなく、黒一色ベタ塗りのタトゥーなんで...
もしも、タトゥーのない自分の姿を見たら、その人はどんな反応をするのだろう。そんな思いつきから、イギリスの写真家、スティーヴン・バートンは1冊の写真集をつく...
まずはこちらの、シュールレアリスムの絵画のような、ファンタジックな世界を表現した写真をご覧ください。森の中に突如現れる部屋のような空間。ドアからはシマウマ...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
米コロラド州を拠点に活動する、石積みアーティストのマイケル・グラブさん。河原に転がっている石を積み上げた経験は、あなたにもあるかもしれませんが、ここまでく...
一見すれば水彩画のようにも見える絵はアクリル絵の具ではなく、どれもワインを用いて描かれたもの。セルビア人アーティストのSanja Jankovicさんは、...
ハサミで紙を切り抜いてイメージを形にしていく「切り絵」の世界。日本人にも馴染みある、あの“ハサミ芸”とは一味違った方法で、繊細な切り絵アートの魅力を伝える...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
ド派手なタトゥーを全身にびっしりと入れた子どもたちが、ニュージーランドを中心に急増しているそう。一体なんで…。もう気づいた人も多いかもしれない。これは、エ...
こちらのリアルな氷山。一見すると、写真で切り取られたもののように見えますが、イラストなんです。それだけでもビックリなのですが、実はさらなる驚きが…Imag...
「つらくてつらくて、立ち直れないと思う時だってある。でもそれは、未来が良くなっていくことのサインだと信じているんだ」自身のブログでそう力強く述べるのは、ニ...